元教え子の妻は娘が10歳の時に、恋人と出て行った

則夫さんは「男手ひとつで娘を育てた」と言うが、妻は何をしていたのだろうか。

「妻は僕の10歳年下で、僕が45歳……彼女が35歳、娘が10歳の時に出て行ってそれっきり。出てから1か月後に、愛媛県の消印で記入済みの離婚届けが送られてきた。メモなどは何も入っていなかった。僕は目の前にあることは抗わずに受け入れるという性格なので、そのまま提出した」

その後、共通の知人の話では、妻は別の男性と交際していたという。

別の男性に心惹かれた原因は、則夫さんが家庭を顧みないこと。則夫さんは“先生”という立場を第一に考え、海外旅行も行かないどころか、本州からも出ない。

土日は部活の顧問をするので、娘の運動会や学芸会も不参加。妻はたった一人で育児をしているのが空しくなり、知人には「何度か死のうと思った」とつぶやいたという。

「それを相談していた今でいう“パパ友”と駆け落ちしたんだそうだ。人の親になったんだし、社会人なんだし、無責任だろうと思った。だから、連絡を取ろうと思った事もないし、心の底から興味がない。しかし娘は違うんだろうね。10歳のときは泣いてばかりいたけれど、思春期になると“私はお父さんの子だから、お母さんに捨てられた”と言うようになった」

当時10歳の娘の世話は、近くに住む則夫さんの母親が行っていた。

「娘の話では、私の母が“理沙ちゃん(娘)より、あの女(則夫さんの妻)は男の方が好きなんだって”などと吹きこんでいたらしい。“パパ、インランってなに?”とかすごいこと聞いてきて、驚いたけれど、僕の母に吹き込まれたのだろうと。私の母は、元教え子の妻と結婚することを、心の底から反対していたので」

則夫さんが結婚したのは、妻が24歳、則夫さんが34歳。一年後に娘が生まれた。

「教え子だった時は地味だったのに、すっかりきれいになって“先生、ずっと好きでした”と言われたらクラっとくるよね。男と駆け落ちするときに、ウチの貯金を500万円持ち逃げするようなふてぶてしい奴だと思わなかった」

【娘の買い物依存の尻拭いに使った金は、20年間で1千万円を超えた。~その2~】に続きます。 

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』 『不倫女子のリアル』(ともに小学館新書)がある。連載に、 教育雑誌『みんなの教育技術』(小学館)、Webサイト『現代ビジネス』(講談社)、『Domani.jp』(小学館)などがある。『女性セブン』(小学館)、『週刊朝日』(朝日新聞出版)などに寄稿している。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店