新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

文/印南敦史スーパーやコンビニではさまざまな食品が売られているが、それらはすべて2種類の…

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

親族をはじめ、友人・知人、仕事関係などの葬儀に参列することは幾度かあっても、人生の中で、自分…

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

『サライ』7月号では「焼酎」を大特集していますが、こちらではお気に入りの焼酎をさらにおいしく…

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

来年「文化の祭典」でもあるオリンピック・パラリンピックを迎える東京。その伝統工芸品を扱った展示『進化…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

写真・文/矢崎海里スーパーにも少しずつ新生姜が並ぶ季節になりましたね。新生姜は通常の…

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

企業の経営理念について理解できていない、と思われるような行動をとる部下が多い、という悩みを抱…

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

KAREN’s

  1. 緑色のガラスの花器は、さまざまな色と種類のチューリップを生けてもまとまる包容力。ダイニングにあるアレックス・カッツの絵と相性がいいので、よく一緒に飾っています。  

    花日ごろ【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    独身のころからいつも部屋にお花を飾っていたという桐島かれんさん。日々の暮らしに花は欠かせないアイテムだそうです。花日ごろ花を生けることは、自分の中の小さな創作活動だと思っています。色とりどりの花々を日常に。春の幸福感…

  2. 夫が撮影したザクロの写真は、アンティークの額の中でまるで絵のような景色に。中国の漆のコンソールテーブルの上に配した世界の古い小物たち。  

    暮らしの中のアート&クラフト(後編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  3. 祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。  

    暮らしの中のアート&クラフト(前編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  4.  

    キッチンにはいつもレモン【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんの葉山の家には夫で写真家の上田義彦さんが丹精している庭があります。そこで実るレモンは、…

  5. 竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。  

    春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

PAGE TOP