新着記事

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方(後編)

文/池上信次(ジャズ「プロ・リスナー」への道連載中)

 

前回ご説明したように、サブスクは音楽の聴き方を変えました。しかし弱点もないわけではありません。それは、サブスクには演奏者、作詞作曲者、録音年などのクレジット(文字情報)がほとんど存在しないことです。表示されるのは、アーティスト名と曲名だけ。とくにジャズ・ファンならこの意味はすぐにおわかりいただけると思います。ポップス以外の音楽、とくにジャズやクラシックにおいてはどんなメンバーがいつどこで録音したのか、曲の作者は誰かという「情報」こそが、鑑賞において絶対不可欠なのです。ジャズCDに必ずライナーノーツが付いているのは、そのためですね。聴取可能楽曲数は6500万ですから、お気に入りの音楽とも膨大に遭遇、嬉しい新発見が多々あることでしょう。しかし、それに出会うたびにデータを調べるのは、かなり面倒です。

ならば、ライナーノーツ付きのプレイリストを作ってしまおう、と生まれたのが、電子書籍『プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ』シリーズです(発売は小学館スクウェア)。これはその名の通り、サブスクでの「情報不足」を完璧に補完します。20曲のプレイリストとライナーノーツが連動した電子書籍!!Spotify、Amazon Music、Apple Music、Google Play Musicの4つの「サブスク」プラットフォームに対応しており、誌面のリンクをクリックするだけでアクセス可能、スマホで音楽を聴きながら解説が読めるという画期的コンテンツなのです(いずれかのサブスクと要契約)。QRコードも付いていますので、PCで閲覧しながら、スマホで聴くなんてスタイルもできてしまいます。

創刊号はジャズの帝王、マイルス・デイヴィスの名曲を集めた『プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ001/マイルス・デイヴィス絶対名曲20』。選曲と解説執筆は本サイトで「ジャズを聴く技術」を連載中の池上信次。ベストセラーとなった『後藤雅洋監修・ジャズ100年』シリーズの編集経験を生かした、ジャズ初心者にもわかりやすく、マニアにもきっと新しい発見がある内容になっています。リストの1曲目は代表作の「TUTU」かと思えば、それは空目で「TOTO」との共演(1曲だけ存在する)だったり、CDボックスセットだけに収録されていた曲があったりと、1曲ずつ聴けるというサブスクの特徴を生かし、また現在の視点も重視し、いわゆる「歴史的名盤」に偏らない選曲になっています。

今後もビル・エヴァンスやハービー・ハンコック、ボサノバ等の続刊が予定されています。いきなり6500万曲の大海に飛び込む前に、まずはこの便利な電子書籍を使ってサブスク音楽体験を始めてみてはいかがでしょうか。あなたの音楽生活が、驚くほど素敵に進化します!

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

 

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。先般、電子書籍『プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ001/マイルス・デイヴィス絶対名曲20 』(小学館スクウェア/https://shogakukan-square.jp/studio/jazz/)を上梓した。編集者としては、『後藤雅洋著/一生モノのジャズ・ヴォーカル名盤500』(小学館新書)、『小川隆夫著/伝説のライヴ・イン・ジャパン』、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)などを手がける。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。 ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャ…
  2. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年 ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジ…
  3. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日 あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 …
  4. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』 名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く…
  5. 渡辺香津美『MOBO』 1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズ…
PAGE TOP