取材・文/ふじのあやこ

写真はイメージです。

昭和、平成、令和と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族から核家族へと変化してきている。本連載では、親との家族関係を経て、自分が家族を持つようになって感じたこと、親について思うことを語ってもらい、今の家族のかたちに迫る。

レゾンデートル株式会社は既婚者男女を対象にセックスレスの実態に関するアンケート調査を実施(実施日:第1報2023年10月23日~25日、第3報2023年10月30日~12月18日、有効回答数:第1報20~59歳の既婚男女4000人(男性2000人、女性2000人)、第3報20~59歳の既婚男女635人(男性320人、女性315人)、インターネット調査)。第1報では、20代~50代既婚者の68.2%が配偶者とセックスレス傾向にあり、このうち43.9%が完全なセックスレス状態にあることがわかった。さらに第3報では、レス夫婦の37.0%が「5年以上なし」状態にあるという。

今回お話を伺った麻衣さん(仮名・42歳)は現在、夫と子どもとの3人暮らし。セックスレスは5年以上続いている。そのセックスレスが原因となり、「夫に手をあげてしまったことがある」と語る。

社会人デビューで夫は最初で最後の彼氏だった

麻衣さんは東京都出身で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。麻衣さんは中学、高校とソフトボール部に所属し、ずっと部活一筋だった。大学に入ってからも恋愛には縁がなく、初めての彼氏は社会人になってから。恋愛にオープンな姉の姿を軽蔑しつつも、ずっと羨ましく思っていたという。

「部活をしていた頃は、髪の毛はずっと短髪で、肌も黒くてそばかすだらけでした。ソフトボールは高校で引退したのですが、運動をやめた反動で太ってしまって……。そのせいなのか、ニキビ肌にもなり、異性に意識してもらえるような容姿ではまったくなかったんです。そんな容姿だから、好きな人がいても友だちにそのことを伝えることさえできませんでした。

そんな私と違って姉は、スラッとして肌もキレイで、中学の頃から彼氏がいて、よく家に彼氏が遊びに来ていました。そんな姉は短大のときに妊娠が発覚してお互いの親を巻き込んでの騒動となったんです。結局子どもは諦めることになったんですが、そのことがきっかけで親とは不仲になり、今は姉も結婚して家を出たのですが、親と連絡は取っていないようです。私とは一時は気が合わないと無視し合っていた時期もあったんですが、今はお互いが大人になって定期的に連絡は取り合っています」

社会人になって初めてできた彼氏が今の夫。付き合って3か月ほどで一度フラれてしまったものの、その後も連絡を取り合い、2年後に復縁したという。

「夫は5歳上で、職場では先輩後輩という関係でした。入社する前の就活で痩せることはできていたんですが、全然容姿に自信がなかった私は夫に気づかれないまま3年ほど片思いをしていました。そのことをやっと社内の飲み会で酔った勢いのまま伝えられたら、返事はまさかのOKで! でも、その後にすぐフラれてしまいました。

フラれた後も迷惑にならないように、でも途切れないようにメールをしたり、遊びに誘ったりして、2年後にやり直すことができたんです。やり直すときはお互いの感情が高ぶってというものではなく、『付き合わないと体の関係を持たない』と私が言ったら『じゃあ付き合おう』となっただけですけどね。それでも嬉しかったし、あのときはよく私のことを求めてきてくれていたのに……」

【産後の傷が酷く、夫を拒否した。次ページに続きます】

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店