ピアノが弾けるしおらしい女性がいいと思い、音大の女性を指名した

「俺は堅物に思われるところがあるからね。でも、ひょんなことから付き合っている女性の話をしたときに、『いいクラブがあるんだ』と紹介してくれたんだ。完全な会員制で、メンバーの推薦がないと会には入れない。俺は年収も家族構成も問題ないみたいで、すぐに審査がおりた」

入会金と年会費を合わせて20万円、キャッシュで振り込んだ。そして、会員専用サイトで、いいと思う女性を物色した。そこには、有名女子大、有名大学に通う女子大生たちがズラリと並んでいた。しかも美人ぞろいだったという。

「あの時のワクワク感っていったらなかったね。ずっと憧れていたモノがザクザクある……これは骨董集めに似ているかもしれない。なじみの店にはない骨董が、別の店に言ったら逸品がザクザクあって、すべて金を出せば買える。あの感覚と同じ」

そこで小野さんは、音楽大学に通う、ピアノが得意な女性を指名する。

「女房と同じ名門女子大学の子もいたけれど、それはさすがにNG。こっちはバカをやりたいから、頭がいい大学の女性もできれば避けたい。会話も楽しみたいから、偏差値が低い大学の女性には興味がない。いろいろ見ていると、幼い頃から憧れていた、ピアノが弾けるしおらしい女性がいいと思い、音大の女性を指名したんだ」

デートは、3日後の夕方に、都心のホテルのラウンジでの待ち合わせから始まった。

「そこには理想の女性がいた。髪が長く、色が白く、ほっそりとしている。無粋と思いながらも、デートクラブで仕事をしている理由を聞くと、『練習時間を確保するために、普通のバイトができないから』と言っていたんだ。こっちはもう盛り上がるよね。ラウンジで軽い食事をして、部屋に連れて行った」

彼女の体はしなやかで、ボディクリームのいい香りがしたという。まだ仕事を始めて間もないからか、技巧が拙かったことも小野さんを喜ばせた。彼女に理由を聞くと「このクラブは女性側が気に入らなければ男性を断ってもいいことになっている」と答えた。つまり、実際に小野さんが「最初の相手だ」と彼女は言ったという。そんな、“遊び”にかかった費用は、ホテル代も含めて10万円程度。

「それとは別に、交通費として1万円を用意していたんだけど、さらに1万円を足して渡したら、ニコッとかわいく笑ったんだよね。そのときに、なんか冷めたというか、『ああ、金目当てなんだよな』と。少なくとも、今までの女性は、俺の金も好きだけれど、人間に共感してくれているような部分があったんだよね。きちんと手を握っているというか。でも女子大生はそうではない。その後、3人の女性と会って、男女関係になったんだけれど、空しくなってクラブを退会しちゃった」

小野さんはそれから、恋愛をしていないという。

「待望の孫が生まれて、女房と一緒にいるのが楽しくなったことも大きいかな。前の彼女から連絡があって、一緒に食事をするだけでも満足する。ちょっと手を握ったりしてね。まあ、金の力とは言え、女子大生と恋愛ができてよかったよ。思った以上に楽しかったけど、まあ……空しかったね」

取材・文/沢木文
1976年東京都足立区生まれ。大学在学中よりファッション雑誌の編集に携わる。恋愛、結婚、出産などをテーマとした記事を担当。著書に『貧困女子のリアル』『不倫女子のリアル』(小学館新書)がある。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品