新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

やっぱりパートナーが欲しい! 独身の中高年の56.4%は「一度も結婚していない」

国が行なった調査によると2015年時点での生涯未婚率(50歳時で一度も結婚をしたことがない割合)は、男性23.4%、女性14.1%。この値は、年々増加傾向にあるといわれている。

この度、中高年向けパートナー探しサービスを提供する楽天オーネット「スーペリア」が、50歳~69歳の独身男女488名を対象に「中高年のパートナーに関する意識調査」を実施した。そこから見えてきた、中高年のリアルな恋愛事情とは? 結果とともに見ていこう。

独身の中高年、半数以上が婚姻経験なし!

アンケートでは、まずこれまでの婚姻歴を聞いている。すると全体の56.4%が「一度も結婚をしていない」となり、「婚姻歴あり(離別を経験)」の42.2%を上回る結果に。男女別では男性の「一度も結婚をしていない」が65.2%、女性が47.5%で、男性の方が女性より20%近く高い割合となった。

また男女とも年齢が上がるごとに「一度も結婚をしていない」割合が低くなる傾向がみてとれ、晩婚化な現状が読み取れる。

パートナーがいる割合 男性は5人に1人、女性は4人に1人

現在独身(未婚状態)の方に「現在あなたは異性のパートナーがいますか?」と聞いたところ、全体で78.5%の男女は「パートナーがいない」と回答。パートナーがいる中高年は20%程度、男性が5人に1人、女性が4人に1人程度であることがわかった。

パートナーと会う頻度「月に2~3度」が最多

「パートナーがいる」と回答した人に、会う頻度を聞いている。最も多かったのは「月に2,3度会っている」で30.0%。細かくみると、パートナーと「同居」(15.6%)をしたり、「頻繁に会っている」(25.6%)をあわせると約4割が頻繁に会っている一方で、「週末のみ会っている」(15.6%)、「月に2、3回会っている」(30.0%)と、ときどき会っているという人が約5割程度だった。

3人に1人が「パートナーがほしい」。しかし男女間で格差が!

では、現在パートナーがいない方は、パートナーを望んでいるのか。

前設の質問で「パートナーがいない」と回答した男女に、「今、あなたはパートナーがほしいですか?」と質問をしたところ、3人に1人にあたる35.0%が「パートナーがほしい」という回答をした。

しかし、一方で男性の「パートナーがほしい」という回答が50.1%に対して、なんと女性は17.8%。男女で大きくパートナーに対する意識が違う結果となっている。特に、女性では年代が上がるにつれて「パートナーはいらない」と思っている傾向が強い。この回答には、婚姻歴あり(離別を経験)の方も含まれてれているので、“ひとりの方が気楽だ”と思っている女性は多いのかもしれない。

今回の調査では、男性の方が「パートナーがほしい」と思う人が多いことが判明した。

昨今、著名人をはじめ「熟年恋愛・婚活」や「熟年結婚」など、年齢を重ねた者同士が結ばれるケースも増えている。「結婚」というカタチにこだわらず、それぞれに合った付き合い方が求められているのかもしれない。

結婚相手紹介サービス楽天オーネットが運営する「スーペリア」調査より

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今どきの結婚事情|約6割が結納を実施せず。結婚式で仲人を立てたの…
PAGE TOP