新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は?

40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング
アイドル群雄割拠と言われている現代。アイドルと言えばグループアイドルが圧倒的だが、80年代のアイドルといえば、ソロで活躍している人たちが多かった。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )では80年代に青春を過ごした40歳以上の男女1,328名の方々に「応援していた80年代アイドルは?」というアンケートを行った。興味深い結果をご紹介しよう。

* * *

■40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング

第1位:中森明菜

「歌唱力、スタイルがよく美しい」
「衣装、歌い方が独創的だった」
「歌が抜群に上手だったし、髪型もお洒落だったので好きでした」
「デビュー当時のコンサートでバイトしていてファンになった」

2010年に芸能活動を休止後、2014年に紅白歌合戦で久々に姿を見せた中森明菜だったが、その後はテレビにはあまり出演していない。今、最も復活が期待されるアイドルと言っても過言ではないだろう。

第2位:小泉今日子

「なんてたってアイドルでしょ? 加齢を跳ね飛ばしてがんばってね アイドルは永遠です」
「スター誕生の時から可愛い人でした。デビュー曲の「私の16歳」はよく歌ってました」
「TVドラマ「愛し合ってるかい」から応援しています。学園天国とかよかった」
「80年代のアイドルといえばキョンキョンでしょう!!」
「かっこいいし、かわいいし、最高でした」

アイドルが自ら「なんてったってアイドル」という曲を歌うという、今でいうなら破天荒アイドルだったキョンキョン。現在は女優としても活躍中。

第3位:中山美穂

「『毎度おさわがせします』のデビューは衝撃的でした」
「『世界中の誰よりきっと』の歌が好き」
「今でも頑張っていますよね。チョット不器用な頑張り感が良いですね」

「ミポリン」の愛称も懐かしい中山美穂。全国の「みほ」さんは、必ず1回はミポリン、と呼ばれていたはずである。

第4位:松田聖子

「作詞・作曲のクオリティが高かった」
「やっぱり当時のアイドルの中でも松田聖子は別格だったのでは」
「いつも、口ずさんでいた」
「子供の頃いつもまねしていた」
「初めてのレコード購入が聖子ちゃん」
「永遠のアイドル」

聖子ちゃんカットと呼ばれるヘアスタイルも一世を風靡。今でも現役のアイドル感は凄い、の一言。

第5位:薬師丸ひろ子

「高校生の頃、こんなかわいい子がいるのかと思いました」
「セーラー服と機関銃が好きでよくカラオケで歌います」
「清楚でかわいらしく歌も演技もうまかった」
「今でも大好き。若い頃はあまりに可愛過ぎた」

「カ・イ・カ・ン」のセリフで大人気だった「セーラー服と機関銃」は、テレビや映画で何度もリメイクされている。まさにアイドル映画の金字塔だ。

【6位以下はこちら】
6位 南野陽子
7位 原田知世
8位 おニャン子クラブ
9位 Wink
10位 浅香唯

* * *

いかがだっただろうか。好きなアイドルのポスターを天井に貼って、毎晩寝るときに見つめ合っていた、という人も多かったのではないか。好きだったアイドルはランクインしていただろうか?

調査方法:40~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:1,328名
調査日:2018年7月14日
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP