サライ.jp

今年(平成二十七年)高野山は、弘法大師空海の手で密教の道場が開かれてから1200年目を迎えます。

作家の片山恭一さんと訪れた高野山。現代を生きる私たちにとって高野山は、そして空海はどんな意味をもつのか。いまという空気のなかで言葉を紡いでみたいと思いました。

写真は季節ごとに高野山を訪れ、毎回ほぼ同じコースをたんたんと歩いて撮影したものです。
春のほのぼのとしたやまなみ。夏のお坊様の修行。秋のまばゆい綺麗な紅葉。正月明けの凜とした雪景色。大阪から1時間半というのに、素晴らしい日本の原風景を見せてくれました。

01_DSC_4445_bw

02_IMG_0484_bw

03_IMG_0761_bw

1 2 3 4 5

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア