日本は「超高齢社会」に突入し、様々な問題が生じ始めています。高齢者専門の精神科医、和田秀樹さん(63歳)がそうした問題の解決の糸口にもなると注目するのが、世界最高齢プログラマーの「マーチャン」こと若宮正子さん(88歳)です。共著『和田秀樹、世界のマーチャンに会いに行く』(https://www.shogakukan.co.jp/books/09389140)を緊急上梓した二人に、人生100年時代の「幸せな高齢者の生き方」について語り合ってもらいました。

「高齢者が遠慮して暮らす必要はない。好き勝手にやりたいことをやっていい」(精神科医・和田秀樹さん)

精神科医・和田秀樹さん
昭和35年、大阪生まれ。東京大学医学部卒業。高齢者専門の精神科医として、30年以上にわたって高齢者医療の現場に携わり、現在は川崎幸病院精神科顧問などを務める。著書に『80歳の壁』『シン・老人力』など多数。

「大事なのは“何ができるか”じゃなく、自分が“何をやりたいか”でしょう」(世界最高齢プログラマー・若宮正子さん)

世界最高齢プログラマー・若宮正子さん
昭和10年、東京生まれ。81歳でiPhoneアプリを開発した世界最高齢のプログラマーとして知られる。シニア世代向けの情報共有サイト「メロウ倶楽部」副会長。著書に『昨日までと違う自分になる』など多数。

喜びや感動が脳を活性化する

和田秀樹(以下、和田) 日本の人口の29%超が、65歳以上の高齢者という時代になりました。本来、社会的な役割を全うしてきた高齢者は、堂々と残りの人生を謳歌すべきなんですが、まだまだ日々を好きに楽しんでいる人が少ないように思います。若宮さんはいきいきと人生を楽しんでいるだけでなく、社会に役立つサービスまで開発なさいました。81歳の時、世界最高齢でiPhoneのアプリを開発し、世界中の注目を集めましたが、もともとパソコンなどに親しまれていたのですか?

若宮正子(以下、若宮) パソコンを購入したのは、銀行を定年退職する前、58歳の時ですから、平成5年頃です。衝動買いでした(笑)。当時はまだマイクロソフトのウィンドウズ95が発売される前で、使い勝手も悪かった。

和田 それは早いですね。機械に抵抗はなかったんですか?

若宮 銀行員時代のことから話していいかしら? 私が勤めていた頃は、何もかも手作業で、お札も手で数えました。私はあれが苦手なんです(苦笑)。そのうち、お札を数える機械も、ATMも導入されていきました。人間がやっていたことが、徐々に機械に置き換わっていったんです。

和田 当時も、今のように機械化に抵抗する人はいましたよね。

若宮 私にとって機械化は“福音”でした。速く終わるぶん、別のことに時間が割けますから。パソコンを触った時も“これで世界が広がる”とわくわくしました。知りたい気持ち、学びたい気持ちがたくさんあったんです。

和田 それは素晴らしいですね。人間には、進歩したいという欲求があります。私は高齢者を専門に診ていますが、パソコンやスマホをはじめ、新しいモノやサービスへの好奇心が強い人が本当に多い。高齢者だから新しいものに弱い、というのは大きな勘違いです。

若宮 その通りです。最新のパソコンやスマホは使いやすいですから、興味さえあれば何を始めるにも年齢は関係ありません。

アップルのティム・クックCEOから、世界の開発者向け会議(平成19年)に招待された時の若宮さん。クックCEOは“高齢者”という新たな顧客層に興味があったのではないか、という。

和田 とはいえ、81歳でアプリの開発は驚きです。

若宮 当時は年寄りが気軽に楽しめるアプリがなかった。最初は誰かに作ってもらおうと思ったんですけど、若いプログラマーの方に“ご自身で作ってみては?”と言われ、トライすることになって……。いざ完成したら、世界中から注目されて、びっくりしました。

和田 それでアップルのティム・クックCEOにもお会いになったんですね。若宮さんの活躍を見て、改めて何かを始めるのに年齢は関係ないと確信しました。

若宮 そう思います。私は自分の年齢を気にしたことはありません。

和田 先日上梓した『シン・老人力』でも主張したのですが、人生100年時代といいながら、日本は高齢者を“社会の負担”だと考えています。でも全然そうじゃない。高齢者が負い目を感じ、遠慮して暮らす必要などありません。
もっと好き勝手に、やりたいことをやってほしいと思います。

若宮 そう言っていただけると心強いですね。好き勝手にやりたいことをやってきたのが、私の88年の人生ですから(笑)。

和田 好きなことを好きなようにやる。この効果は、脳科学的にも明らかなんです。脳を老化させないためには、前頭葉を強く刺激する喜びや感動が欠かせないのですが、“やりたい”や“欲しい”という欲求にブレーキをかければ、好奇心にもブレーキがかかってしまう。前頭葉は刺激されることもなく、欲求不満だけが残る。我慢することは、老化へのアクセルを踏んでいるともいえます。

精神科医の和田秀樹さんと、世界最高齢プログラマーの「マーチャン」こと若宮正子さんが緊急出版。超高齢社会の「幸せな生き方」や高齢者の「デジタル活用術」について論議を重ねている。
『和田秀樹、世界のマーチャンに会いに行く』
著/若宮正子 著/和田秀樹 
小学館 1320円(税込)

高齢者も欲求に忠実であれ

若宮 今、「メロウ倶楽部」というシニア世代向けの情報共有サイトの運営に関わっていますが、そこに集う70代~80代の方々も皆、元気です。和田先生がおっしゃる通り、皆さん“やりたい”や“欲しい”を躊躇していません.。

和田 昭和の時代を過ごしてきた方の中には、無意識のうちに高齢者は“かくあるべし”という価値観に縛られている人が多い。だから無意識に、行動にブレーキをかけてしまう。新しいことを目の前にしても“自分にはできない”と躊躇してしまうんです。

若宮 もったいないですね。何歳になっても人は学べます。今はデジタル機器が発達していますから、少し学んだだけで、想像以上のことができます。デジタル機器の日進月歩は、私たち高齢者を助けてくれるためなんじゃないかしら。

和田 その通りです。AI(人工知能)の発達で、例えば通訳や翻訳も瞬時にできてしまう。語学ができなくても、外国の方と交流できる時代になった。

若宮 プログラミングだって、AIが勝手にやってくれます。だとすると、大事なのは“何ができるか”じゃなくて、“何をやりたいか”でしょう。

和田 もっと言うと“何が欲しいか”ですよね? 高齢者も、もっと自分の欲求を前面に出していい。

若宮 高齢者が声にすれば、超高齢社会の問題もどんどん解決していくと思います。

若宮正子さんの歩み

●10代、大手銀行に就職

東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

●30代、「型破り」に活動

クイズ番組『ベルトクイズQ&Q』(TBS系)に三菱銀行代表として出場し大活躍。

●50代、パソコンを購入

58歳で初めてパソコンを購入。シニア世代向け情報共有サイト「メロウ倶楽部」の創設にも関わる。

●60代、パソコン教室を開催

「教えてほしい」との声に押され、自宅でパソコン教室を開く。全国各地の講演にも引っ張りだこだ。

※この記事は『サライ』本誌2023年9月号より転載しました。取材・文/角山祥道 撮影/黒石あみ

和田さんの著書『シン・老人力』(小学館刊、1430円)には、高齢者が若々しく、いきいきと暮らすための具体的な秘訣が多数盛り込まれる。高齢者が元気になれば、日本社会も経済も“再生”すると説く。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店