自ら作る朝食には、医師の助言で発酵食品とトマト、それに家業である茶加工品が並ぶ。これらが4代目の健康を支える。

【尾堤宏(おづつみ・ひろし)さんの定番・朝めし自慢】

前列右から時計回りに、湯葉のコンソメスープ(青葱)、山形秘伝豆の煮豆(数の子)、完熟トマトとプチトマトのマリネ、ひきわり納豆(卵黄・青葱)、ギリシャヨーグルト(自家製抹茶餡)、深蒸し茶、盆奥は自家製パン(抹茶餡・ほうじ茶餡・ナチュラルチーズ・パストラミハム)。この4月にお茶とパンの店『tePle(テプレ)』をオープンし、コッペパンと抹茶餡、ほうじ茶餡はその試作品。3年ほど前から、これらも朝の食卓に登場。

朝食は自ら調える。「晩酌後、夜9時頃には寝るので、夜中の3時頃に目覚めてしまう」

新茶の季節になると、尾堤家の食卓にのぼる新芽の天ぷら。新芽を2~3本ずつまとめて薄衣をつけ、油でさっと揚げる。旬のグリーンアスパラガスの天ぷらと盛り合わせて、自然塩や抹茶塩で楽しむ。奥は茶の新芽。

朝食用に、まとめて山形秘伝豆を煮ておく。「ひと晩水に浸しておいてから、強火で煮ます。大量に出るアクを取り、酢を入れて煮てから最後に出汁醤油で味をつけます」と、レシピを披露。土鍋は、陶芸作家・我妻珠美さんの作品を愛用。

埼玉県春日部市の最北端、内牧という里に8000平方メートルほどの茶畑がある。明治初年、茶園『おづつみ園』の歴史はここから始まった。

「初代・卯三郎が内牧に茶樹を植え、2代目・政右衛門が近隣に茶栽培を広め、私の父である3代目・英雄が小売店を春日部駅前に開設したのです」

と、4代目の尾堤宏さんが語る。初代以来、目指したのは有機肥料による日本茶の栽培だった。こうして得られたお茶は“色よし、味よし、香りよし”と評判を呼び、近隣地域の人々に愛されてきた。

現在、自家茶園の収穫は年1回。一番茶(新茶)のみである。その他は静岡、鹿児島、京都(宇治)三重(伊勢)、埼玉(入間、狭山)などの全国優良茶産地から仕入れているという。

「お茶は単品より合組(ごうぐみ)したほうが旨いんです。合組とは、コーヒー豆でも行なうブレンドのこと。この合組にわが社の価値があるといっても過言ではありません」

という宏さんは、『おづつみ園』4代目として昭和34年、春日部市に生まれた。明治学院大学卒業後、静岡の農家で1年間の茶栽培・製造の勉強、さらに静岡の国立茶業試験場で1年間の茶流通や分析の研修。その後3年半、兵庫県神戸の茶販売店で商売の修業を重ねた。

同園の百貨店進出を機に帰郷し、平成7年には春日部西口ふじ通り店を開店。48歳の時、父から社長の座を引き継いだ。

平成7年開店の『おづつみ園』春日部西口ふじ通り店は、各種お茶の他、菓子などの茶加工品、茶道具も豊富に揃う。また、隣接して「茶寮はなあゆ」があり、各種日本茶やハーブ茶の他、食事も楽しめる。
埼玉県春日部市中央2-17-3 電話:048・763・2222
『おづつみ園』http://www.ochanoko.co.jp/index.html
「荒もみ新茶」は、去年の蔵出し茶と内牧茶園の新茶を合組したもの。芽や茎も入ってコク と甘みが特徴だ。4月下旬からの販売で90g×2袋1544円。

ギリシャヨーグルトを40g

若き経営者は、50歳の時に人間ドックを受診した。軽度の糖尿病と痛風との診断を受け、その時に医師から勧められたのが、発酵食品とトマトの摂取であった。

「アドバイスに従って、発酵食品は納豆とヨーグルト。加えて、トマトが朝食の定番となりました」

ヨーグルトは、濃厚なギリシャヨーグルトが決まり。毎朝、40gほどを摂る。その他に、山形秘伝豆(青大豆)の煮豆も添える。数の子を入れて、東北地方の郷土料理風に仕立てるのが自慢だ。

3年ほど前から、その朝食に抹茶餡やほうじ茶餡など、家業の日本茶が加わった。昼は外食、夜は酒肴をつまむ程度。畢竟、4代目の健康は発酵食品、トマト、日本茶の朝の三種の神器が支えている。

自宅のある春日部東口本店と春日部西口ふじ通り店は、自転車で10分ほどの距離。移動はもっぱら自転車だ。料理記者の見田盛夫さんの遺品で、人を介して譲り受けた『片倉シルク』製を愛用。

茶による地域発展をはかり、日本の茶文化を継承し広めたい

日本茶ひと筋に40年。『おづつみ園』の原点である内牧茶園では、今も有機肥料を使った日本茶栽培が行なわれている。

「環境と健康への配慮から、飲料メーカーから出るコーヒー粕に豚糞、籾殻を充分に発酵させた有機肥料を使っています。もちろん、草取りもすべて手作業です」

茶の品質をさらに向上、安定させるために、最近では静岡、伊勢、鹿児島の茶農家にも足を運び、栽培の指導も開始した。また、静岡・島田地区の農家と共同で、新品種の栽培にも取り組んでいる。

さらに、お茶を通じて地域との交流を図るため、新茶の時期に内牧茶園を開放し、「お茶摘み体験教室」や「こどもお茶摘み教室」を主催。毎年、県内外からも好評を得ているという。

明治初年から続く内牧茶園では、お茶摘み体験教室を開催。大人教室ひとり2500円、親子教室ひとり1500円で、新芽の天ぷらなどのお茶料理の昼食付き。期間は5月8日~18日。東口本店/埼玉県春日部市粕壁2-1-1 電話:048・752・6610
茶園で茶摘みの理想形である“一芯二葉”の説明をする尾堤さん(50歳の頃)。その他、お茶の種類や美味しい淹れ方など、お茶のことならどんな質問にも答えてくれる。

「日本で生産されるお茶は、その90%以上が緑茶です。緑茶にはカテキンやビタミンが多く含まれ、抗酸化作用、抗動脈硬化、血中コレステロールや血圧上昇抑制、免疫力の向上なども期待できます」

茶による地域発展と健康促進、ひいては日本の茶文化を継承し、広めるのが使命である。

地域の発展にも積極的に取り組んでいる。「JAZZ DAY かすかべ」は年3回開催され、音楽で街中に賑にぎわいを作るのが目的。その実行委員を務めているが、コロナ禍で今年の開催は未定だ。

※この記事は『サライ』本誌2021年6月号より転載しました。年齢・肩書き等は掲載当時のものです。 ( 取材・文/出井邦子 撮影/馬場 隆 )

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品