新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするような生々しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

ハンガリー出身の作曲家バルトーク(1881~1945)ほど、ここ数十年で受け入れられ方が変わった人もいない。40年ほど前は、無機的でモダンな“現代音楽”と思われていたが、今は違う。村から村を渡り歩いて民謡を集めたことからも想像されるように、民俗的で古いものを大切にする人だったのだ。その響きは、東洋的でなつかしいものなのだ。

そういった意味で、このたび決定打ともいえる名盤が登場した。

1976年生まれのヴァイオリニスト、ルノー・カピュソン、1971年生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロトという、今のフランスを代表する二人の共演による『バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1&2番』である。

冒頭のヴァイオリンだけでも、ゾクゾクするような興奮が伝わってくる。ロンドン交響楽団もダイナミックなリズムが肉感的ですらある。これは“木の匂いのするような”と形容したいほど、生々しい音楽だ。

【今日の一枚】
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1&2番
ルノー・カピュソン(ヴァイオリン)
フランソワ=グザヴィ
エ・ロト指揮
ロンドン交響楽団

2017年録音
発売/ワーナー
ミュージック・ジャパン

http://www.wmg.jp/inquiry.php
販売価格/2600円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年7月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP