新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

最大9連休のお盆休みは海外で過ごす!|2019年夏休み海外旅行おすすめランキング

2019年夏休み海外旅行おすすめランキング!
気温が上がり、夏が近づいてきました。今年の夏休みは、お盆休みで9連休という方も多いかもしれません。日々忙しく働くビジネスパーソンやご家族に向けて、株式会社 JTBが、「2019年夏休み海外旅行おすすめランキング」をまとめています。それぞれの夏休みの過ごし方に合わせて3つのランキングをご紹介していきます。

◆ビジネスパーソンの夏休みリフレッシュにお勧めランキング

ビジネスマン・OLの夏休みリフレッシュにお勧めランキング

1位 ケニア サファリ

ロードジープに乗って、国立公園内の野生動物を探しに行きます。ビッグ5と呼ばれるライオンや豹、サイ、象、キリンに会えるかどうかは運次第ですが、慌ただしい日常から離れて、別世界にトリップできますよ。大自然の中をスリル満点なジープで走り抜ける爽快感は格別です!

ケニア マサイマラ国立保護区

ケニア マサイマラ国立保護区

 

2位 モンゴル ゲル(遊牧民の伝統的な移動式住居)でのキャンプ

広がるのは青空、夜は満天の星。ゲルの中にテレビはありませんが、たまには自然の景色を眺め、肩の力を抜く時間が大切なのだと感じる瞬間です。日中は遺跡観光、モンゴル伝統文化体験、料理教室、乗馬も楽しむことができます。ゲル内は、清潔なトイレやシャワーも完備しているので安心して滞在することができますよ。

3位 ミャンマー 少数民族の暮らし

ミャンマー観光でははずせない、パゴタ見学ももちろんおすすめですが、インレー湖にも是非行かれてみてください。水上で暮らしている人たちの水上村落には、学校や寺院、病院、商店もあり、非常に興味深い風景です。また、ダヌー族が暮らす、山奥にある断崖の洞窟聖地・ピンダヤ洞窟も見応えがあります。そして、ミャンマーの魅力のひとつでもある、現地の人たちの温かい交流は、きっと日々の疲れを癒してくれるでしょう。

ミャンマー インター族の湖上生活風景

ミャンマー インター族の湖上生活風景

■小さなお子様の海外デビューにおすすめの渡航先ランキング

小さなお子様の海外デビューにおすすめの渡航先ランキング

1位 グアム

時差わずか1時間、日本から4時間以内の短時間フライトで渡航できるため、小さな子どもがいるご家族の海外デビューにグアムはおすすめです。子ども向けのプールが充実しているホテルが多いことも、ポイントですね。

グアム タモン湾

グアム タモン湾

 

2位 シンガポール

時差わずか1時間のシンガポールには、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」、リバークルーズ、動物園のナイトサファリ、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(TM)のアトラクションなど、子どもが興味を示すアクティビティがいっぱいあります。

3位 ハワイ

ビーチはもちろん、ショッピングや食事とお出掛けスポットがいっぱいのハワイ。ビーチ沿いのホテルに宿泊すれば、ビーチでたくさん遊んで疲れても、すぐにお部屋に帰ってお昼寝ができるので安心です。

■海外で初めての体験ができる!おすすめランキング

海外で初めての体験ができる!おすすめランキング

1位 動物触れ合い体験

その国固有の動物との出会いや、海外ならではの体験プログラムに参加できることが魅力ですね。
たとえば、シンガポールのナイトサファリでは、広大な敷地で、約100種類1,000頭もの動物を、月明かりの中、自然環境に近い状態で観察することができます。また、1年間のジンベエザメ遭遇率95.9%(※エメラルドグリーン(現地法人)調べ)と言われているセブ島(フィリピン)では、「ジンベエザメと出会うシュノーケルプラン」がおすすめです。間近で見る、大迫力の姿は一生の思い出となりそうですね。

セブ ジンベエザメ(イメージ)

セブ ジンベエザメ(イメージ)

2位 絶景鑑賞

オーストラリアにある、約348メートルの高さを誇る、世界最大級の一枚岩ウルル(エアーズロック)や、アメリカの大渓谷グランドキャニオンなどを訪れれば、地球の雄大さを実感できます。一度は見たい・見せたい絶景鑑賞は、写真で見ただけではわからない、飛びっきりの鮮やかな記憶となって残るでしょう。

3位 ウォーターパーク

夏の想い出作りに、ご家族で一日中楽しめるウォーターパーク。ハワイの「ウェット アンド ワイルド ハワイ」では、約15メートルの高さから40メートルの巨大な竜巻の中を滑り降りるアトラクションなど、絶叫系スライドからのんびり楽しめる流れるプールまで種類が豊富です。

また、ドバイの「アドベンチャー・ウォーターパーク」では、サメが泳ぐラグーンに設置された水中トンネルへ滑り落ちるウォータースライダー「リープ・オブ・フェイス」や、シンガポールのアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク(TM)では、6種類のウォータースライダーや、約2万匹の熱帯魚や小魚が泳ぐプールでシュノーケル体験などが楽しめます。
ウォーターパークといえども、日本とは違うダイナミックな体験ができますよ。

ハワイ ウェットアンドワイルド(オハナ ハイウェイ)

ハワイ ウェットアンドワイルド(オハナ ハイウェイ)

いかがでしたか? 心に残る夏旅とするべく、目的に合わせて旅行プランを今からしっかり立てていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開 3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満…
PAGE TOP