新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夕刊サライ/進藤晶子】断捨離がつなぐご近所とのネットワーク(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

独身時代、友人のスタイリストさんたちとよくフリーマーケットに参加していました。代々木公園で日曜日の朝、洋服や小物、雑貨、引き出物でいただいたマグカップなどの食器を並べていました。

100円と値段をつけているところに、「50円でいい?」とお客さんに聞かれ、値引きしたりしなかったり。積もり積もって、けっこう豪華なランチ代になるぐらいの売り上げになりました。お客さんとの会話も含めて、とても楽しかった!

私にとっては不要になったものを、だれかが購入し、有効に使ってくれる。フリマはとても優れた仕組みだと思います。が、今はなかなか参加できなくなってしまって、本当に残念。

そこで、たまってしまった本は古本のリサイクルビジネスを始めた書店に引き取ってもらったりしています。実家では母が断捨離(?)を進めていて、私の子ども時代の絵本やおもちゃ、学生時代からためにためたCDなどを、私も帰省の折にかなり整理しました。父は常々「本は捨てるな!」と横からのチェックが厳しいのですが、リサイクルになるのならいいかなとこっそり選り分けています。

先日、私がMCをつとめているテレビ番組『熱中世代』(BS朝日)にゲストとしてお越しくださった作家の五木寛之さんが「断捨離はしないほうがいい」とご指南くださいました。

なぜならば……だんだん、昔のことを思い出せなくなるけれど、その時代に使っていた思い出の品を見ることで記憶が鮮明に蘇る。そういった記憶を喚起する物に囲まれて過ごすことこそ、豊かな時間なのだ、と。

五木さんは、若いころに奮発してオーダーメイドした靴を、今も捨てずに大切にしていらっしゃるそうです。それを見ると、そのころ自分が何をして、どんなことを考えていたのかなど、いろいろと思い出せる道具でもあるからとのことで、そのように楽しく回想することこそが、歳を重ねてからの人生の醍醐味なのだとおっしゃっていました。

『熱中世代~大人のランキング』(BS朝日・毎週土曜朝10時〜)では毎週、多彩なゲストをお招きし、年齢を重ねた今だからこその生き方や思いを語っていただいています。

 

そううかがってから、何でも整理すればいいというものでもなく、自分と関わりの深いもの、思い入れの深いものを残すことにも意味があるのだと思うようになりました。

たとえば、我が子が幼稚園で使っていたリュックサックや手提げのバッグ。もうずいぶん汚れていますが、私が自分で縫ったものなんです。今、そのリュックサックを見ると、夜中に目をショボショボさせながら刺繍したことや、その頃の子供の様子など、鮮やかに思い出されます。こういうものは、やっぱり捨てられませんよね。

子どもの手提げカバンやエプロン、ランチョンマットなどなど。エプロン以外は今も使っています。

子ども用品のリサイクルが近所つきあいを深める

思い入れの深いもの以外は、小さなお子さんのいる方にまとめて差し上げたり、リサイクルショップに引き取ってもらったりしています。我が家も、以前はママ友からたくさんおさがりをいただきました。4〜5歳児の靴なんてあっという間に履けなくなります。ほとんど新品同様、有効に使わせていただき、ありがたい限りです。

こうした子ども用品のリサイクルを通して、新しいネットワークも生まれました。大人同士だと遠慮した距離感のお付き合いだったのが、子育てという共通点が生まれ、おさがりをいただいたり差し上げたりしている間に、いろいろな情報交換をするようになりました。あそこの小児科どうですか?とか、お稽古事の教室情報などなど。不思議なものですね。

世の中、断捨離ブームですが、捨てることからつながるご縁もあるように思います。リサイクルは、まさに情報交換から始まりますものね。

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデ…
  2. 【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持…
  3. 【夕刊サライ/福澤朗】僕の差し入れの定番「ジャストミートどら焼き…
  4. 【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた極端な団体ツアーを敢行、…
  5. 【夕刊サライ/川合俊一】身をもって知る、朝9時前に起きなければい…
PAGE TOP