更年期は、女性ホルモンが減り続けることで自律神経のバランスが崩れていき、様々な症状に悩まされる時期。家族ですら理解しがたい痛みや不調に悩む女性たちが、今日も「鍼灸師やまざきあつこ」の元を訪れています。“自律神経失調症の女性たちの駆け込み寺”と呼ばれる当院の院長、やまざきあつこさんは自身が「たいていいつも、どっかが痛い」と悩む、自称“不調を感じやすい女”。だから、患者たちの痛みや辛さは、他人事ではありません。

28年間で7万人を診てきたやまざきさんは、最近、あることに気付きました。不調を感じやすい女には、体だけではなく、心の“クセ”も関係しているのでは? そして、まじめで気遣いができる女性ほど、がんばり時と休み時の自分に合ったリズムを見つけられず、苦しんでいるのでは? と。やまざきさんは、そのクセ直しの方法を、著書『女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』にまとめました。

実際に施術した患者さんとのやり取りの事例を、ここからいくつか紹介していきましょう。あなたを悩ますその痛みが、少しでも、和らぎますように。

文/やまざきあつこ、鳥居りんこ

「いい女」は「便利な女」さらに「無理を言ってもいい存在」!?


そりゃ人間、「悪い女(ひと)」と言われるよりは「いい女(ひと)」って言われたい。

でもね~、私、思うんですけど「いい女(ひと)」って、時々「便利な女(ひと)」って文字変換されません?
「いい女(ひと)」と思われたい一心で、がんばっちゃう女は沢山います。生理痛でダウン寸前なのに「大丈夫! がんばる!」ってファイティングポーズ決めたりね。アンタはKO前のボクサーかっ!? とツッコミたくなる時がありますもの。

「ここで言い返せたらスッキリするのにな」って思いながらも、黙って言葉を飲み込んだり。心も体も痛いのに「耐えてみせます! 女だもん!」なんて、今時、演歌だって言わないというのに、なんなんでしょうね。我慢することが、最早、習慣。

周りの人も、そのうちにあなたを「無理を言ってもいい存在」「何をしても受け止めてくれる人」と認識し出して、いつの間にか、それが「当たり前」になっていきやすいんですよね。

もしね、便利屋さんに疲れたら、1回、キレてみるといいですよ。

友人に彩さんっていう「いい女」がいるんですけど、傍で見てても亭主関白な夫に仕える貞淑な妻です。そんな彩さんが、結婚以来はじめて夫にブチ切れた事件があったんですって。

更年期の症状が重くて、その日はすごく具合が悪かったようですが、なんとか夫君(ぎみ)の夕飯を作り上げたそう。でも、そこが彩さん。「あ~、でも、なんか1品足りないな」って夫君を慮って、自転車こいで成城石井までポテトサラダを買いに出かけたと。

で、夫君。食べるや否や「これ、手作りじゃないだろ?」と抜かしやがったらしいです。まあね、夫君にすれば「いつもの味と違うね」という、単純に頭に浮かんだ「味の違い」を指摘しただけって話です。

ところが、その一言で彩さんの地雷爆発。結婚生活15年、はじめて夫君にブチ切れて「(私に)謝れ!」と叫んだそうです。驚いたのは夫君のほうですが、結局「君の思いやりを踏みにじってしまって、本当にすまない」と頭を下げたという話。

“ポテトサラダ”はその場で食べて、冷凍保存しないこと


もちろん、キレずに「その態度はいかがなものか」と冷静に指摘できれば一番いいのですが、やはり「いい女」は理性が働くんでね、勢いがないと言い出せないってことがございます。であれば、こういうタイプの女性は彩さんのように「勢い」を利用するに限ります。

人間関係はフラットのほうが気分はいいもの。気兼ねなくなんでも話せて、心から相談し合え、余計なことを考えずに同じ時を共有できる関係性が理想ですが、そうなるためには「伝え合える存在」になる努力も必要です。場合によっては、その辛抱強さが、心を打ち明けられる人を遠ざけている原因になっているのかもしれません。ホラ、よく言いますでしょ?  「雨降って地固まる」って。そういう意味でも、彩さん「ブチ切れ事件」は良きタイミングで起こった出来事だと思います。

この話には実は続きがありまして、彩さんの素晴らしいところは、これだけじゃない。「分かってくれたんだから、この件はもう二度と蒸し返さない」と心に誓っているというから、アッパレです。

「いい女」って、そういうところがあると思います。

「これは、あまりに理不尽過ぎる!」「自分は蔑(ないがし)ろにされている!」と感じたならば、正々堂々と意見する。でもそれを、決して、いつまでも引きずらない。過去の記憶も瞬間解凍、いつでもどこでもホッカホカ! に出来るのが女の特性ですが、あえて、それをしないってところに「粋」を感じるんですよね~。

もし、あなたが「あの日、あの時、あの瞬間、あなたは私にこう言った!」っというようなことを何十年経った後でも、昨日の出来事の如くに再現できる特技を持つなら、ちょっと待て。

再現フィルムも何度も再生すると色褪せる。見せられているほうにとっては苦痛でしかなくなるので、結果、人間関係はこじれるだけになっていきます。

「いい女」は不平不満を一発KOで仕留めます。“ポテトサラダ”はその場で食べて、冷凍保存しないこと。

この一件以来、彩さん夫婦はもっと仲良しになりまして、今度、結婚15周年の水晶婚式を記念して、温泉旅行に出かけるそうです。めでたし!

イラスト/渡邉杏奈(MONONOKE Inc)

* * *

『女はいつも、どっかが痛い がんばらなくてもラクになれる自律神経整えレッスン』
 やまざきあつこ 著
(小学館)

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

やまざきあつこ
鍼灸師。1963年生まれ。鍼灸師。藤沢市辻堂にある鍼灸院『鍼灸師 やまざきあつこ』院長。開業以来28年間、7万人の治療実績を持つ。1997年から2000年まで、テニスFedカップ日本代表チームトレーナー。プロテニスプレーヤー細木祐子選手、沢松奈生子選手、吉田友佳選手、杉山愛選手などのオフィシャルトレーナーとして海外遠征に同行。ほかにプロライフセーバー佐藤文机子選手、プロボディボーダー小池葵選手、S級競輪選手などプロアスリートの治療にも関わる。自律神経失調症の施術には定評がある。


関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品