「孝行のしたい時分に親はなし」という言葉がある。『大辞泉』(小学館)によると、親が生きているうちに孝行しておけばよかったと後悔することだという。では親孝行とは何だろうか。一般的に旅行や食事に連れて行くことなどだと言われているが、本当に親はそれを求めているのだろうか。

2024年6月27日、「公立学校共済組合」が、『公立学校共済組合のストレスチェックデータ分析結果報告書』を発表。医師による診察が必要な「高ストレス」の教職員が過去最高の11.7%に上ったことがわかった。ストレスの原因は、事務的な業務や保護者への対応だという。公立学校は「ブラック職場」として語られることが多い。理由は、長時間労働や教職員に高圧的な態度をとる保護者(モンスターペアレンツ)のほか、多くの問題があるからだ。

千葉県内に住む会社役員の幹代さん(70歳)は「私はモンスターペアレンツだった」と話す。彼女は40歳で離婚し、当時15歳の息子をひとりで育てた。

現在45歳になった息子は、35歳の時に勤務していた一流企業を辞め、地方に移住したという。「会社に過重なノルマと、すごいプレッシャーをかけられていた。辞めてくれてホッとした。これもまた、親孝行だと思う」と語る。

それは、幹代さんが完璧主義の母親で、息子を厳しく育て、「途中で辞めるな」と育てていたからだ。会社員時代の息子は、休みなく働き会社に支配されていた。その様子を見て、無理がたたって病気になったり、命を落としてしまうことを恐れていたという。

外国籍の両親の元で生まれた幹代さんは、幼い頃から国籍で差別されていた。名門私立大学を卒業し、大学の同級生と結婚。25歳で出産し専業主婦になってからは、一人息子を完璧に育て上げようと奮闘。そのうちに、夫から離婚を切り出される。息子を連れて実家に帰るも、無職の40歳に仕事はなかった。

【これまでの経緯は前編で】

30社目に「明日から来てください」と言われる

社会人経験があまりない40歳女性が夫に「捨てられて」社会に放り出された。

「新聞の求人広告を見て、履歴書を持っていき、学歴の高さと職歴のなさを見て、断られる。30社くらい受け、最後に行った会社が、ビルや公衆トイレなどの清掃を請け負う会社だったのです。“ここでダメなら、生活保護を受けよう”と思って挑んだら“明日から来てください”と言われました」

幹代さんは、パートの清掃員として働き始める。不採用通知を受け続け、高学歴のプライドはとっくになくなっていた。

「トイレ掃除から始めました。当時は清掃員に対する風当たりは強く、社会を下から見るような毎日でした。自分が透明人間になったような気持ちになり、心を殺して仕事をする。“これしかできない”のだから頑張りますよね。息子はそんな私を見て、何かを感じたのか、勉強は頑張っていました」

幹代さんは最初こそ清掃員だったが、1年目に効率的な人材配置と効率化へのプランを会社に提案。それが、会社の増益に貢献した。その直後、経営戦略プランを練る部署・社長室の正社員に採用される。

「収入も増えたから、息子の大学受験を応援できた。清掃の仕事をしてよかったことは、学歴にこだわっていた自分の愚かさを痛感できたこと。人間の価値は学歴ではなく、寛容さや、慈愛、大局観があることの方が尊いのだと。そもそも、私の場合、自分が国籍で差別されて苦しかったのに、人を学歴で差別していたんですから、バカにも程がある。そのことに気づいたのは43歳のときでした」

人間の価値は学歴では測れないとわかった頃に、息子は都立高校から、都内の国立難関大学に現役で合格する。

「あのときは本当に嬉しかったですね。卒業後は一流企業に入り、“お母さん、今までありがとう”と言われたときは膝の力が抜けるほど嬉しくて、大号泣しました。これでもう充分、親孝行ですよ」

しかし、息子が入った会社は社員を酷使した。終電帰り、始発出社は当たり前。過重なノルマや営業に息子はどんどん疲弊していった。

「苦労して取った好きなバンドのコンサートも、仕事があるからと行けなかったり、体調が悪くても出社させられたりして、体に発疹ができるなど、つらそうでした。私が“休んだら?”というと“あと少しの辛抱だ”と勤務を続けていました」

息子は28歳のときにうつ病になり、3か月間休職する。仕事がゆるい部署に異動になり5年間を過ごすが、33歳のときに、再び元の部署に異動する。

「仕事がゆるい部署のときも、息子は頑張って結果を出したそうなんです。それが認められたことと、本人の希望もあり、元の部署に呼び戻された。やはり、営業で結果を出すことが楽しかったようです。それが裏目に出たんです」

【息子は衝動的に命を断とうとし、その時の記憶がないと告白……次のページに続きます】

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店