新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ゆっくり上下に動かすだけ!かかとの関節をほぐす簡単ストレッチ

文/鈴木拓也

「階段の昇り降りや、少しの段差が怖い」

「坂道を歩いていると、足やひざに痛みを感じるようになった」

といった、高齢世代によくみられる歩行にまつわるトラブル。

これを「年だから仕方ない」と諦めていないだろうか?

あるいは、ウォーキングを頑張って症状を解消しようとしていないだろうか?

ここで、普段履いている靴のかかと部分をちょっと見てほしい。

普段履いている靴のかかの減り具合をチェック

上の図のように、もし、かかとの外側あるいは内側だけが大きく減っていれば、トラブルの素因は「かかとの歪み」にある可能性が大。そう唱えるのは、ボディケアサロン「日本橋人形町BodySign」の宮本晋次院長だ。

宮本院長は、「ほとんどの方のかかとは、日頃の立ち方や歩き方などの生活習慣や筋力の低下などが原因で歪んでいる」とし、それが靴のかかとの減り具合に反映されるのだという。

かかとの歪みが悪化すると、体重をかけるたびに足首の奥が痛むようになり、歩くことが苦痛になる。そのまま歩かないでいると、今度は筋力が低下してさらに歩けなくなるという、負のスパイラルに落ち込むリスクがある。

それに対し、宮本院長は、このかかとの歪みは1日5分の「かかとストレッチ」を日々続けることで解消できるとも。その方法を写真入りで解説したのが、著書の『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』(アスコム)だ。

本書では、「アキレス腱、足裏をさすって温める」から「足首の屈伸で足の筋力低下を予防する」の5つのステップに沿ったストレッチメソッドか掲載されている。よくある健康法と違って、面倒臭さはほぼゼロ。なので、容易に習慣化できるのもメリットだ。

例えば、ステップ2の「凝り固まったかかとの関節をほぐす」だと、以下のとおり。

ゆっくりと上下にかかとの関節を動かす

右手で押さえた足首を固定して動かさないようにしながら、左手でつかんだかかとの骨を上下に10回動かす。

ブルブルと小刻みにかかとの関節を動かす

次に、左手でつかんだかかとの骨をブルブルと振動させながら、小刻みに上下に10回動かす。

手の添え方に若干のコツは要るものの(本書内で別途解説あり)、それさえ把握してしまえば、あとはラク。行う時間帯に決まりはないので、ちょっと隙間時間ができたときに、椅子に座って実施するとよいだろう。

体験者の方々の声を読むと、坐骨神経痛、股関節痛、外反母趾が改善して楽に歩けるようになるなど、効果の大きさに驚かされる。また、悪姿勢や血流の問題からくる肩こり、頭痛、足先の冷えから、便秘やウオノメの解消も期待できるという。

これまでそうした症状に悩み、いろいろやってみたけどダメだった方は、もしかすると盲点であった「かかと」が歪んでいるのかもしれない。もしそうなら、本書を読まれて各ストレッチをトライしてみてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』
http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0981-2.html
(宮本晋次著、佐々木政幸監修、本体1,100円+税、アスコム)

文/鈴木拓也
翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP