新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

高血圧、動脈硬化、認知症を予防! 1分間「正座」するだけで血管を強くする究極の健康法

文/鈴木拓也

正座するだけで「血管力」を高める超シンプルな健康法|『血管を強くする1分正座』

■日本人の死亡原因の上位を占める「血管の病気」

厚生労働省の統計によれば、日本人の死亡原因の1位はがんで、2位は心疾患、そして3位が脳血管疾患となっている。

2位と3位は血管の病気であり、いかに多くの日本人が血管の問題を抱えているかがよくわかる。そのため、世の中では「血液をサラサラにする食生活」「毛細血管をケアする方法」など、血液や血管の状態を改善するという様々な方法が出回っている。

そうした方法とは異なる視点から、「血管力」を高める方法を提唱するのは、「実年齢は57歳、血管年齢は28歳」という、池谷医院の池谷敏郎院長だ。
池谷院長の言う「血管力」とは、「血管全体がしなやかであること」と「血管の内側がなめらかで、血液をスムーズに循環させられること」の2点。この条件を満たしてこそ、血管が健康であるという。

■手足の冷えなどは「血管力」低下の恐れあり

池谷院長の著書『血管を強くする1分正座』では、血管力の高低が判定できる簡単なテストがある。下記のいくつかが当てはまるだろうか?

□朝起きるのがつらい
□しっかり睡眠をとっても1日中体がだるい
□首や肩の凝りがひどい
□手足が冷えている
□歩くのが遅くなった
□足がむくむ

当てはまる項目が多いほど、血管力は低くなっている恐れがある。つまり、すみずみの細胞まで血流(栄養)が行き渡らず、疲労物質なども回収してもらえていない状況。また、「歩くのが遅くなった」は、足腰の筋力の衰えというより、もしかすると「狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患が隠れている」可能性もあるという。
だが、「血管力は、いくつになっても高めることは可能」だと池谷院長は語る。それが本書で解説されている「1分正座」だ。

■1分間の正座で血管力が高まる

「1分正座」とは、文字通り「1分間、正座をする」こと。1日に何回かこれをするだけで、血管力が改善されてゆくという。
ただ、加齢によって体が硬くなっている人は、以下の「ほぐし正座」から始めよう。

1. 椅子や座布団などの段差を利用して、足が浮くように正座をする。足先を解放することで、体が硬い人でも行いやすくなる。上半身の重みを利用して、脚の血管に圧を加える。
2. 1分経過したら正座をやめる。

「ほぐし正座」の体勢(本書71pより)「ほぐし正座」の体勢(本書71pより)

また、サライ世代に多い膝痛がある人は、以下の「立って血管マッサージ」を行う。正座と同じ効果を得られ、変形性膝関節症を予防し、変形した膝の改善にも役立つという。

1. 机や手すりで体を支えながら、右脚を持ち上げてかかとを浮かせる。脚をまっすぐ伸ばし、つま先をできるだけ顔のほうへ向ける。30秒~1分間キープしたら脚を下ろす。
2. 左側も同様に、朝昼晩の3回行う。膝をガードする筋肉が鍛えられるので、膝痛も改善される。

「立って血管マッサージ」の体勢「立って血管マッサージ」の体勢(本書76pより)

■血管内壁から出る一酸化窒素がカギ

ところで、なぜ正座というシンプルな方法で血管力が高まるのだろうか?
そのキーワードは「一酸化窒素(NO)」だという。

池谷院長によれば、NOは血管の内側の壁から分泌されるもので、「血管を押し広げて、血流をよくする」「傷ついた血管を修復する」はたらきがあるという。つまり、NOは血管力をアップさせる立役者というわけだ。

ただし、NOはのべつまくなしに分泌されるわけでなく、血流が勢いよく流れているタイミングで分泌される。なので、「手を強く握ってパッと開く」だけでもNOは分泌される。握ることで一時的に抑制された血流が、開くことで一気に解放されるからだ。

正座も同じ原理で、「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの部分を上半身が圧迫し、そこの血流を抑制。1分して立ち上がると、せき止められていた血流が一気に流れ、これに伴いNOも分泌されて全身を巡る。これが、池谷院長が正座をすすめる理由だ。
本書には1分正座の「4週間プログラム」が載っており、食べ方の工夫など血管力を向上させる別の方法についてもページが割かれている。手軽に血管をケアしたい方は、取り組まれてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『血管を強くする1分正座』

https://books.shopro.co.jp/?contents=9784796877770

(池谷敏郎著、本体1200円+税、小学館集英社プロダクション)

『血管を強くする1分正座』
文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP