新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

取材・文/末原美裕

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと今年は特にその傾向が強いですね。また、新生活に伴う環境の変化もあり、体調を崩しやすい季節でもあります。体調を整えるためには、人間の体に元々備わっている、免疫機能を高める必要があります。免疫力を高めるには「たんぱく質」の摂取が有効です。

キューサイ株式会社がそんな「たんぱく質」について首都圏に住む20代~50代の女性600名を対象に調査を行ないました。日々の健康のために、有効なたんぱく質の摂取方法をしっかり見ていきましょう。

たんぱく質=筋肉づくりの時代は終了、新たなブームの兆し!

普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素について(キューサイ調べ)

普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素について(キューサイ調べ)

近年、「たんぱく質(=プロテイン)」は、筋肉を作る栄養素として注目されていますが、「普段の食事で意識して摂るようにしている栄養素」について聞いたところ(表1)、1位「ビタミン(45.0%)」、2位「食物繊維(44.3%)」に続き、3位が「たんぱく質(41.2%)」という結果となりました。特に健康に対して情報感度の高い女性の場合は、順位は同じであるものの、「たんぱく質」の割合が51.7%と高く、2人に1人が普段から意識して「たんぱく質」を摂取していることが分かりました。

たんぱく質を摂りたい理由について(キューサイ調べ)

たんぱく質を摂りたい理由について(キューサイ調べ)

『たんぱく質を摂りたい理由』の調査では、健康や美容を目的とした理由が上位を占めています。アスリート=プロテインという印象が薄れ、「たんぱく質」は健康や免疫力の向上に欠かせない栄養素としての認識が高まっていることがわかりますね。

「たんぱく質」を摂るのは難しい!?

一方で、美容や健康への情報感度が高い女性でも約70%が「たんぱく質を摂るのは大変」だと感じている結果も出ています。

たんぱく質を摂るのは大変だと思うか?(情報感度の高い女性の場合)(キューサイ調べ)

たんぱく質を摂るのは大変だと思うか?(情報感度の高い女性の場合)(キューサイ調べ)

理由としては、脂質やカロリーが気になったり、食べ過ぎてしまうことなどが挙げられています。肉や魚、牛乳、卵、大豆などからたんぱく質を摂取しようとすると、脂質やコレステロールなど余分なものも同じく摂取することになり、悩ましい問題でもありますね。
また、「何から摂れば良いのか分からない」、「自分に何のたんぱく質が足りていないのか分からない」という理由も3位、4位に挙げられており、たんぱく質の重要性はわかっているけれど、そもそもたんぱく質の上手な摂り方が分からないという人が多いことも結果として出てきました。

たんぱく質をどの食品から摂るようにしているか(キューサイ調べ)

たんぱく質をどの食品から摂るようにしているか(キューサイ調べ)

「たんぱく質を摂る場合、どの食品から摂るようにしているか」を聞いたところ、1位は「肉・魚・卵・牛乳などの動物性たんぱく質(28.5%)」、2位「特に意識していない(26.7%)」、3位「植物性も動物性もどちらも積極的に摂るようにしている(24.3%)」という結果が出ました。筋肉ブームの影響から、動物性たんぱく質の印象が未だ強いのかもしれないですね。

植物性、動物性たんぱく質のダブル摂取が効果大

大豆や小麦、ブロッコリーなど植物から摂ることができるたんぱく質のことを<植物性たんぱく質>と呼び、肉や魚、牛乳など動物から摂ることができるたんぱく質のことを<動物性たんぱく質>と呼んでいます。このような基本的な情報を提示した上で「たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか」を聞いたところ、74.5%もの人が「植物性も動物性も両方を摂るようにしたい」と回答しました。正確な知識が広がれば、今後はどちらも摂取するという選択をする人が増えてくると予想されます。

たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか(キューサイ調べ)

たんぱく質をどう摂取するのが理想的だと思うか(キューサイ調べ)

神奈川工科大学 応用バイオ科学部栄養生命科学科 非常勤講師 佐々木 一先生によると、「<植物性たんぱく質>である大豆たんぱく質は、美容に嬉しいイソフラボンや食物繊維も一緒に摂れます。最新の研究では、動物性たんぱく質と一緒に摂ると筋委縮を抑える働きが確認されています。<動物性たんぱく質>であるホエイたんぱく質やカゼインたんぱく質は、体内で作ることができない必須アミノ酸がバランス良く含まれており、筋肉合成を活性化するロイシンも含んでいます。特にホエイたんぱく質は、サルコペニアの原因となる炎症を抑制することで、筋肉の再合成をサポートしてくれます」と話されている通り、<植物性たんぱく質>と<動物性たんぱく質>は一緒に摂ることで、相乗効果が生まれ、健康な体作りがしやすくなるのです。
お肉や魚料理に合わせて、大豆やお豆腐、旬のアスパラガスなどを組み合わせて、ぜひ植物性、動物性たんぱく質のダブル摂取を心がけてみてください。効率的に摂取するには、サプリなどの活用も有効ですよ。

春は体調が不安定になりやすい季節。日々の食事からたんぱく質を始めとした栄養分を体に行き渡らせて、免疫力を上げていきましょう。免疫力のバリアーが不調を軽くはねのけてくれるはずですよ。

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP