結婚生活では愛とお金、どちらが大事か。けっこう究極の選択だと思うのですが、皆さんはどちらが大事だと思いますか?

愛さえあればお金なんて……と思う人もいれば、いやいややっぱりお金でしょ、と思う人もいると思います。保険相談サービスを提供する保険マンモス株式会社(https://hoken-mammoth.com/corp/)では、男女500人を対象に、実際のところ「結婚生活で大切なのは、お金か愛情か?」というアンケート調査を実施しました。結果はどうだったのでしょうか? さっそく見てみましょう。

結婚生活で大事なもの

「結婚生活で大切なのは『お金』か『愛情か』(自社調べ)」というアンケートを取りました。男女の割合は半々です。結果はこのようになりました。

【結婚生活で大事なのは】
男性
 愛情:53%
 お金:47%

【結婚生活で大事なのは】
女性
 愛情:52%
 お金:48%

意見が真っ二つに割れていますが、若干「愛情」が勝っているようです。1%ではありますが、「お金が大事」と答えたのは女性の方が多いという点が興味深いです。

共働きが増えたといっても、日々のやりくりをしているのは女性の方が圧倒的に多いと考えられるので、男性よりもお金に関してシビアな目を持っているということでしょうか。

お金、愛情、それぞれ大切だと思う理由

なぜお金、または愛情が必要だと思うのか。その理由も聞いてみました。

【お金】が大切な理由・男性

20~30歳
・お金がないと何もできないから。
・愛情だけでは現実的に生活が出来ず、現在困ってるから。
・お金がないと、生活が厳しくなり、不仲になっていくから。

31〜40歳
・お金がないと食事や日常が貧相なものになってします。
・愛情だけで何とかなるのは付き合い始め。その後は緩やかに下降線を辿ります。愛情じゃご飯は食べられません。税金も払えません。
・お金がないと家族としての安全性を保つことができなくなるから。
・自分の両親はお金がない状態で結婚した。そのせいで子供はいらぬ苦労を強いられてきた。そんなこともあり、なぜ金欠の状態で結婚するのか意味がわからない。
・お金がないと心にゆとりが生まれず愛情も欠けてしまうから。

41~50歳
・家計を支えるというのは大変なことで、しっかりできる人は家族に対する愛情がある。
・お金が大事と言うと冷たいような感じはしますが、お金なければ住む事も食べる事も出来ないので現実的に考えるととても大事な事だと思います。
・お金があれば、子供にも不自由ない暮らしをさせられるし、楽に生活ができる。
・お金で心は満たされて幸せになれるからです。

51~60歳
・年齢を重ね老後になって頼れるのはやはりお金だと思うから。
・お金がないと、生活は成り立ちません。
・生活が苦しいと喧嘩が増え、その結果愛情が無くなっていく事が往々にしてあるので。

61歳以上
・いくら愛情があってもお金がなければ結婚生活は成り立たないと思います。
・お金がないことには生活ができない。必要以上のお金はいらないが、家族を守るために最低限の額は必要です。お金がないという理由で、家族を不幸にしてはいけない。
・金を稼ぐのは大変なこと。それを相方が行ってくれるのは助かること。経済的な基盤があってこそ、二人の関係が安定する。

【お金】が大切な理由・女性

20~30歳
・どんなに若い時にイケメンでも歳を取れば好きは無くなるので好きがなくなった時に相手に対して尊敬できるところを探すとしたら自分よりもお金を稼いでいる所だと思ったからです。
・付き合うなら愛情だけど、結婚するならお金が大切。お金がないと心に余裕がなくなって、喧嘩が増えそう。
・お金が無いと何かと生活費のことで揉め事になる事が多いと思うから。生活が基盤にあって愛情が育んでいけると思うので困窮した生活だと相手を尊敬したり、感謝の気持ちが湧かないから。

31〜40歳
・お金があれば、ほとんどのことは乗り越えられるから。
・以前は愛情かと思っていましたが、結局お金がないと心にも余裕がなくなり愛情も無くなっていくと思うから。なんだかんだお金があれば、愛情は後からついてくるかもしれない。
・お金があると心に余裕が出来て、相手に思いやりを持って接することが出来るから。
・生活がかかってるから。いくら愛情があっても金欠の状態が続くのは精神的にきついし、気持ちも冷めていく。お金がないと子供が産まれたらもっと大変になるから。

41~50歳
・愛情があってもお金に余裕がなければ心も余裕がなくなるから。
・若い時は、お金よりも愛情だと思う方が多いと思いますが、結婚後は次第に自然な形で愛情はなくなります。そうなるとお金の有無が、良い夫婦関係の継続にとても影響してきます。
・お金がないと、食べる事、生きていく事に余裕がなく、気持ちがすさむと相手に攻撃的になると思うから。節約する生活が続くと、相手のちょっとした無駄遣いに腹が立ち、喧嘩が絶えないと思うから。
・やはり結局ケンカになるのはお金だから余裕が有った方がお金でストレス発散も出来るしお金無いと耐えるしか無い。

51~60歳
・稼ぐ能力がある人は、男として魅力を感じるから。お金がなかったら喧嘩も多くなり、結婚生活が続かなくなるから。
・年々お金の大事さが分かるようになってきています。
・お金があると心にも余裕ができるのでお金だと思います。
・生活にはお金がとにかく必要、食べていけなければ一緒にいる意味がない。

61歳以上
・愛情がある時はお金なんか要らないと思う。でも愛はいつか薄れていく。そうなるとお金が無いと心にゆとりがなくなるから、ちょっとしたことで揉める。心に余裕がないと人に優しくできなかったり、つい不満をぶつけるようになる。不満も多くなり、また揉める。お互いの気持ちが離れて別れがやってくる。やはりある程度お金が無いと健全な愛は育めないと思う。

お金が大事と答えた方は、31〜40歳の子育て世代、まさに今いろいろなことにお金がかかる年代の人が多かったです。

愛情はもちろん大事、でも現実問題として生きていくためにはお金がかかる。心豊かに生きていくためにもお金は大事、という意見が多くみられました。

【愛情】が大切な理由・男性

20~30歳
・相手が楽しく過ごしてくれる事が1番だから、自分がもっと頑張って稼ぎを増やせるようにする。
・お金なんて働けば手に入れられるから。
・好きであれば、その人のために日々頑張れるから。
・お金があっても愛情がないすれ違いの我慢する生活は拷問に近いと思います。

31〜40歳
・結婚するということは基本的に一緒に住むことになります。お金があったとしても好きでない人と一緒にいるのは辛いことですし、今後一緒に住むのであればそれは精神的に耐えられないから。
・気の合わない人と一緒にいても疲れるだけだし、それなら結婚する理由が逆にないと思う。
・愛情がないと辛いときに一緒に乗り越えられない。
・本当に愛情があるならお金の問題もある程度は解決できそうな気がするから。

41~50歳
・お金があっても愛情がないと人生楽しくないから。
・愛情がないと一緒に生活するのはキツいから。
・生活できるだけのお金があれば愛情ある家庭のほうがいいです。
・お金はあるから。
・ずっと一緒にいるなら、愛情が無いと無理と思うから。

51~60歳
・二人であれば何かしら出来ることがある。信頼することで得られる満足や幸福がある。お金だけの関係はお金で切れると思う。
・自分の身体に何かあった時、愛情がなければケアしてもらえない。
・愛情があれば、互いに助け合い困難も乗り越えていけるからです。
・お金があっても、愛情がなければ、長続きしないことは明らか。結婚生活は時間に比例して、新鮮さが徐々になくなり、人間の常の通り、いずれ飽きてくるものなので、その関係をつなぎ留めておくものは愛情しかないと思う。

61歳以上
・お金があって、旅行など一緒に行っても愛情がなければ楽しくないと思います。
・お金か愛情かですが、結婚している年齢によって変わってくると思います。具体的には子供がいて一番出費がかさむ結婚生活の時はお金だと思います。只全ての年代を通して、大事なことは根底に愛情があることが大事であると思います。
・愛情があれば、ある程度の金銭問題は解決できるが、愛情がない相手と一緒にいるのはお金があっても苦痛でしかないから。
・充実した人生を共に歩むためには愛情無くしては無理だから。

【愛情】が大切な理由・女性

20~30歳
・極端な話、家に帰っても気を使う他人のような冷めきった関係を割り切って過ごすことは難しい。お金は自分で努力すればある程度稼げるし、運が良ければ宝くじも当たるかもしれないが、愛情は自分1人の努力と運ではどうしょうもないから。
・一生一緒にいるには愛がないと乗り越えられない試練が沢山あると思うから。
・好きではない人と生活するのはキツいと思ったから。好きな人となら辛いときもなんとか頑張れそう。

31〜40歳
・お金は自分も働けばなんとかなるから。好きだから辛いことも乗り越えられるけど、そうでなければ苦痛でしかない。
・好きで尊敬できる人であれば毎日生活していて楽しいと思うからです。お金は足りなければ自分が働きに出たりすればなんとかなると思うからです。
・好きな人じゃないと、一緒にいるのが苦痛になるから。
・お金は無くても切り詰めればいいけど、愛情がないと一緒に暮らせないから。
・愛情が無いとこの人の為に頑張りたいという気持ちが持てないから。

41~50歳
・お金が無くても2人でいればどうにかなると思ったからです。
・いくらお金があっても好きでもない人と一緒に暮らすのは人生(生活)が楽しくないと思うから。
・稼ぎのいい人でも性格が冷たければ心が持たないと感じるため。
・好きでもない人と一緒に生活するのは無理です。お金がどんなにあってもメンタルが持ちません。
・なぜ結婚するのか考えたら、愛情のある人と一緒にいたいからなのかなと思う。愛情のない人といても孤独なままなので、だったら自分の食い扶持は自分で稼げばいいと思うので。

51~60歳
・年をとっても一緒に生活することを考えると愛情がなければ無理。お金があっても精神的に苦手な相手と一緒に暮らすのは苦痛。
・愛情がないとお金があっても、空しい気持ちが付きまといます。毎日の精神的な潤いの方が豊かさを感じます。
・確かにお金は大事ですが好きでも無い人と寝起きを共にするのは中々できません。お互い好きでいっしょになればどんな苦労も乗り越えられます。愛に勝るものは無いと思います。

61歳以上
・お金も大切だとは思いますが、やはり、愛されるっていうのは、一番の幸せだと思うので。
・1000万の収入があっても、嫌いな人と一緒に入れないから。
・やはり好きでもない人と結婚することは無理だと思う。

愛情が大事という方も、お金がなくてもいいとは言っておらず、お金は必要だという認識です。ただ、お金はないなら節約するなり、働くなり、何かしら手段があるけれど、愛情はないと生きていくのが辛い、という意見が多かったです。

このような意見を踏まえ、みなさんはどちらが大事だと思いますか?

婚姻率の現状

2018年は、これまでで最低の婚姻率 4.7(人口1,000人に対する婚姻件数の割合)となりました。2019年は「令和婚」で若干上昇したものの、依然として低い割合が続いています。1947年は12だったことを考えると、半分以下になってしまっています。

婚姻件数も586,481組と、2018年は過去最低でした。ちなみに最高は1972年の1,099,984組で、ちょうど団塊の世代が結婚適齢期になった頃です。

内閣府の統計によると、未婚率は、以下のように増えています。

<男性30〜34歳>
1985年:28.2%
2015年:47.1%

<女性30〜34歳>
1985年:10.4%
2015年:34.6%

2000年以降はほぼ横ばいとなっていますが、長期的にみると上昇傾向が続いています。

婚姻率が下がっている要因

価値観の変化、女性の社会進出など婚姻率が低下している要因はいくつか考えられますが、収入が増えていないというのも大きな要因となっています。

日本ではここ30年、初任給も上がっておらず経済はいまだに低迷を続けています。しかし、保険料や税金の負担は増える一方。実質的な手取りが増えない中、結婚しようという気持ちになれないのもわかります。

離婚率は?

厚生労働省の統計によると、昭和55年〜昭和63年までは15万組前後で推移していましたが、そこから増加し2002年には29万組となりました。現在は減少傾向にあるものの、25万件前後で推移しています。

婚姻件数は減っているのに、離婚件数は増加。結婚生活を維持している人が年々減っているということですが、なぜ離婚するのか、2015年の司法統計を見ると、このような理由がトップを占めています。

2020年になるとこのように変化しました。

いずれにしても、トップは「性格が合わない」という理由です。

結婚生活を続けていくにはお金がかかります。ですから経済的に豊かなことはもちろん大切ですが、他人が一緒に暮らすためには愛情や価値観が最も大事なのかもしれません。

調査概要
調査対象:結婚生活に大事なものについて回答してくださる方
調査日:2022年3月10日~2022年3月11日
調査方法:インターネットによる選択・記述式回答
調査人数:500人(女性250人/男性250人)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品