サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内でウェブメディアを扱う会社で営業や企画などの仕事をしている美由紀さん(仮名・39歳)。奈良県出身で、両親と3歳上に姉のいる4人家族。小さい頃の家族仲は良かったと語りますが、祖母との同居前後で家の雰囲気はガラッと変わってしまったとか。

「母親は私の勉強を付きっ切りで教えてくれたりと子育てには熱心で、父親は普段は子育てに参加しないものの、母親でいうことを聞かなかった場合に出てくるラスボス的存在で怖い人という記憶が残っています。

家族がというより、母親が祖母との同居が終わってしばらくしたら家を出て行って、気づかないうちに夫婦仲が変わってしまっていたんです。母親はその後何事もなかったように普通に家に戻ってきて、何も触れない相談できない関係なんだなって親との距離を思い知らされたというか……」

大学に入り、家を避けるように。連絡は携帯のメールだけになった

姉が短大卒業後に家を出て、家は3人に。美由紀さんは大学へ進学して、その間も実家で暮らしていたそうですが、何か理由をつけて家に帰らなかったことも多かったそう。

「大阪府内の大学に通っていたんですが、大学の周りには地方からやってきて一人暮らしをしている友人がたくさんいて、友人宅に入り浸っていました。高校の時はまだ泊まりにはうるさかったけど、大学に入ってからは特に何も言われませんでしたから。家で両親がどう過ごしていたかなんてまったく知りませんし、知りたいとも思っていませんでした」

大学を卒業する頃には友人の家で生活をするようになり、 そのまま就職を機に友人とのルームシェアをスタートさせます。

「実家で過ごす時ももちろんあったんですが、どう過ごしていたかなんてまったく覚えていません。母親もその頃には、何かと理由をつけて祖父母のいる家に帰っていましたから。当時はもう携帯があって、母親からはメールで『この期間留守にします』というメッセージがあるぐらいでした。父親に伝えていたのかは知りません。私は当時メールアドレスさえ父親には伝えていませんでした。

就職は正社員にはなれなかったんで、半年間のアルバイトを経て契約社員になれる編集プロダクションに入りました。編集に興味があったんです。友人の家に転がり込んだ感じで、服とか必要最低限のものを実家から運んだだけだったので、大きな引っ越しなどもしていません。両親には一度だけ進路について話をする機会があった時に、こういうことをしようと思うと伝えただけでした」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア