新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインタ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

桐島かれん

  1. 緑色のガラスの花器は、さまざまな色と種類のチューリップを生けてもまとまる包容力。ダイニングにあるアレックス・カッツの絵と相性がいいので、よく一緒に飾っています。  

    花日ごろ【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    独身のころからいつも部屋にお花を飾っていたという桐島かれんさん。日々の暮らしに花は欠かせないアイテムだそうです。花日ごろ花を生けることは、自分の中の小さな創作活動だと思っています。色とりどりの花々を日常に。春の幸福感…

  2. 夫が撮影したザクロの写真は、アンティークの額の中でまるで絵のような景色に。中国の漆のコンソールテーブルの上に配した世界の古い小物たち。  

    暮らしの中のアート&クラフト(後編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  3. 祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。  

    暮らしの中のアート&クラフト(前編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  4.  

    キッチンにはいつもレモン【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんの葉山の家には夫で写真家の上田義彦さんが丹精している庭があります。そこで実るレモンは、…

  5. 竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。  

    春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

PAGE TOP