新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

是枝裕和さん/映画監督、テレビディレクター(53歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第14回】

「自ら熱望して撮ったのが『海街diary』です」

数々の国際的な映画祭で、常に高い評価を得てきた是枝裕和監督作品。その原点は、月賦で買ったビデオカメラで撮った、自主制作の1本のテレビドキュメンタリーにあった。

 

_88A4286←これえだ・ひろかず 昭和37年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。ドキュメンタリー番組を手がける。主なテレビ作品に『しかし…』(ギャラクシー賞優秀作品賞)など。『幻の光』で映画監督デビュー。『誰も知らない』『奇跡』『そして父になる』などで国際的に高く評価される。

 

6月13日、是枝裕和監督の最新作『海街diary』が公開される。第68回カンヌ国際映画祭の最高賞“パルムドール”を競うコンペティション部門に出品された作品だ。原作は吉田秋生の同名漫画。
「第1巻を読んで魅了され、自ら“センタク”して映画化した作品です。等身大の人間が暮らすありふれた世界が、ふと美しく見える瞬間を描きたいと思いました」 
最初から映画監督を志したわけではない。小説家になりたくて早稲田大学の文学部に入学するが、すぐに挫折。大学には行かないで、映画ばかり観ていた。その頃はまた、テレビの連続ドラマ全盛時代。刊行され始めたシナリオ全集を読んで、小説家より脚本家を選ぶ。日常の細部を丁寧に見つめる倉本聰や山田太一、向田邦子らの目から多くのことを学んだ。
大学卒業後、制作会社『テレビマンユニオン』に参加。アシスタント・ディレクターから出発したが、待っていたのは現場では何の役にも立たないという屈辱感――。そんな時、以前テレビで観た長野の伊那小学校で飼っている牛を取り上げたシリーズを思い出す。あの続編を撮ろう。
「選んだのは自主制作の道です。45万円のビデオカメラを2年月賦で買って、仕事が終わってから各駅停車の夜行列車に乗って3年間、伊那に通いました」
放映予定はない。が、深夜のドキュメンタリー枠で日の目を見る。「背水の陣で臨めば、手を差し伸べてくれる人はいる。それが、その時のプロデューサーや伊那小学校の先生や親、子供たちでした」
是枝映画はドキュメンタリー的だ。どこからが演技なのか判らないほど自然な子供たちが登場する。その原点は、伊那に通った3年間にあるのだろう。
今、制作の重心は映画に移ったが、自身は“テレビ人”だと明言する。テレビで育ち、テレビに育ててもらったから今があるという。

4+←『もう一つの教育』(ATP賞優秀賞)というテレビ作品になった伊那小学校春組の子供たちと。昭和63年頃。

_MG_0591←『海街diary』で異母妹すず役の広瀬すずさんと。広瀬さんの負い目をわきまえた演技が印象に残る。

 redcarpet1←平成16年、カンヌ国際映画祭で『誰も知らない』の出演者と一緒に。主演の柳楽優弥さん(左)が、史上最年少の最優秀男優賞を受賞。

 

 

 

●『海街diary』の撮影秘話や是枝監督ならではの演出法など、ここでは書ききれない興味深い話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。 

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP