新着記事

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

遠近が瞬時に切り替わる遠近両用メガネ「TouchFocus」に編集長も驚いた

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

毎月『サライ』の発売日にあわせてサライプレミアム倶楽部の皆さんにお送りしているメールマガジンでは、毎回、私の「編集後記」的な一文を載せている(読んでみたいという方はぜひ会員登録を!が、去る10月10日配信のメルマガにも書かせてもらったとおり、いま私が困っているのが「老眼」である。

遠近両用のメガネを作ってはみたものの、使いづらいうえに疲労感も大きいので、結局使わずじまい。スマホや読書のときはメガネを外し、テレビやパソコンを見るときに掛けるという、せわしない日常生活を強いられている。

これが趣味の日曜大工にも深刻な影響を与えていて、クギ1本打つにも、位置決めのときはメガネを掛け、いざ打つときはメガネを外し、と、これでは仕上がりのクオリティもままならぬ。

そんな経験もあって、発売中の『サライ』11月号では「『老眼』と賢くつきあう方法」という特集を組み、老眼に対処するには「遠近両用」のほかに「中近」「近近」という選択肢があること、外出か家の中かなど状況に応じて複数のメガネを使い分けること、などを提案させていただいた。

もちろん「遠近両用メガネ」は万能には違いないのだが、レンズの中で手元の見える範囲がごく限られるため、使いこなすには慣れが必要になる。慣れることができない私のような人間にとっては、複数のメガネの使い分けが、今のところ最良の選択なのだろう。

……ところが、である。東京ビッグサイトで開催されている『国際メガネ展(iOFT2017)』(10月11日~13日開催)に行って驚いた。ふだんは遠くまで見えるフツーのメガネが、ツルのテンプルにあるセンサーに触れるだけで、手元が見えるリーディンググラスに早変わりするという画期的なメガネを発見してしまったのだ。

三井化学が展示していた「TouchFocus™」なるメガネである。

第30回「国際メガネ展」の三井化学のブース。テレビの取材も入り、たくさんの人で賑わっていた。三井化学は今まで、レンズメーカーへの素材提供が主で、ユーザー向けの本格的なアイウェアは、この「TouchFocus」が初めてだという。

テンプルにある矢羽根型のセンサーにタッチすると、レンズに埋め込まれた液晶部分に電圧がかかって屈折率が変わり、瞬時に手元が見えるようになる。ツルの先端に超小型バッテリーを内蔵。USB充電器で充電して繰り返し使える。満充電で10時間ほど、使用頻度にもよるが、1週間くらいは持ちそうだ。ツルは太いが極めて軽量で、装着感は快適。

レンズの焦点距離を瞬時に切り替えられる秘密は、レンズの中央やや下に埋め込まれた「液晶レンズ」にある。

スイッチOFF(電圧をかけない状態)では、液晶レンズの屈折率は周囲のレンズとほぼ同じ。境目を意識することなく、レンズ全面にわたって遠くが見える。ところがテンプルにある矢羽根型のセンサーにタッチしてスイッチON(電圧をかける状態)すると、液晶素子が立ち上がり、屈折率が下がって、手元に焦点が合うようになる。このとき、手元の見える範囲は「遠近両用」に比べて広く、スマホの文字もストレスなく読める。これで電車の中でのヤフオク入札も、自由自在だ(目下オールドレンズにハマっている私的には、これがけっこう重要なんです)。

液晶レンズは、レンズ内部にあらかじめ埋め込まれているので、周囲のレンズの仕様は自由に選べる。たとえば、周囲のレンズを「遠中」の累進レンズにしておけば、スイッチONで手元が見えるので、「遠中」+「近」の万能レンズになる。従来の「遠近」と違うのは、「遠」「中」「近」それぞれの見える範囲が広くて、ストレスを感じにくいということだ。

展示会場で撮ったのでわかりづらくて恐縮だが、レンズ中央から右下に広がる楕円形の部分が液晶レンズ。一般的な遠近累進レンズでは、手元を見る部分はレンズの下端ギリギリに位置するが、「TouchFocus」では中央寄りに配して、使いにくさを解消している。

この「TouchFocus™」は、来春をメドに一部のメガネ店で発売される、らしい。「らしい」というのは、ただいま商談中で、具体的なことは何も決まっていないから。とはいえ、日本人の年齢の中央値は46歳。老眼を自覚し始める世代がセンターということは、「日本人の半数は老眼」と言える状況にある。この魔法のメガネに注目が集まるのは間違いない。

気になるお値段も当然未定だが、メガネ展で取材したところでは「最高級の累進レンズ付きメガネより少し高い程度」だとか。そこから推測するに、10万円を切ってくれたら嬉しいなあ、と思った次第である。

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

※発売中の『サライ』11月号では、生活特集「『老眼』と賢くつきあう方法」を掲載しています。老眼対策やメガネの正しい選び方など、サライ世代にとって気になる情報・知識をたっぷり盛り込みました。

↑表紙をクリックすると試し読みできます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP