新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

大人に似合う美しきオープンスポーツ!「マツダ ロードスター RF」で早春の伊豆へ【後編】

文・写真/青山尚暉

前編はこちら

スイッチひとつでわずか13秒で開閉できる電動「リトラクタブルハードトップ」を採用し、美しいクーペと爽快なライトウェイトオープンスポーツのどちらも楽しめる「ロードスター RF」を駆って訪れた、初春の伊豆半島。

最初は流麗なクーペスタイルで東名高速道路を疾走し、ハードトップを開け放っては、空と一体になって伊豆半島の山道を駆けめぐり、そして伊豆河津温泉郷の谷津温泉にある明治6年創業の名旅館『離れ家 石田屋』に立ち寄ったあとは、海沿いの道を進み、今回のドライブの目的地である『今井浜 東急ホテル』へと向かった。

そしていよいよ今井浜に到着! 和の老舗旅館にお似合いだった「ロードスター RF」は、老舗リゾートホテルのエントランスに乗り付けるのにもぴったり。美しさと実用性を兼ね備えた、大人のクルマであることを実感した。

翌朝、伊豆の海を琥珀色に照らす朝陽をホテルの客室から眺めていると、ボクの中で若かりしころのロードスターとの思い出が走馬灯のように駆けめぐってきた。そして今、「ロードスター RF」を当時とほとんど変わらない風景の同じ伊豆の道でドライブできる幸せが込み上げてきたのだった。

ホテルをチェックアウトすると、往路乗ってきたVSの6ATではなく、RSの6MTに乗り込んで、横浜への帰路についた。

往路は東名高速道路沼津ICから伊豆半島を一気に南下したが、復路は「ロードスターRF」にうってつけの山道やワインディングロードが続き、めくるめくスポーツドライビングが楽しめる伊豆スカイライン~マツダ ターンパイク箱根~小田原厚木道路を経由して横浜を目指すルートを選択した。

「ロードスター RF」をドライブして感動したのは、ペダル配置の自然さだ。足を伸ばせばまっすぐそこにペダルがある。当たり前のようだが、そうしたレイアウトや運転姿勢にまでこだわるクルマは、意外に少ないのである。

加えて6MTのクラッチの操作性の良さがある。軽い、重いというより、左足の操作力、ミートポイントが実に自然。だから腰回り、左右の足が疲れにくいのだ。

実際、「ロードスター RF」 RSの6MTを走らせた帰路、およそ180キロの行程を1人で運転したのだが、途中の渋滞を経験してもまったく疲れを感じなかった。「スポーツカーは運転して疲れる」という俗説は、この「ロードスター RF」には通用しない。もちろん、ショートストロークが気持ちよく確実に決まるシフトフィールも、文句なしのタッチと言える。

「ロードスター RF」は、初代ロードスターに熱狂したボクのような年代の人、これまでオープンスポーツをあきらめていた人にもぜひ乗っていただきたい、大人に似合う、格別に美しいクルマだ。そのことを、復路でも今一度強く実感したのである。

さて、伊豆への往復で「ロードスター RF」楽しみ尽くしたボクだが、個人的に気に入ったのは、VSの6ATである。何よりも走り全体が軽やかで扱いやすく、乗り心地にしても俄然しなやかだからだ。

ロードスターと言えばMTで乗るもの、というイメージが、一般的には根付いているが、このRFと6ATの組み合わせは、ゆったり流しても、スポーティーに走っても秀逸。パドルシフトも備わり、シフトアップ、シフトダウンの気持ち良ささえ味わえた。一方、専用サスペンションを持つRSは、イケイケなスポーツ度、ハード目の乗り味が際立つ仕様だった。

今から28年前の1989年当時、初代ロードスターに熱狂し、国内最高峰のワインディングロードを抱く伊豆スカイラインを走りたいがために伊豆へのドライブを重ねたボクも、今ではシニアと呼ばれる世代になった。でも、人間が歳を重ねるように、1台のクルマ、ロードスターもまた、30年近く進化し、存在し続けている。この事実は、国産スポーツカーとして驚異的なことである(だから世界中に多くのファンがいて、同好者のクラブが存在するのだ)。

タイトなコクピットに身を沈め、ピタリと決まるドライビングポジションに満足しつつステアリングを握る。爽快痛快なドライブを楽しんだら、リトラクタブルハードトップを開け、澄み渡った大きな空を見上げる。そうすれば、若かりしころの自由と夢と希望に溢(あふ)れていた自分に戻れるようだ。

出会ったころ、初代RX-7のMTに乗っていたカミサンと、今では夫婦2人っきりになったわが家にも、「ロードスター RF」はぴったりだ。「もう一度、スポーツカーに乗りたい、オープンカーに乗りたい」と思わせるクルマ。最新先鋭のテクノロジーとデザインに裏打ちされた「マツダ ロードスター RF」からは、そんな強い印象を感じた。

【マツダ ロードスターRF RS】
■全長3,915×全幅1,735×全高1,245mm、ホイールベース2,310mm
■エンジン/1,997cc 158ps/6,000rpm 20.4kg-m/4,600rpm
■使用燃料/無鉛プレミアムガソリン
■最小回転半径/4.7m
■トランスミッション /スカイアクティブ6MT
■価格/373.68万円(税込み)

【伊豆今井浜 東急ホテル】
■住所/静岡県賀茂郡 河津町見高今井35-1
■電話/0558-32-0109
チェックイン14時(ホテル直接予約の場合)/チェックアウト11時
■1室2名利用、1泊2食付きひとり2万1600円~(プランによって異なります)。全134室。
https://www.imaihama-h.tokyuhotels.co.jp/ja/index.html

文・写真/青山尚暉(あおやま・なおき)
モータージャーナリスト/ドッグライフプロデューサー。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。自動車の試乗レポートを専門誌、一般紙、webに寄稿するとともに、ドッグライフプロデューサーとして小学館「PETomorrow」などで快適安全な「わんこと行くクルマ旅」を提案中。

痛快な“人馬一体感”に思わず頬がゆるむ!「マツダ ロードスター RF」で早春の伊豆へ【前編】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 痛快な“人馬一体感”に思わず頬がゆるむ!「マツダ ロードスター …
  2. 限定300台!遊び心ある洒落た大人のフォルクスワーゲン「ハッシュ…
  3. 運転中の姿勢を保ち体の疲れを軽減!姿勢をケアするドライブシート「…
  4. 燃費と環境性能だけではない!ディーゼルの概念を覆す「マセラティ …
  5. 自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ …
PAGE TOP