新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

長濱ニューメイク|近江長浜で生まれた国産クラフトウイスキー【魅惑のお取り寄せ】

伊吹山と琵琶湖、美しい自然の恵みがもたらす「長濱ニューメイク」

日が落ちる時間が早くなって、夜が長くなる秋から冬。ロックグラス片手に好きな作家の本を紐解いてみたり、物思いにふけってみたり、ゆったりと時間を過ごすのもいいのではないでしょうか。

そんな大人の時間を心地よく過ごす相棒といえばウイスキー。なかでも、いま話題になっているのがクラフトウイスキーです。今回は滋賀県長浜市にある『長濱蒸溜所』の「長濱ニューメイク ライトリーピーテッド」をご紹介します。

船板塀(ふないたべい)の米蔵をリノベーションした長濱蒸溜所

滋賀県長浜市は琵琶湖の北側に位置する湖北の町です。その昔、羽柴秀吉が始めて築城したことでも知られ、冬になると雪に覆われ真っ白になる伊吹山の雄大な景色が広がります。

その一角にある長濱蒸溜所は、クラフトビールの「長濱浪漫ビール」でも知られていますが、1年ほど前からウイスキーの醸造も始めました。アランビック型という銅製の小さなポットスチルで醸造されるウイスキー。還流構造が短く細いので、存在感のある味わいになります。

ニューメイクはこのポットスチルから誕生する

ウイスキーの醸造には、その土地の気候や水質が色濃く影響しますが、長濱は、特に冬季は時雨れる日が多く、寒冷。熟成庫も比較的湿度が高いため、ウイスキーを樽の中で熟成するのに適しています。また、霊峰伊吹山からの雪解け水にも恵まれていて、まさにウイスキーの聖地ともいえる場所なのです。

長濱蒸溜所ではシングルモルトを蒸留し、4種の蒸留新酒を限定生産。アルコール度はいずれも59度なのですが、ピートと呼ばれる泥炭を焚いて燻香をつけたものとつけていないものがあり、それぞれ風味が異なります。近年、主流になっているノンピーテッド(ピートを使っていないニューメイクも)魅力的ですが、「長濱ニューメイク ライトリーピーテッド」は、華やかな香りに加え、燻されたピートの柔らかな香気も楽しめます。

純真無垢だった頃を彷彿とさせる無色透明のニューメイク

無色透明の蒸留原酒「長濱ニューメイク」。蓋は木製のスクリュー式になっていて、正面には長濱蒸溜所を象徴するポットスチルのイラストが描かれています。軽やかに蓋を開けた途端華やかに広がるニューメイクの若々しい香り、樽詰される前の無色透明なウイスキーは、無垢だった頃の自分を彷彿とさせます。

より強く香りや味わいを楽しみたいならストレート、もしくはロックで。軽くグラスを回してから、麦芽の甘く華やかな香りと、西洋なしや青りんごのエステリー感、そして燻されたピート香が混ざり合った香りを吸い込みます。口に含んだら、そこで一気に喉に流し込まず、噛むようにモルトの甘みやピートの燻香を味わってみるのも大人のたしなみ方。かすかな苦味とともに、ほろ苦い思い出が脳裏をよぎります。

特に、ピートの量が多い「長濱ニューメイク ピーテッド」は、この方法で飲むに限ります。強烈なスモーク香がずっしりと口中に広がり、飲むというより噛んで味わう酒であり、一気に流し込むと喉が焼けてしまうのです。この他に「長濱ニューメイク」は、ハイボールにして、鬼ゆずやレモンピールなど柑橘類を少し添えても爽やかな風味を楽しめます。

秋の宵、熟成前のニューメイクをグラスに注ぎ、思い出に浸りながら酔いしれてみようではありませんか。

【長濱蒸溜所】
住所:〒526-0056 滋賀県長浜市朝日町14-1
TEL:0749-63-4300 FAX:0749-63-4301
URL:https://romanbeer.com/nagahama-distillery/

※「長濱ニューメイク」は、長濱蒸溜所の店頭、もしくはオンラインショップでも購入可能です。

取材・文/わたなべあや

【お知らせ】
『サライ』2017年12月号は「ウイスキー」の大特集です。「そもウイスキーとは」のおさらいはもちろん、全国の蒸溜所を巡る旅企画、日本屈指のバーテンダーによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。

※くわしくは上の表紙画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP