サライ.jp

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開

夏休み・お盆休みのようないつもより長い休み明けのタイミングで転職を考える人は意外と多いようです。人材総合サービスの株式会社スタッフサービス・ホールディングスが、20代から40代の会社員1,000名を対象に「夏休みと転職に関する調査」を実施しました。
6割以上の人が会社に対して何らかの不満を感じているという実態が明らかになるなど、会社員の日々のストレスや本音が垣間見られる調査結果が出ています。早速見ていきましょう。

■ 3人に1人は、夏休み・お盆休み明けに転職を考えたことがある

会社員の方たちに、夏休み・お盆休み明けに退職や転職を考えたことがあるかどうかを質問しました。
結果は、「何度もある(14.3%)」「何度かある(24.1%)」を合わせると、38.4%の人が夏休み明けのタイミングで退職・転職を考えた経験があるということが明らかになりました。また、夏休みやお盆休みはないという人や、実家に帰る頻度が少ない人を除いて、地元があり頻繁に夏休みに実家に帰る人と実家住まいの人とで比較すると、実家に帰る人の方が夏休み・お盆休み明けのタイミングで退職・転職を考える人が多いということが分かりました。
夏休み・お盆休み明けに退職や転職を考えたことがあると回答した人を対象に、その理由を質問したところ、最も回答数が多かったのは「休み中に自分の働き方や今後を考え直したから(62.8%)」でした。続いて、「このまま休んでいたいと思ったから(30.5%)」「ボーナスが支給された後だから(24.2%)」「転職活動の時間が作れそうだから(24.2%)」に多くの回答が集まりました。
長期休みで仕事や働き方について冷静に見直す時間があったことや、休みが続き体や生活リズムが休みに慣れてしまったこと、ボーナス支給などのタイミングが理由として挙がりました。

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開

■夏休み・お盆休みに実家に帰る人の33.8%は地元での就職を考える

3年に1回以上夏休み・お盆休みに実家に帰る人を対象に、そのタイミングで地元での就職を考えるかを質問しました。
結果は「何度もある」「何度かある」と合わせると、33.8%の人が夏に実家に帰ったタイミングで地元での就職を考えたことがあると分かりました。

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開

また、地元での就職を考えた理由は以下の通りです。

理由
■東京に疲れたから(東京都・40代男性)
■いまの仕事が嫌で我慢できないから(東京都・40代女性)
■地元が恋しくなったから(岩手県・40代男性)
■地元への貢献も大切だと思うから(東京都・30代男性)
■親や地元の人たちと接していると、仕事に忙殺される毎日が虚しく感じたから(福岡県・30代男性)
■田舎でのんびり暮らすのもいいかなと(宮城県・30代女性)
■親の健康状態が悪かったから(山形県・30代男性)
■実家に戻り、実家の懐かしさや居心地の良さを感じたため(東京都・20代男性)

■会社に対して不満を感じている人は64.8%!

率直に今勤めている会社に対して、不満があるかどうかを質問しました。結果は「ある(28.9%)」「どちらかというとある(35.9%)」を合計すると、64.8%の人が会社に対して何らかの不満があるという実態が明らかになりました。
また、不満があると回答した人を対象に、不満が何なのかも質問。他の選択肢を圧倒して回答数が集まったのは、「給料が安い(61.3%)」でした。2番目以降は、「上司が理不尽(32.9%)」「不当な評価(24.7%)」「休みが取りづらい(23.1%)」などが続きました。

3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開

転職

■職場で、振り回されていると感じた経験がある人67.1%

多くの会社員は、上司や同僚、取引先などさまざまな人と関わる機会があります。仕事で誰かに振り回されていると感じたことがあるかどうかについて質問しました。「何度もある(35.8%)」「何度かある(31.3%)」を合わせると、67.1%の人が誰かしらに振り回された経験があるということが明らかになりました。さらに誰に振り回されたことがあるのかを質問。2番目に回答数が多かった「同僚(42.3%)」に倍近くの差をつけて、「上司(80.8%)」に回答が集まりました。大半の人を振り回しているのは「上司」という実態が明らかになりました。

転職

仕事での理不尽エピソード
■上司の言っていることが日々違う(栃木県・30代女性)
■社長が、自分が夜中に出勤していて悔しいからと、夜中に用もないのにみんなに電話をかけてくる(宮城県・30代女性)
■やらなくてもいい仕事を勝手に引き受けて、人を巻き込む(神奈川県・30代女性)
■仕事がいっぱいいっぱいなのにそれでも仕事を増やしてくる(埼玉県・20代男性)
■仕事とは関係ない上司の機嫌や気分によって仕事内容が変わる。上司の私的な用事をやらされる(新潟県・40代女性)
■上司が無能ですべての責任を部下に押し付けてくる(大阪府・30代男性)
■嫌がらせのように使用頻度の低い資料を作らされた(東京都・40代男性)
■前と言っていることが違う。指示通りに対応したのに、他の上司に指摘されると「私もそうするべきだと思ったのですが」と、まるでこちらの判断ミスであるかのように答える(神奈川県・30代男性)

■部下が同じことを毎回教えても覚えていない(東京都・40代女性)
■同僚が誰もやったことない仕事をふられる。夜遅く朝早く出社させられる(沖縄県・20代女性)
■勤務時間終了間際に上司から残業を命じられることが時々ある(神奈川県・40代男性)
■休みの日まで出勤させられたとき(大阪府・20代女性)
■異動が急に起こる(福岡県・20代男性)

■営業なので当たり前かもしれないが、決めた日時や場所に来なかったり連絡を無視されたりしたこと(愛知県・30代女性)
■取引先が仕様変更を平気でお願いしてくるが納期は延びず、結果こちらが残業や休日出勤をするハメになる(熊本県・30代男性)
■ワガママな取引先のせいで旅行先から無理やり現場に。結局取引先のミスが原因だった(栃木県・30代男性)

***

思わず共感してしまうような経験や不満も多かったのではないでしょうか。休み明けに転職を考える人も多いようですが、隣の芝生は青く見えるだけかもしれません。勢いだけで決めることはせず、冷静に判断していきたいですね。

 

<インターネット調査概要>
調査期間:2019年7月17日(水)~7月19日(金)
調査対象:20歳~49歳 現在会社勤めをしている男女1,000名

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア