新着記事

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

現代日本のマンガにも多大な影響を与えたミュシャ【みんなのミュシャからマンガへ――線の魔術】

取材・文/池田充枝

アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォーの旗手として名を成したアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。

ポスターなどグラフィック作品を数多く手がけ、広告界のパイオニア的存在と称されるミュシャは、「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品で人々を魅了しました。ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、明治の文芸誌や1960-70年代の英米を席巻したグラフィック・アート、現代日本のマンガまで、多大な影響を与えています。

アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

没後80年、今もアート界に影響を与え続けているミュシャの秘密をひもとく展覧会が開かれています。(9月29日まで)

本展は、ミュシャ財団監修のもと、ミュシャが手がけたポスターなどの代表作に加え、ミュシャの影響が見られる様々な作品など、約250点でその流れを辿ります。

アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

本展の見どころを、主催者にうかがいました。

「本展では、繊細で華やかなポスター群に加えて、初来日となるカリカチュア(風刺画)を含む、ミュシャ初期の貴重なイラストや、彼自身の収集品など、充実したラインナップでミュシャの世界をお届けします。

今回のミュシャ展の目玉となるのが、その影響を受けた日本の文芸誌やマンガ、イラストなどの展示です。与謝野晶子の歌集『みだれ髪』は、フランス、イタリアで学んだ洋画家、藤島武二が表紙デザインをしたもので、アール・ヌーヴォーの影響が色濃く見てとれます。また、現代日本のマンガ家、水野英子、山岸凉子、松苗あけみ、天野喜孝らがミュシャのファンタジーの世界に触発されて描いた作品の数々も紹介します。

表紙デザイン:藤島武二『みだれ髪』(与謝野晶子) 東京新詩社と伊藤交友館により共同出版された与謝野晶子の第一歌集(明治34年)の復刻版(日本近代文学館、1968年)(C)Mucha Trust 2019

表紙デザイン:藤島武二『みだれ髪』(与謝野晶子) 東京新詩社と伊藤交友館により共同出版された与謝野晶子の第一歌集(明治34年)の復刻版(日本近代文学館、1968年)(C)Mucha Trust 2019

そして、ミュシャの影響が音楽シーンにまで及んでいたことを示す、1960-70年代のアメリカ西海岸やロンドンのレコード・ジャケット群を含むグラフィック・アート作品も必見です。」

アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019

スタンレー・マウス&オールトン・ケリー《ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドコンサート(1966年10月7-8日、アヴァロン・ボールルーム)》1966年頃 オフセット・リトグラフ Artwork by Stanley Mouse and Alton Kelly. (C)1966,1984,1994.Rhino Entertainment Company. Used with permission.All rights reserved.www.familydog.com

スタンレー・マウス&オールトン・ケリー《ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドコンサート(1966年10月7-8日、アヴァロン・ボールルーム)》1966年頃 オフセット・リトグラフ Artwork by Stanley Mouse and Alton Kelly. (C)1966,1984,1994.Rhino Entertainment Company. Used with permission.All rights reserved.www.familydog.com

マンガ家たちを魅了したミュシャの流麗な線、会場で間近にご堪能ください。

【開催要項】
みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術
2019年7月13日(土)~9月29日(日)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1 地下1階
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:www.ntv.co.jp/mucha2019/
開館時間:10時から18時まで、金・土曜日は21時まで(入館は各閉館30分前まで)
休館日:7月30日(火)、9月10日(火)
巡回:京都文化博物館、札幌芸術の森美術館、名古屋市美術館、静岡県立美術館(予定)、松本市美術館

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP