文・写真/梅本昌男(海外書き人クラブ/タイ・バンコク在住ライター)

天空に浮かぶクラック・デ・シュバエリ城。

2006年、アラビア半島を長距離バスに揺られ安宿に泊まりながら南下した。40代前半の中年バックパッカーだった。シリアもその旅の途中で訪れた。かの地には6つの世界遺産があったが、その後の内戦でそれらは全て危機遺産に指定されることになった……。

往時の美しいシリアの世界遺産の姿をご紹介したい。

シリア北部にある国内3番目の都市ホムス。そこからバスに乗って約30キロ、クラック・デ・シュバリエ城へと向かった。現地ではアラビア語名のカラート・アル・ホスンと呼ばれている。

ごく普通な町の風景の間に忽然と現れる。

山道を揺られ標高650メートルまでやって来ると、突然、前方の頂きに白い城が現れる。

近くに寄ると保存状態の良さがよく分かる。

もともと十字軍が建てた城で、その後、1271年にマムルーク朝が奪取しモスクを含めアラビア風に作り変えた。保存状態が良く、その美しさを現代までとどめていた。アラビアのロレンスことT・E・ロレンスもこの城を訪れ、「世界で最も素晴しい城だ」と称賛。2006年に世界遺産に登録されたが、2013年に内戦により天井が破壊されるなど大きな被害を受けた。

こちらも保存状態が良い回廊。ただ行く先表示などがまったくない。

陽が美しく差し込む回廊を進むが、管理が適当で表示もなく係員もほとんどいないので、城の中で迷ってしまった。何とか城壁の上へと出ると、そこには緑豊かな大地が広がっていた。城の外観と相まってアラビア半島にいる事を一瞬忘れてしまう。

右下の人物と比べると城の大きさが理解出来るだろう。
まるでヨーロッパにいるような景色に驚く。
高所恐怖症で城壁の際に立つことは無理だった。

美しい光景に息を呑んだ後、やって来たのは恐怖。城壁の上には手すりや柵などなく、うっかり落ちたら……。
高所恐怖症の私は恐る恐る周囲を巡った。

城下町にはFUJIフィルムを売る店も。手描きの看板が良い味だ。
ここでも人々はみんな笑顔だ。

シリア南部にある小さな町、ボスラ。今では特徴のない田舎町になり下がっているが、実は歴史が深い。アレクサンダー大王の進行に始まり、ローマの属州となり栄華を極めた。

ローマ劇場の入り口。アサド大統領の肖像画が飾られている。

その頃、建設されたローマ劇場は保存状態が奇跡のように良く。当時(2006年)もコンサートなどで使用されていた。

コンサート時にはこの回廊を観客が行き来した。

私と年若いバックパッカーの友人がボスラを訪れた日は小雨が、しとしと降り続いていた。もともと少ないローマ劇場への訪問者がこの雨のせいで更に減ったため、何と私たちだけで世界遺産を独り占め状態!

今も使用されている円形劇場のステージと客席。

このチャンスを逃す手はない! ジャズ・スタンダード曲をオペラ歌手気分で熱唱した(https://www.youtube.com/watch?v=I–OKegZuhE)。ちなみに、歌ったのはアービング・バーリン作詞作曲、フレッド・アステア様の歌唱で有名な『チーク・トゥ・チーク』。

多くの有名歌手が歌った場所で独演会。

年下の友人に歌の感想を聞いた。

「スゴイですね!」

いやあ、そんなことないよ~、照れるなあ。

「音痴なのに平気で人前で歌えるなんて!」

ガクッ……まあ、どちらにせよ素敵な想い出になった。

文・写真/梅本昌男(タイ・バンコク在住ライター)
タイを含めた東南アジア各国で取材、JAL機内誌アゴラなどに執筆。観光からビジネス、エンタテインメントまで幅広く網羅する。海外書き人クラブ会員https://www.kaigaikakibito.com/)。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品