新着記事

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと今年は特にその傾向が強いですね。また、新生活に伴う環境の変化もあり、体調を崩しやすい季節でもあります。体調を整えるためには、人間の体に元々備わっている、免疫機能を高める必要があります。免疫力を高めるには「たんぱく質」の摂取が有効です。

キューサイ株式会社がそんな「たんぱく質」について首都圏に住む20代~50代の女性600名を対象に調査を行ないました。日々の健康のために、有効なたんぱく質の摂取方法をしっかり見ていきましょう。

たんぱく質=筋肉づくりの時代は終了、新たなブームの兆し!

普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素について(キューサイ調べ)

普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素について(キューサイ調べ)

近年、「たんぱく質(=プロテイン)」は、筋肉を作る栄養素として注目されていますが、「普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素」について聞いたところ(表1)、1位「ビタミン(45.0%)」、2位「食物繊維(44.3%)」に続き、3位が「たんぱく質(41.2%)」という結果となりました。特に健康に対して情報感度の高い女性の場合は、順位は同じであるものの、「たんぱく質」の割合が51.7%と高く、2人に1人が普段から意識して「たんぱく質」を摂取していることが分かりました。

たんぱく質を摂りたい理由について(キューサイ調べ)

たんぱく質を摂りたい理由について(キューサイ調べ)

『たんぱく質を摂りたい理由』の調査では、健康や美容を目的とした理由が上位を占めています。アスリート=プロテインという印象が薄れ、「たんぱく質」は健康や免疫力の向上に欠かせない栄養素としての認識が高まっていることがわかりますね。

「たんぱく質」を摂るのは難しい!?

一方で、美容や健康への情報感度が高い女性でも約70%が「たんぱく質を摂るのは大変」だと感じている結果も出ています。

たんぱく質を摂るのは大変だと思うか?(情報感度の高い女性の場合)(キューサイ調べ)

たんぱく質を摂るのは大変だと思うか?(情報感度の高い女性の場合)(キューサイ調べ)

理由としては、脂質やカロリーが気になったり、食べ過ぎてしまうことなどが挙げられています。肉や魚、牛乳、卵、大豆などからたんぱく質を摂取しようとすると、脂質やコレステロールなど余分なものも同じく摂取することになり、悩ましい問題でもありますね。
また、「何から摂れば良いのか分からない」、「自分に何のたんぱく質が足りていないのか分からない」という理由も3位、4位に挙げられており、たんぱく質の重要性はわかっているけれど、そもそもたんぱく質の上手な摂り方が分からないという人が多いことも結果として出てきました。

たんぱく質をどの食品から摂るようにしているか(キューサイ調べ)

たんぱく質をどの食品から摂るようにしているか(キューサイ調べ)

「たんぱく質を摂る場合、どの食品から摂るようにしているか」を聞いたところ、1位は「肉・魚・卵・牛乳などの動物性たんぱく質(28.5%)」、2位「特に意識していない(26.7%)」、3位「植物性も動物性もどちらも積極的に摂るようにしている(24.3%)」という結果が出ました。筋肉ブームの影響から、動物性たんぱく質の印象が未だ強いのかもしれないですね。

植物性、動物性たんぱく質のダブル摂取が効果大

大豆や小麦、ブロッコリーなど植物から摂ることができるたんぱく質のことを<植物性たんぱく質>と呼び、肉や魚、牛乳など動物から摂ることができるたんぱく質のことを<動物性たんぱく質>と呼んでいます。このような基本的な情報を提示した上で「たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか」を聞いたところ、74.5%もの人が「植物性も動物性も両方を摂るようにしたい」と回答しました。正確な知識が広がれば、今後はどちらも摂取するという選択をする人が増えてくると予想されます。

たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか(キューサイ調べ)

たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか(キューサイ調べ)

神奈川工科大学 応用バイオ科学部栄養生命科学科 非常勤講師 佐々木 一先生によると、「<植物性たんぱく質>である大豆たんぱく質は、美容に嬉しいイソフラボンや食物繊維も一緒に摂れます。最新の研究では、動物性たんぱく質と一緒に摂ると筋委縮を抑える働きが確認されています。<動物性たんぱく質>であるホエイたんぱく質やカゼインたんぱく質は、体内で作ることができない必須アミノ酸がバランス良く含まれており、筋肉合成を活性化するロイシンも含んでいます。特にホエイたんぱく質は、サルコペニアの原因となる炎症を抑制することで、筋肉の再合成をサポートしてくれます」と話されている通り、<植物性たんぱく質>と<動物性たんぱく質>は一緒に摂ることで、相乗効果が生まれ、健康な体作りがしやすくなるのです。
お肉や魚料理に合わせて、大豆やお豆腐、旬のアスパラガスなどを組み合わせて、ぜひ植物性、動物性たんぱく質のダブル摂取を心がけてみてください。効率的に摂取するには、サプリなどの活用も有効ですよ。

春は体調が不安定になりやすい季節。日々の食事からたんぱく質を始めとした栄養分を体に行き渡らせて、免疫力を上げていきましょう。免疫力のバリアーが不調を軽くはねのけてくれるはずですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5人に1人が毎日何度も食べている「ヨーグルト」で免疫力アップ
  2. 50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと
  3. 免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」! 免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー
PAGE TOP