新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

やっぱりパートナーが欲しい! 独身の中高年の56.4%は「一度も結婚していない」

国が行なった調査によると2015年時点での生涯未婚率(50歳時で一度も結婚をしたことがない割合)は、男性23.4%、女性14.1%。この値は、年々増加傾向にあるといわれている。

この度、中高年向けパートナー探しサービスを提供する楽天オーネット「スーペリア」が、50歳~69歳の独身男女488名を対象に「中高年のパートナーに関する意識調査」を実施した。そこから見えてきた、中高年のリアルな恋愛事情とは? 結果とともに見ていこう。

独身の中高年、半数以上が婚姻経験なし!

アンケートでは、まずこれまでの婚姻歴を聞いている。すると全体の56.4%が「一度も結婚をしていない」となり、「婚姻歴あり(離別を経験)」の42.2%を上回る結果に。男女別では男性の「一度も結婚をしていない」が65.2%、女性が47.5%で、男性の方が女性より20%近く高い割合となった。

また男女とも年齢が上がるごとに「一度も結婚をしていない」割合が低くなる傾向がみてとれ、晩婚化な現状が読み取れる。

パートナーがいる割合 男性は5人に1人、女性は4人に1人

現在独身(未婚状態)の方に「現在あなたは異性のパートナーがいますか?」と聞いたところ、全体で78.5%の男女は「パートナーがいない」と回答。パートナーがいる中高年は20%程度、男性が5人に1人、女性が4人に1人程度であることがわかった。

パートナーと会う頻度「月に2~3度」が最多

「パートナーがいる」と回答した人に、会う頻度を聞いている。最も多かったのは「月に2,3度会っている」で30.0%。細かくみると、パートナーと「同居」(15.6%)をしたり、「頻繁に会っている」(25.6%)をあわせると約4割が頻繁に会っている一方で、「週末のみ会っている」(15.6%)、「月に2、3回会っている」(30.0%)と、ときどき会っているという人が約5割程度だった。

3人に1人が「パートナーがほしい」。しかし男女間で格差が!

では、現在パートナーがいない方は、パートナーを望んでいるのか。

前設の質問で「パートナーがいない」と回答した男女に、「今、あなたはパートナーがほしいですか?」と質問をしたところ、3人に1人にあたる35.0%が「パートナーがほしい」という回答をした。

しかし、一方で男性の「パートナーがほしい」という回答が50.1%に対して、なんと女性は17.8%。男女で大きくパートナーに対する意識が違う結果となっている。特に、女性では年代が上がるにつれて「パートナーはいらない」と思っている傾向が強い。この回答には、婚姻歴あり(離別を経験)の方も含まれてれているので、“ひとりの方が気楽だ”と思っている女性は多いのかもしれない。

今回の調査では、男性の方が「パートナーがほしい」と思う人が多いことが判明した。

昨今、著名人をはじめ「熟年恋愛・婚活」や「熟年結婚」など、年齢を重ねた者同士が結ばれるケースも増えている。「結婚」というカタチにこだわらず、それぞれに合った付き合い方が求められているのかもしれない。

結婚相手紹介サービス楽天オーネットが運営する「スーペリア」調査より

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今どきの結婚事情|約6割が結納を実施せず。結婚式で仲人を立てたの…
PAGE TOP