新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

英国の宣教師が日本の山の美しさを讃えたことば【漱石と明治人のことば223】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「谷間の空気は清く澄んで、どの木の葉にもダイヤモンドのような朝露がきらめいていた」
--ウォルター・ウェストン

英国聖公会の宣教師ウォルター・ウェストンが初めて日本の土を踏んだのは、明治21年(1888)27歳のときだった。もちろん宣教師としての伝導が仕事であったが、学生時代から登山を趣味としてヨーロッパの山々を登っていたウェストンは、日本の山にも自ずと心ひかれるものがあった。

明治28年(1895)まで足かけ8年の滞在の中で、富士山や槍ヶ岳、浅間山、穂高岳、常念岳、乗鞍岳、御嶽山、木曽駒ヶ岳など、多くの山を登った。そして、帰国の翌年、ロンドンで出版したのが『日本アルプスの登山と探検』。これが、日本の山々の雄大さや森の豊かさを世界に紹介する初めての本となった。

掲出のことばは、二度目の槍ヶ岳登山の出発の朝、島々谷に入ってゆくときの美しい情景を綴ったもので、あとにこんな一節がつづく。

「頭上には高々と聳える松の木の甘い香り、足下の渓流の遠い瀬音、見おぼえのある渓谷の高い山の上に小さな天蓋をのぞかせている紺碧の空、こういうものを見ると、生きていることが嬉しくなってくる」

「生」の喜びにまでつながる山歩き、森歩きの楽しさが、清冽感ととにも伝わってくる。

日本の山々の魅力は、よほど彼の心をとらえたのだろう。

その後、母国で結婚したウェストンは、明治35年(1902)に妻をともなって再び来日。2年間滞在し、このときも繰り返し登山を楽しんだ。さらに、ウェストン夫妻は明治44年(1911)にも来日を果たす。そうして大正4年(1915)の帰国までの間に、ウェストンは相変わらず山登りへの衰えぬ情熱を発揮してみせるのである。

ウェストンと交流のあった登山家の松方三郎(のちの日本山岳会長)は、ウェストンについてこんな談話を残している。

「ウェストンは一面実に頑固なおやじだった。一度思い込んだ事は、雪崩が出ようが、雷が落ちようが、容易には変えない人だった。同時に又、一度心を許した相手に対しては、生涯その信頼を捨てる事がなかった。しかしこの『いっこく』さの底には世にも温かい心情と、抜くべからざる正義感とがあった」

日本人に先駆けて日本の山々の魅力を発見し愛しつづけたウェストンの、堅固にして温かな人柄が偲ばれる。

今日8月11日は「山の日」である。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP