サライ.jp

コンパクトデジタルカメラの弱点、それは液晶モニターです。撮影するときも撮影後も小さいなモニターを注視します。明るい屋外では光が反射して見えにくくなります。それでは一眼レフはどうでしょうか。光学式ファインダーを備えているため、明るく見やすく屋外でもクリアーな画像が見られます。視度調節機能があるので、眼鏡を掛ける必要もありません。しかし、困るのは撮影後、画像の確認は液晶モニターなのでコンパクトデジカメと同じです。

これを解決したのが液晶ビューファインダー(EVF)。一眼レフと同様に明るい屋外でも見やすく、視度調節機能も装備しています。撮影後の画像の確認もできます。一眼レフよりも小型化が可能で、また、明るさや色合いを確認しながら撮れるので安心です。いいことずくめですが、コストが高いためミラーレスカメラの一部にしか採用されませんでした。それが、今回ソニーのハイエンドコンデジ『RX100III』に搭載されました。

ソニー『RX100III』(http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M3/)は同社の高画質モデルRXシリーズの人気モデルです。大型センサーとカールツァイスレンズにより、一眼レフに迫る画質を追求しています。特に『RX100III』は3回のモデルチェンジを重ね常に最新の機能を取り込んでいます。

S001

初搭載された「トゥルーファインダー」と名付けられたEVFです。高精細な有機EL液晶を採用。ツァイスT*コーティングにより見えやすさを向上させています。
S002

EVFはポップアップ方式とすることで、本体の小型化を維持しています。視度調節機能があるので、近眼や老眼に対応できます。
S003

液晶モニターはチルト式を採用して、180度反転できます。液晶をレンズ側に向けて自分を入れた記念撮影も簡単に撮れます。
S004

 

 

■次のページではEVFの実力をチェック!

1 2 3

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア