シスターフッド(女性同士の連帯)を描いた映画やマンガがヒットし、女性同士の友情が注目されている。しかし、現実は、うまくは行かない。これは女性の友情の詳細をライター・沢木文が取材し、紹介する連載だ。

***

2023年4月20日、アメリカのニューヨーク市で、47歳の女が友人への殺人未遂で追訴されたとBBCが報道した。女は友人女性を殺害し、その人になりすまそうとしたのだ。同市クイーンズの裁判所は女に禁錮21年の刑を言い渡した。

直美さん(63歳)は「友達を殺したくなる気持ちはわかる。その人を殺して、その人になりすます……という悪夢を見ていたこともありました」と語る。人の命を奪うことは悪だとわかりながらも、想像は止まらなかった。なぜなら、直美さんは、友人・佐代子さん(62歳)に約3年間交際した恋人を寝取られてしまったからだ。

【これまでの経緯は前編で】

自分が紅一点の心地よさ

SNSで集まった人たちが、毎月1回、安価なカフェに集まっておしゃべりをする「定年お茶会」に直美さんは参加した。主催者が大手鉄道会社の組合運動をしていたという経歴もあり、メンバーは男性が圧倒的に多い。そこで、直美さんは同じ年の昭雄さんと交際をする。

昭雄さんは一流レストランで接客係を定年まで勤めあげていた。42年間百貨店に勤務した直美さんと似ている部分が多い。直美さんにとって、人生はじめての恋人らしい恋人だ。

「彼に出会ったのは、60歳のとき。その年まで3か月以上交際した彼氏がいませんでした。“恋人がいると、毎日こんなにも楽しいのか”と思っていました」

昭雄さんは定年後に週に3回、ビル清掃の仕事に就いており、直美さんにも働くことをすすめた。

「今、介護施設の調理補助の仕事をしているのですが、彼がいなければ働くことを先延ばししていたと思う。彼と週に1回デートして、月に1回お茶会に行くという生活は楽しく、みるみる若返って行ったんです」

コロナのマスク生活もあり、直美さんはよくナンパをされるようになったという。

「お茶会で男性に囲まれているのもよかったんでしょうね。それまで女性社会にいたから。女性特有の腹の探り合い、ちょっと漏らした本音が拡大して言いふらされるなど、緊張感もあったので」

交際は隠さなかった。お茶会メンバーのほとんどが妻帯者ということもある。

「妻と仲がいい人が多く、皆さん孫にメロメロ。昭雄さんと私には家族がいませんから、ちょうどいいんです」

穏やかな交際が続き、一緒に住む話も出た交際2年目に変化が起こる。お茶会に元歌手・佐代子さん(62歳)がやってきたのだ。彼女は直美さんと30代のときに友人だった。芸能事務所に勤務しながら歌手活動をしていた経歴を持ち、SNSで再会する。

「彼女の結婚で疎遠になり、30年ぶりに再会したのですが、昔のままでした。結婚生活も続けており、息子が2人もいるとか。相変わらず明るく華やかで、話のノリでお茶会のことを話してしまったんです」

直美さんが「男性ばかりだよ」と言うと、佐代子さんは「なにそれ! 楽しそうだね」と前のめりになった。直美さんは嫌な予感がありつつも、お茶会のことと主催者の名前を教えてしまう。佐代子さんは、SNSで主催者の名前を検索し、メッセージを送る。彼から「新メンバーは歓迎です」と言ってもらい、SNSのグループに入って来た。

「お茶会はメンバーが増え、宗教やマルチの勧誘があったので、一度解散して招待制にしたんです。佐代子はそこを突破してきたんです」

佐代子さんはお茶会にやって来た。赤いニットのドレスワンピに、白いロングベストを合わせていた。胸のところにコーヒーをこぼしたシミがあり、直美さんは「汚らしい」と思ったそう。

「しきりにボディタッチをして、男性たちは鼻の下を伸ばしていました。その姿にも失望しました。佐代子は明るくて声が大きい。お茶会はノンアルコールが暗黙の掟なのに、3回目の参加時からビールを頼みだしたんです」

すると、主催者も含めて、「僕も」と半数がビールを飲み始めた。酒が入ると、妻の悪口や猥談を始める人もいた。それまで保たれていた秩序が崩壊したのだ。

「いたたまれなくなり、私は用事があるふりをして中座しました。昭雄さんが追いかけてきてくれると思ったのですが、彼はそのまま最後までいたそうです。そのことで彼に文句を言いました」

恋人がその場所を出た。少女マンガなら「君を愛しているから追いかけてきた」となるだろうが、現実にそれはほとんど起こらない。人は目の前にいる人を優先する。出て行った人に対して注意は払わない。

ここに直美さんと恋人・昭雄さんとの間に溝ができた。その後、一度デートして体を重ねようとしたが、直美さんの体は受け入れなかったという。

【君といると、息が詰まる……次のページに続きます】

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店