サライ.jp

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

指揮者リッカルド・ムーティの芸境が最円熟期を迎えている。その最高の成果ともいえるディスクが『ブルックナー:交響曲第2番、R.シュトラウス:町人貴族』だ。

これは2016年夏のザルツブルク音楽祭、75歳でのライヴだが、名コンサートマスターとして45年間をつとめあげたライナー・キュッヒルがウィーン・フィルを率いる最後の公演ともなったもの。

「町人貴族」の軽やかさと引き締まり具合もいいが、やはりブルックナーがいい。いまのムーティの一番の魅力は、音楽がクライマックスにおいて膨張してふくれあがり、巨大なうねりをもたらす、あのスケールの大きさにある。その秘密は、息の長さだ。ひとつのフレーズを、旋律を、とてつもなく大きな呼吸のなかで把握する。ダイナミズムも強烈だ。とりわけスケルツォでのティンパニの強打は、何度聴いてもしびれる。ブルックナーはこうでなくてはならない。

激しく、熱く、気宇壮大に、聴き手を大きく包み込み、魂を高揚させ、奮い立たせてくれる。頑固一徹に醸造された古いワインのような、ウィーン・フィルの香り高い響きを堪能できるアルバムである。

【今日の一枚】
『ブルックナー:交響曲第2番、R.シュトラウス:町人貴族』
リッカルド・ムーティ指揮 ウィーン・フィル、
ゲルハルト・オピッツ(ピアノ)

2016年録音
発売/ユニバーサル・ミュージック
電話/045・330・7213
商品番号/UCCG-1784~5(2枚組)
販売価格/3500円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年4月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア