新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

取材・文/池田充枝

令和2年(2020)は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年という記念すべき年です。

その冒頭に記された国譲り神話によると、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽」、すなわち人間の能力を超えた世界、いわば神々や祭祀の世界を司るとされています。一方で、天皇は大和の地において「顕」、すなわち目に見える現実世界、政治の世界を司るとされています。つまり、古代において出雲と大和はそれぞれ「幽」と「顕」を象徴する場所として重要な役割を担っていたのです。

重要文化財 日本書紀 巻第二(部分) 南北朝時代・永和1~3年(1375~1377) 愛知・熱田神宮蔵 ※後期展示

重要文化財 日本書紀 巻第二(部分) 南北朝時代・永和1~3年(1375~1377) 愛知・熱田神宮蔵 ※後期展示

重要文化財 画文帯神獣鏡・三角縁神獣鏡(部分) 古墳時代・3世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管)

重要文化財 画文帯神獣鏡・三角縁神獣鏡(部分) 古墳時代・3世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管)

「幽」と「顕」を象徴する地、島根県と奈良県が東京国立博物館と共同で出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会が開かれています。(3月8日まで)

本展では、出雲大社に古くから伝わるご神宝をはじめ出雲大社の歴史を物語る作品、島根や奈良の遺跡から出土した青銅器や鏡、大和の地でひっそりと守り伝えられた石仏などが紹介されます。

重要文化財 浮彫伝薬師三尊像 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 奈良・石位寺蔵

重要文化財 浮彫伝薬師三尊像 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 奈良・石位寺蔵

本展の見どころを、主催の東京国立博物館、考古室長の品川欣也さんにうかがいました。

「『日本のはじまり、ここにあり』をうたい文句としている本展には日本の古代史を語る上で欠くことのできない島根県と奈良県の名品が勢ぞろいします。その中から両県の代表作品を一つずつ取り上げてご紹介しましょう。

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

島根県代表は荒神谷遺跡から出土した国宝の銅剣・銅鐸・銅矛です。出土した銅剣の数はそれまで国内で出土した銅剣の総数約300本を上回る358本です。また近畿と北部九州とに分布を違えることの多い銅鐸と銅矛が一緒にまとまって出土しました。多くの人びとを驚かせ、考古学者の弥生時代観をぐらつかせた発見は、教科書を書き換えるとまで評価されています。荒神谷遺跡出土した青銅器189点を東京で見ることができる約20年ぶりの機会です。ぜひお見逃しなく。

国宝 七支刀 古墳時代・4世紀 奈良・石上神宮蔵

国宝 七支刀 古墳時代・4世紀 奈良・石上神宮蔵

奈良県代表は石上神宮伝来の宝刀、国宝の七支刀です。刃が樹木の枝のように伸びる異形の姿が目を引きますが、考古学者や古代史研究者は表裏に金象嵌で刻まれた61文字に注目します。銘文の解釈には諸説ありますが『百済王が倭王に贈った』とする説が通説で、高句麗の圧迫を受けていた百済が倭とつながりを求め贈ったものと考えられています。

また本作を百済から献上されたと日本書紀に記載される『七枝刀(ななつさやのたち)』と考える意見も根強く日本史の一級史料とも呼べるものです。七支刀の唯一無二の造形とともに表裏に刻まれた銘文もあわせてご覧ください」

日本が国内外から注目される年の初めにふさわしい展覧会、ぜひ会場に足をお運びください。

国宝 秋野鹿蒔絵手箱 鎌倉時代・13世紀 島根・出雲大社蔵 ※後期展示

国宝 秋野鹿蒔絵手箱 鎌倉時代・13世紀 島根・出雲大社蔵 ※後期展示

【開催要項】
日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和
会期:2020年1月15日(水)~3月8日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト https://izumo-yamato2020.jp/
開館時間:9時30分から17時まで、金・土曜日は21時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2月24日は開館)、2月25日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵 この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌…
  2. 東洲斎写楽「市川蝦蔵の竹村定之進」江戸時代/寛政6年(1794)頃 大判錦絵 ボストン美術館蔵 Photograph (c)2019 Museum of Fine Arts, Boston 展示期間2019年12月7日~2020年1月19日(東京会場) 日本が世界に誇る浮世絵の大傑作が集結!【大浮世絵展―歌麿、写楽、…
  3. 『冨嶽三十六景 凱風快晴(藍摺版)』茂木本家美術館蔵。(いずれも2019年9月10日から10月6日まで、「茂木本家美術館の北斎名品展」で展示) 北斎の裏名作「青富士」と、あの「躍るような波」は、いかにして生ま…
PAGE TOP