新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

山椒好きが辿り着いた唯一無二の鍋!京都・三条『とり粋』の山椒なべ【京都うまいもん巡り第2回】

『とり粋』の山椒なべ(一人前)、2.500円(税込)

『とり粋』の山椒なべ(一人前)、2.500円(税込)

京都人の山椒好きは、他の地域に比べてとても高い。東京では鰻の蒲焼くらいにしか使わないが、京都では丼、赤だし、焼き鳥など、いろんなものに使う人が多いので、お店でも粉山椒を置いているところが多い。

さて、今回ご紹介するのは、ご主人の山椒好きが高じて店の名物料理にまで育てた、『とり粋』(とりいき)の山椒なべである。

もともとはここのご主人・古本薫さんが、京都北山の里・周山にある郷土料理の店主から、鍋に使う山椒だしを伝授してもらったのが始まり。京都市内でもっと手軽にその味を食べてもらいたいと工夫を重ねて、現在の”山椒なべ”に辿り着いた。

古本さんは京都生まれの京都育ちで、若い頃は400年の歴史を誇る老舗料亭で修行したとのこと。その経験がこの鍋には活きている。

ベースの出汁は、丹波地鶏の「比ねどり」で取ったスープ。そこに、紀州有田川産の実山椒を鶏だしで延ばしてペーストにしたのを溶かしこんで、唯一無二の味を作り出している。こんな鍋は、いかに山椒好き・かしわ好きの人が多い京都でも、他では味わえない。

お鍋に入るものは、シンプルに鶏と野菜だけ。丹波地鶏(比ね)、但馬産の若鳥、そして季節の九条ねぎ、京ぜり、三つ葉、大根、茸類などが入る。

IMG_1995

食べ始めると、山椒が効いて滋味深い出汁に食が進む。山椒には食味を上げ、健胃効果もあるので、出汁もたっぷり飲んでいきたい。

さらに山椒好きの方には「追い山椒」がお勧め。秘伝の山椒ペーストを小皿で出してくれるので、遠慮なく頼もう。〆に中華麺を好む人が多いのも、京都ならでは。

IMG_6876

一度食べたら病みつきになる、この山椒なべ。一人前でも出してくれるので、カウンターでご主人と食談義をするのも愉しみの一つだ。お鍋はたっぷりの量があるので、シェアしてもよいだろう。

そもそもは焼き鳥屋さんである『とり粋』さんのもう一つの名物・赤鬼串も頼みたい。

赤鬼串400円(税込)

赤鬼串400円(税込)

秋本番を迎え、そろそろお鍋もよい季節になってきた。今が食べ頃ですぞ!

IMG_2007

【とり粋】
京都市中京区三条通新町西入ル釜座町36
電話:075-255-5191
営業時間 : 18:00~23:00 (平日ランチ 11:30~14:00)
定休日:火曜日

文/中村 暁
日本文化プロデューサー。1955年、京都生まれ。伝統芸能をはじめ日本文化を様々な切り口からプロデュースする。日本の食文化についても興味が深く、素材を求めて生産者まで足を運び、自ら台所に立つことも多い。暮らしのスタイルは季節を感じて日本人らしくがモットー。

「京都うまいもん巡り」記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 旧帝大の優美な食堂で王道の洋食を!『京都大学 楽友会館』食堂【京…
  2. 口福感あふれる老舗の親子丼!京都・西陣『鳥岩楼』の親子丼【京都う…
  3. 早春の底冷えを癒すホットな一椀!京都「上七軒 ふた葉」のカレーう…
  4. この香りと痺れがたまらない!京都「長文屋」謹製の極上粉山椒 【京…
  5. 京都伝統の「ご飯の供」!『京くらま廣庭』の木の芽煮(きのめだき)…
PAGE TOP