待ち合わせや、初めて訪れる場所の詳細を知りたい時などに利用できる地図アプリ。スマートフォン(以下、スマホ)では様々な地図アプリが提供されていますが、特に普段Androidを利用している方は、Google マップを利用する機会が多いかと思います。

実は、そんなGoogle マップに現在地を共有する機能があることをご存じでしょうか? 今回の【Google活用基本のき】では、Google マップで現在地を共有する方法についてご紹介したいと思います。

目次
Google マップの「現在地を共有」とは
Google マップで位置情報を共有する方法
うまく現在地が共有されない場合
最後に

Google マップの「現在地を共有」とは

はじめに、Google マップの「現在地を共有」でできることや活用方法について確認をしてみましょう。

「現在地を共有」について

Google マップの「現在地を共有」は、名前の通りスマホの現在地を他の人に共有するための機能です。iPhoneやAndroidなどの端末に搭載されている位置情報を利用します。

こちらを利用すると、共有した相手のGoogle マップ上に居場所を示すアイコンが表示されるだけでなく、直前に訪れた場所や利用している交通手段・バッテリー残量なども共有することが可能です。

「現在地を共有」の活用方法

友人や家族との待ち合わせや大型商業施設などで別行動をしているときに、位置情報をわざわざメールやLINEなどで知らせるのは手間だと感じる方も多いのではないでしょうか。そこでGoogle マップの「現在地を共有」を利用すると、簡単により詳細な位置情報を共有することができます。

元々、iPhoneの標準アプリである「マップ」では同様の機能がありましたが、こちらはiPhone同士でなければ活用できませんでした。Google マップの機能を利用することで、iPhone・Android間でも共有が可能になります。

Google マップで位置情報を共有する方法

それでは、実際にGoogle マップで相手に位置情報を共有する方法についてご紹介します。

自分の現在地を共有する方法

自分の現在地を共有する方法から説明します。Google マップの「現在地を共有」は、端末の位置情報を利用するため、事前に端末の設定から位置情報をONにしておきましょう。

Google マップを起動し、画面右上に表示されているGoogleのアイコンをタップしてください。表示されたメニューの中から、「現在地を共有」をタップします。

メニュー画面

下記の画面が表示されたら、「現在地を共有」を再度タップしましょう。ちなみに、「現在地を共有」したときにどのような情報が共有されるか確認をしたい方は、「共有される情報を確認する」をタップすることで視認できます。

共有の開始

「現在地を共有」をタップすると、画面下に連絡帳に登録している連絡先が表示されました。ここに位置情報を共有したい相手がいる場合はそのアイコンを、見つからない場合は連絡先の部分を右から左にスワイプして「もっと見る」を開きましょう。

共有先の選択

LINEなど、メッセージやメール以外で共有をしたい場合は、「その他のオプション」をタップすることで共有するために利用するサービスを選択することができます。

その他のオプション

画面上に「現在地の共有」が表示され、画面下に選択した相手が表示されていれば位置情報の共有ができている状態です。

共有された側からも現在地を共有する方法

共有された側は、画面下のメニューにあるお知らせ(iPhoneの場合は「最新」)をタップすると表示されるメニューの中から「通知」を選ぶと、位置情報が共有された通知が届いています。

通知

この通知をタップすると、実際にその相手の現在地を確認することが可能です。共有された側も位置情報を共有したい場合は、この画面から開始できます。

画面下に表示されている「○○さんと現在地を共有」をタップしましょう。

現在地を共有

位置情報の共有を停止する場合は?

位置情報を共有した相手と合流した後など、位置情報の共有を停止したい場合は、Google マップ上に表示された相手のアイコンをタップしましょう。すると、相手の位置情報や端末情報が表示されます。

画面下に「あなたの現在地を確認できます」という表示があるため、その右側にある「停止」をタップしましょう。これで共有を停止することができます。

共有の停止

うまく現在地が共有されない場合

中には現在地を共有したのに、移動をすると最新の位置情報が共有されていない、ということがあるかもしれません。そのような場合は、Google マップの「ロケーション履歴」を有効にしましょう。

このロケーション履歴は、現在地を常に記録し続けるために必要な機能です。これが無効になっていると、現在地がリアルタイムで更新されなくなります。

ロケーション履歴を有効にするには、画面右上にあるメニュー画面から「設定」をタップしましょう。「設定」にある「個人的なコンテンツ」の中に「ロケーション履歴がオフ」というメニューがあります。この「ロケーション履歴がオフ」をタップしてGoogleアカウントからロケーション履歴の「有効にする」をタップすれば設定完了です。

最後に

人との待ち合わせをする際、人通りが少ないところであれば簡単に合流ができますが、大型商業施設のように人が多い場所だと思うように合流できないということも少なくありません。また、近くに目印になるものがないなど、言葉だけでは自分の居場所を共有することが難しい場合もあります。

Google マップで現在地を共有する方法を覚えておけば、思わぬ事態が発生した時にも簡単に位置情報を共有することが可能です。いざというときのために、現在地を共有する方法を覚えておいてはいかがでしょうか。

●構成・執筆/西田 絢(にしだ あや|京都メディアライン・https://kyotomedialine.com
国家試験「情報処理技術者試験」の区分にある「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」を保持。通販ECパッケージの開発・導入・保守サポートを行う企業にて技術面での保守サポートを行っている。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品