さて、では解答をお教えしましょう!

【クイズ1】
江戸時代本丸御殿は、大きく三つに分かれていました。一番奥は、数多くの女性が暮らす「大奥」で、その手前は将軍が日常生活を送る「中奥」です。では、将軍が謁見したり政務をつかさどったりする、一番手前の部分を何というでしょう?

(い)表
(ろ)応接
(は)執務
(に)客間

正解:(い)
解説:表は幕府の中央政庁にあたり、外国使節との謁見や年始・五節句などのさまざまな儀式が行われた。

【クイズ2】
江戸城の大奥は、将軍の執務空間である中奥とは厳重な塀で隔離されていました。将軍は大奥と中奥との間に渡された廊下を通って往き来しましたが、この廊下を何と呼ぶでしょう?

(い)御伽廊下
(ろ)御鈴廊下
(は)御留廊下
(に)御成廊下

正解:(ろ)
解説:中奥と大奥は上御鈴廊下と下御鈴廊下の2本(古くは1本)で結ばれていた。その間は塀で仕切られ、将軍が大奥に入る時は御錠口の杉戸の下で御小姓が、中奥に戻る時は御鈴番所の大奥女中が鈴を鳴らして知らせたという。

【クイズ3】
万延元年(1860)に、大老の井伊直弼は江戸城桜田門外で水戸・薩摩藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。では、2年後の文久2年(1862)に、老中の安藤信正が尊王攘夷派の浪士に襲撃されたのは、どの門の外でしょう?

(い)大手門
(ろ)坂下門
(は)半蔵門
(に)平川門

正解:(ろ)
解説:公武合体を進めた安藤信正は、孝明天皇の妹和宮を14代将軍家茂の正室として降嫁させた。これに反発した尊王攘夷派の水戸浪士らは、婚儀直前に坂下門外の屋敷から登城する信正を襲撃。信正は負傷を負うも、坂下門に逃げ込んで一命を取りとめた。

【クイズ4】
江戸城の天守は、ある大火で焼失したのちは、再建されませんでした。その大火はどれでしょう?

(い)明暦3年(1657)の「明暦の大火」
(ろ)天和2年(1682)の「天和の大火」
(は)明和9年(1772)の「目黒行人坂の大火」
(に)文化3年(1806)の「丙寅の大火」

正解:(い)
解説:明暦3年1月18日に本郷から出火し、翌日未明にいったん鎮火したが、昼前に小石川から新たに出火。火は江戸城へ迫り、本丸・二の丸・三の丸から大名小路の諸屋敷を消失させた。その後、財政難を理由に、天守が再建されることはなかった。

何問正解できましたか? 全問正解できた方は、江戸城通!

※問題の出典:『江戸吟味問答控 第1回江戸文化歴史検定 出題問題公式解説集』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)
1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店