新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター)

スコットランドは、言わずと知れたスコッチ・ウィスキーのふるさと。ところがこの地で近年、手作りで少量生産の「クラフト・ジン」が人気を呼んでいる。

ジンは、ウィスキーに用いられる伝統的な「単式蒸留」ではなく、純度の高いアルコールを作る機械的な「連続式蒸留」がベースとして使われるため、味わいが画一的と思われがち。しかしクラフト・ジンは、再蒸留する際に様々なボタニカル(薬草やフルーツ)で風味づけしていることから、実に個性が豊かだ。さらにウィスキーのように樽で数年にも及び熟成させる必要がなく、すぐに販売できるため、資金力が乏しくても参入しやすい。

そこで、ウィスキー作りで培ってきたスコットランド伝統のクラフトマンシップ(職人技)を活かした「クラフト・ジン」が生まれ、今の流行につながったという。

ひとくちにスコットランドのクラフト・ジンと言っても実に様々で、日本の地酒のように地域ごとにたくさんある。

例えば、クラフト・ジンの先駆けとして欠かせない「ヘンドリックス」、世界的な酒類コンペティションのジン部門で2017年最優秀金賞に輝いた「マッククイーン・ジン」、スコットランドの首都エディンバラの「エディンバラ・ジン」、ゴルフの聖地セントアンドリュースの「エデン・ミル」等々、現在50以上の蒸溜所がスコットランドにはある。

最近ではウィスキーの蒸溜所巡りのように、クラフト・ジンの蒸溜所巡りが行われている。スコットランド観光へ行く予定がある人はスコットランドの観光情報サイトにあるジン・マップをぜひチェックしてみてほしい。

続けて、スコットランドで人気のクラフト・ジンの楽しみ方を2つご紹介しよう。

【クラフト・ジンの楽しみ方1】
家でジン・トニック

クラフト・ジンの楽しみ方として代表的なものに「ジン・トニック」が挙げられる。ジンをトニック・ウォーターで割るだけのシンプルなものだが、食事の邪魔をすることがないので、あらゆるシーンで飲むことができる。

しかしシンプルであるがゆえに、作り方によって美味しさは格段に変わる。家でも簡単に作ることができるのでチャレンジして欲しいのだが、その際こだわりたいのが「トニック・ウォーター」と「ガーニッシュ」だ。

クラフト・ジンでジン・トニックを飲むなら「プレミアム・トニック・ウォーター」を使いたい。『フィーバー・ツリー』というトニック ウォーターが代表的だが、人工甘味料や香料がゼロで、甘さが舌に残ることがなく、クラフト・ジンの個性を生かすことができるのが特徴で、スコットランドにおいて、ほとんどのバーやカフェで使われている。

クラフト・ジンはプレミアム・トニック・ウォーターで割るだけでも充分に美味しいのだが、味と香りをさらにランクアップさせたい人は「ガーニッシュ」にもこだわってみよう。

ガーニッシュとは、「飾り」とか「付け合わせ」といった意味で、ジンの世界ではライム、オレンジ、ラズベリー等のフルーツ、バジル等のハーブ、コリアンダーや唐辛子等のスパイスを指す。クラフト ジンの香りの個性を引き出すための効果的なアクセントとして、最高の相棒を選んで、ジン・トニックに加えてみよう。多くのクラフト・ジン・メーカーがホームページ上で推奨するガーニッシュを紹介しているので、調べて参考にしてほしい。

【クラフト・ジンの楽しみ方2】
お店でカクテル

できる限り多くの種類のジンを楽しみたい人は、お店で飲むことをオススメしたい。スコットランドでは、バーに限らず、レストランやカフェでも、クラフト・ジンを提供している店が多い。

もしも何をオーダーしていいか分からない場合は、「オススメのクラフト・ジンは?」とお店の人に聞いてみるのも手だ。クラフト・ジンに、ぴったりのトニック ウォーターとガーニッシュを選んで、パーフェクトな形で提供してくれるだろう。

クラフト・ジンの楽しみ方は、ジン・トニック以外にもたくさんある。日本人におなじみのマティーニやシンガポール・スリングをはじめジンを使用した多種多様なカクテルがあるので、お店オリジナルや得意とするものを見つけて、舌鼓を打つのもいい。

最近は日本でもクラフト・ジンを出すお店が増えているという。しかし、次々と新しく生まれている個性的なクラフト・ジンを思う存分楽しみたいなら、ぜひスコットランドへ足を運んでほしい。

ある統計では、2020年に英国のジン売上げがブレンデッド・ウィスキー売上げを超えるという結果が出ているほど。スコッチ・ウィスキーに次ぐスコットランド名物として、世界中の人々を惹きつける日はそう遠くないはずだ。

文・写真/石橋貴子
スコットランド在住。コピーライター・編集者としての25年以上の職歴と、ジャーナリスム専攻ならではの視点を活かし、日々アンテナを張り巡らせて、スコットランドの隠れた魅力をお伝えしている。海外書き人クラブ所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思…
  2. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  3. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
  4. 酒は本当に「百薬の長」なのか?医療専門家たちの回答が判明
  5. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴
PAGE TOP