「女の友情はハムより薄い」などと言われている。恋愛すれば恋人を、結婚すれば夫を、出産すれば我が子を優先し、友人は二の次、三の次になることが多々あるからだろう。それに、結婚、出産、専業主婦、独身、キャリアなど環境によって価値観も変わる。ここでは、感覚がズレているのに、友人関係を維持しようとした人の話を紹介していく。

2022年12月21日、リクルートワークス研究所は、2024年卒の民間企業での新卒者(大学・院卒)採用見通しの調査データを発表。それによると、新卒採用数が「増える」企業の割合が15.5%で、「減る」は3.6%であった。「増える-減る」のポイントは+11.9%ポイントで、これは2023年卒調査(+7.0%ポイント)よりも、プラス幅が増加。採用に積極的な企業が多いことがわかった。

結子さん(55歳・会社役員)は、親友・依子さん(専業主婦・55歳)の息子(23歳)を縁故採用する。「その頃に、40年近く続いた友情の破綻が始まっていたのかもしれない」と語る。

【これまでの経緯は前編で】

「私は、まともな母になれない」

30代から40代にかけて、結子さんは会社でキャリア形成に、親友・依子さんは家庭の維持と子育てに邁進する。

「3~4か月に1回、東京駅のレストランで会い、近況報告をしていました。依子は外出をいつも渋っていましたが、私が強引に誘っていた。依子の夫も“結子さんが連れ出してくれるので助かります”と言ってくれていたんです。というのも、依子は夫に対して猜疑心が強く、息子の将来に対して悲観的だった。会って話すうちに、昔のように明るくなるんです」

依子さんは夫の浮気を疑い、子育ての自信のなさを抱えていた。依子さんの夫はおおらかな人で、妻に「愛しているよ」と言い続けていた。

「でも、息子君には“あなたは私に似てダメだ”とよく言っていたみたい。息子君は抜群に頭がよかったけれど人間関係に問題を抱えがちだとこぼしていました。そのたびに依子は“あんな母に育てられたから、私はまともな母親になれない”と自分を責めていたんです。依子は昔からネガティブループに入ると際限がない。育児中に衝動的に自殺未遂をしたこともあったみたいです」

不安定な母親に育てられたことの関連性は不明だが、依子さんの息子は中学3年間、不登校になる。通信制の高校に通い、超名門大学に進学した。

「依子のメンタルが揺らぎやすいこと、頭が良すぎる息子に他者との協調を望んだことなどが重なった結果の不登校だと思います。他人と意志疎通が上手にできないから、就職も厳しい。息子君は“コロナのおかげで大学を卒業できた”と言っていました。授業がリモートになり、人と会わないからよかったみたいですね」

ところが、息子の就職先が決まらない。父親(依子さんの夫)の会社で働くのも不可能だ。なぜなら、地元密着型で、密接かつ高度なコミュニケーションが必要だから。

「就職活動さえできないんですから。そこで、依子は“結子の会社で採用してくれない?”と言ってきた。私は営業チームを管轄する役員だから“人たらし”以外は不要です。どうしたものかと思っているときに、システム開発の役員とランチをしたんです。そのとき彼が“ウチは猫の手も借りたい……いや、猫でもいい”と言っている。それで息子君のことを話すと、前のめりになった。そして、ロクに面接もせず、即採用されたんです」

【会話の先に人が見えていないので、3か月で在宅勤務に……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店