新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

【ゴン川野の極上道具探検隊】目に優しいハイエンドデジカメ ─ ソニー『RX100III』

コンパクトデジタルカメラの弱点、それは液晶モニターです。撮影するときも撮影後も小さいなモニターを注視します。明るい屋外では光が反射して見えにくくなります。それでは一眼レフはどうでしょうか。光学式ファインダーを備えているため、明るく見やすく屋外でもクリアーな画像が見られます。視度調節機能があるので、眼鏡を掛ける必要もありません。しかし、困るのは撮影後、画像の確認は液晶モニターなのでコンパクトデジカメと同じです。

これを解決したのが液晶ビューファインダー(EVF)。一眼レフと同様に明るい屋外でも見やすく、視度調節機能も装備しています。撮影後の画像の確認もできます。一眼レフよりも小型化が可能で、また、明るさや色合いを確認しながら撮れるので安心です。いいことずくめですが、コストが高いためミラーレスカメラの一部にしか採用されませんでした。それが、今回ソニーのハイエンドコンデジ『RX100III』に搭載されました。

ソニー『RX100III』(http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M3/)は同社の高画質モデルRXシリーズの人気モデルです。大型センサーとカールツァイスレンズにより、一眼レフに迫る画質を追求しています。特に『RX100III』は3回のモデルチェンジを重ね常に最新の機能を取り込んでいます。

S001

初搭載された「トゥルーファインダー」と名付けられたEVFです。高精細な有機EL液晶を採用。ツァイスT*コーティングにより見えやすさを向上させています。
S002

EVFはポップアップ方式とすることで、本体の小型化を維持しています。視度調節機能があるので、近眼や老眼に対応できます。
S003

液晶モニターはチルト式を採用して、180度反転できます。液晶をレンズ側に向けて自分を入れた記念撮影も簡単に撮れます。
S004

 

 

■次のページではEVFの実力をチェック!

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP