新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

稀代の技巧派ピアニストが弾く独創的なモンポウ『ヴォロドス・プレイズ・モンポウ』【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

今年没後30年を迎えた作曲家フェデリコ・モンポウは、スペインのカタルーニャ地方の首都バルセロナの出身で、静謐なピアノ小品を多く書いたことで知られる。

1972年サンクトペテルブルクに生まれ、ロシアの巨匠の流れをひくピアニスト、アルカディ・ヴォロドスが『ヴォロドス・プレイズ・モンポウ』を録音したのは意外な気がしたが、聴いてみてあまりの素晴らしさに驚いた。

モンポウの従来のイメージは淡い水彩画のような世界だが、それだけではない。ギラッとした強烈な輝きや不吉な闇がある。スケールの大きな、遠近感のある、独創的なピアノ曲。稀代の技巧派でありロマン派の香りを伝える濃厚なピアニズムだからこそなしえた優れた解釈だ。

「私にとって音楽は細い山道のようなものである。芸術とは原初への回帰である」というモンポウの言葉が紹介された解説も、読み応えがある。(試聴はこちらから

【今日の一枚】
ヴォロドス・プレイズ・モンポウ
アルカディ・ヴォロドス(ピアノ)
2012年録音
発売/ソニーミュージック
商品番号/SICC-30433
販売価格/2500円

写真・文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2017年10月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【…
  2. プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑…
  3. カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするよう…
  4. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  5. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
PAGE TOP