新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ゆっくり上下に動かすだけ!かかとの関節をほぐす簡単ストレッチ

文/鈴木拓也

「階段の昇り降りや、少しの段差が怖い」

「坂道を歩いていると、足やひざに痛みを感じるようになった」

といった、高齢世代によくみられる歩行にまつわるトラブル。

これを「年だから仕方ない」と諦めていないだろうか?

あるいは、ウォーキングを頑張って症状を解消しようとしていないだろうか?

ここで、普段履いている靴のかかと部分をちょっと見てほしい。

普段履いている靴のかかの減り具合をチェック

上の図のように、もし、かかとの外側あるいは内側だけが大きく減っていれば、トラブルの素因は「かかとの歪み」にある可能性が大。そう唱えるのは、ボディケアサロン「日本橋人形町BodySign」の宮本晋次院長だ。

宮本院長は、「ほとんどの方のかかとは、日頃の立ち方や歩き方などの生活習慣や筋力の低下などが原因で歪んでいる」とし、それが靴のかかとの減り具合に反映されるのだという。

かかとの歪みが悪化すると、体重をかけるたびに足首の奥が痛むようになり、歩くことが苦痛になる。そのまま歩かないでいると、今度は筋力が低下してさらに歩けなくなるという、負のスパイラルに落ち込むリスクがある。

それに対し、宮本院長は、このかかとの歪みは1日5分の「かかとストレッチ」を日々続けることで解消できるとも。その方法を写真入りで解説したのが、著書の『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』(アスコム)だ。

本書では、「アキレス腱、足裏をさすって温める」から「足首の屈伸で足の筋力低下を予防する」の5つのステップに沿ったストレッチメソッドか掲載されている。よくある健康法と違って、面倒臭さはほぼゼロ。なので、容易に習慣化できるのもメリットだ。

例えば、ステップ2の「凝り固まったかかとの関節をほぐす」だと、以下のとおり。

ゆっくりと上下にかかとの関節を動かす

右手で押さえた足首を固定して動かさないようにしながら、左手でつかんだかかとの骨を上下に10回動かす。

ブルブルと小刻みにかかとの関節を動かす

次に、左手でつかんだかかとの骨をブルブルと振動させながら、小刻みに上下に10回動かす。

手の添え方に若干のコツは要るものの(本書内で別途解説あり)、それさえ把握してしまえば、あとはラク。行う時間帯に決まりはないので、ちょっと隙間時間ができたときに、椅子に座って実施するとよいだろう。

体験者の方々の声を読むと、坐骨神経痛、股関節痛、外反母趾が改善して楽に歩けるようになるなど、効果の大きさに驚かされる。また、悪姿勢や血流の問題からくる肩こり、頭痛、足先の冷えから、便秘やウオノメの解消も期待できるという。

これまでそうした症状に悩み、いろいろやってみたけどダメだった方は、もしかすると盲点であった「かかと」が歪んでいるのかもしれない。もしそうなら、本書を読まれて各ストレッチをトライしてみてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
『歩けなくなるのがイヤならかかとを整えなさい』
http://www.ascom-inc.jp/books/detail/978-4-7762-0981-2.html
(宮本晋次著、佐々木政幸監修、本体1,100円+税、アスコム)

文/鈴木拓也
翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP