新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

現代日本のマンガにも多大な影響を与えたミュシャ【みんなのミュシャからマンガへ――線の魔術】

取材・文/池田充枝

アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成したアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。

ポスターなどグラフィック作品を数多く手がけ、広告界のパイオニア的存在と称されるミュシャは、「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品で人々を魅了しました。ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、明治の文芸誌や1960-70年代の英米を席巻したグラフィック・アート、現代日本のマンガまで、多大な影響を与えています。

アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

没後80年、今もアート界に影響を与え続けているミュシャの秘密をひもとく展覧会が開かれています。(9月29日まで)

本展は、ミュシャ財団監修のもと、ミュシャが手がけたポスターなどの代表作に加え、ミュシャの影響が見られる様々な作品など、約250点でその流れを辿ります。

アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

本展の見どころを、主催者にうかがいました。

「本展では、繊細で華やかなポスター群に加えて、初来日となるカリカチュア(風刺画)を含む、ミュシャ初期の貴重なイラストや、彼自身の収集品など、充実したラインナップでミュシャの世界をお届けします。

今回のミュシャ展の目玉となるのが、その影響を受けた日本の文芸誌やマンガ、イラストなどの展示です。与謝野晶子の歌集『みだれ髪』は、フランス、イタリアで学んだ洋画家、藤島武二が表紙デザインをしたもので、アール・ヌーヴォーの影響が色濃く見てとれます。また、現代日本のマンガ家、水野英子、山岸凉子、松苗あけみ、天野喜孝らがミュシャのファンタジーの世界に触発されて描いた作品の数々も紹介します。

表紙デザイン:藤島武二『みだれ髪』(与謝野晶子) 東京新詩社と伊藤交友館により共同出版された与謝野晶子の第一歌集(明治34年)の復刻版(日本近代文学館、1968年)(C)Mucha Trust 2019

表紙デザイン:藤島武二『みだれ髪』(与謝野晶子) 東京新詩社と伊藤交友館により共同出版された与謝野晶子の第一歌集(明治34年)の復刻版(日本近代文学館、1968年)(C)Mucha Trust 2019

そして、ミュシャの影響が音楽シーンにまで及んでいたことを示す、1960-70年代のアメリカ西海岸やロンドンのレコード・ジャケット群を含むグラフィック・アート作品も必見です。」

アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

スタンレー・マウス&オールトン・ケリー《ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドコンサート(1966年10月7-8日、アヴァロン・ボールルーム)》1966年頃 オフセット・リトグラフ Artwork by Stanley Mouse and Alton Kelly. (C)1966,1984,1994.Rhino Entertainment Company. Used with permission.All rights reserved.www.familydog.com

スタンレー・マウス&オールトン・ケリー《ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドコンサート(1966年10月7-8日、アヴァロン・ボールルーム)》1966年頃 オフセット・リトグラフ Artwork by Stanley Mouse and Alton Kelly. (C)1966,1984,1994.Rhino Entertainment Company. Used with permission.All rights reserved.www.familydog.com

マンガ家たちを魅了したミュシャの流麗な線、会場で間近にご堪能ください。

【開催要項】
みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術
2019年7月13日(土)~9月29日(日)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 地下1階
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:www.ntv.co.jp/mucha2019/
開館時間:10時から18時まで、金・土曜日は21時まで(入館は各閉館30分前まで)
休館日:7月30日(火)、9月10日(火)
巡回:京都文化博物館、札幌芸術の森美術館、名古屋市美術館、静岡県立美術館(予定)、松本市美術館

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP