サライ.jp

マレー系、中華系、インド系とさまざまな民族と文化、宗教が入り混じる国、マレーシア。どこか懐かしさが残るこの国で、不思議な風習「オープンハウス」に参加したり、伝統料理であるニョニャ料理に挑戦したり。古都イポーやペナン島の世界遺産ジョージタウンのジャランジャラン(街歩き)の楽しみ方など、4回に分けてお伝えしていきます。

 

 

■マレーシアにも本格温泉?

日の出前のまだ薄暗いクアラルンプールの空港から北へ200km、英国の植民地時代の面影が残る古い都、イポーを目指します。その途中の小さな町、スンカイのはずれにある新しくオープンした温泉ホテルがあると聞き、立ち寄ることになりました。

広大なジャングルを車が進んでいくと突如、「フェリダ・レジデンス・ホットスプリングス」の看板が見えてきます。広大な緑の中にヴィラが点在する気持ちのよいホテルですが、ヤシの木の間をてくてくと歩いて、期待の温泉に辿り着いてみれば、日本の温泉とは大違い。広大な温水プールのような光景です。

01_IMG_2434

青、赤、黄色とカラフルな巨大キノコのモニュメントがお出迎え。イスラム教徒が多いのか、女性たちは肌を露出しないよう洋服のまま浸かっています。スカーフを巻いたお母さんたちは、おしゃべりに花を咲かせながらも、時々、スカーフのはじっこをギュウギュウ絞っています。水を吸って重いのかもしれません。

さっそく私も入ってみましたが、思ったよりも熱く、バシャバシャ泳ぎ回るマレーシアの元気な若者たちに混じり、調子に乗って一緒に泳いでみましたが、もう若くはないのか、すぐのぼせてしまいました。ダイエットにはいいかもしれませんが、湯から出ても蒸し暑いマレーシアですから、夕方の涼しい時間がお勧めです。

 

1 2 3 4 5

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア