新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

暮らしの中のアート&クラフト(後編)【桐島かれん『KAREN’s』】

桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。
旅の思い出が詰まった品々を輝かせる、かれん流インテリアのコツとは。

【前編はこちらです。】

祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。

祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。

暮らしの中のアート&クラフト

アジアの漆器、人形、壺……旅の途中で出合った工芸品や雑貨が東西混淆で並ぶわが家。

大切な思い出が詰まった品々を輝かせるために心がけている、私流のインテリアの取り入れ方をお伝えします。

撮影/上田義彦 構成/高橋亜弥子

 

古いものは長い時間をかけて、何人もの人の手を渡り継いで今ここに-
夫が撮影したザクロの写真は、アンティークの額の中でまるで絵のような景色に。中国の漆のコンソールテーブルの上に配した世界の古い小物たち。

夫が撮影したザクロの写真は、アンティークの額の中でまるで絵のような景色に。中国の漆のコンソールテーブルの上に配した世界の古い小物たち。

 

以前、夫が写真のギャラリーを主宰していたのですが、そのときに海外に比べて日本では、生活空間に写真や絵を取り入れることがまだまだ浸透していないことに気づいたといいます。 ギャラリー関係者の間でよくいわれるのは、アートを暮らしに取り入れるためには3つの壁を乗り越える必要があるということ。1番目はアートは難しいと思う“心の壁”。2番目は部屋の中にアートを飾る壁やスペースがない“家の壁”。3番目は、購入する“財布の壁”。たしかに、これらの壁はあるかもしれませんが、もしも、本当に気に入った作品に出合ったら、えいや!と冒険をして買ってみるのもいいと思うのです。高額なものには、なかなか手がでませんが、好きな絵や写真とともにある人生は、どんなに豊かなものになることでしょう。

私が人生で最初に自分のお金で買ったアート作品は、コクトーの複製画です。美術館でコクトー展を開催しているのを見に行き、ミュージアムショップでスペシャル・エディションと紹介されているのを見つけて3枚くらい購入しました。プリントなので高くはない絵ですが、額装して、ずっと大事に今でも部屋に飾っています。

絵画や写真を飾るときにいちばん気をつかうべきポイントは額装といえるかもしれません。額装にひと手間かけるだけで、ぐんと格が上がります。量販店のフレームではなく、額装屋さんに頼んで、作品にぴったり合うようにフレーミングしてもらうと、同じ絵でもまったく違った景色になるので、ぜひ試していただきたいです。

祖父母も、母も美術が好きで、絵画が身近な環境で育ったため、私ももちろんアートが好きになったわけですが、果たして子どもたちはどうかしら、と思っていました。このほど娘たちがニューヨークの大学に進学して、ふたり暮らしを始めたのですが、送ってきてくれた部屋の写真を見ると、ベッドルームの壁にベッドカバーとおそろいのテキスタイルを額に入れて、アートのように飾っていて。ちゃんとインテリアに気をつかっているんだと、私が受け継いできたことが伝わっている気がして、うれしくなりました。

何も置かないシンプルな部屋が好きな人もいますが、絵でも写真でも工芸品でも私は、人の手によってつくられたものが身近にあるほうが落ち着きます。特に古いものは、長い時間をかけて、何人もの人の手に渡って、今、ここにある。そう思うだけで胸ときめきます。ものが増えることを恐れる日は永遠に来なさそう――。次回の旅でもまた、新たな宝物との出合いを心待ちにしている私なのでした。

表紙

KAREN’s VOL.1 2019/春・夏
桐島かれん LIFESTYLE & TRAVEL
発行/KADOKAWA
定価/1500円(税別)
桐島かれんさんが責任編集のムック『KAREN’s』が誕生しました。巻頭は写真家の上田義彦氏撮りおろしの50ページにわたる「かれん流 ハワイの休日」。後半には、葉山の家の夏じたくなどのインテリアや、スタイリストの金子夏子さんとの「大人のおしゃれ対談」、アート&クラフト、お花、お料理、世界のお弁当事情のエッセイなど、かれんさんからのライフスタイル提案が詰まっており、大人の道先案内となる一冊です。

 

桐島かれん Karen Kirishima

モデル。1964年生まれ。1986年、大手化粧品会社のイメージキャラクターに起用され、脚光を浴びる。1993年には写真家の上田義彦氏と結婚し、四児の母に。ライフクラフトブランド「ハウス オブ ロータス」のクリエイティブディレクター。この春、自ら責任編集をつとめるライフスタイル&トラベルムックの『KAREN’s』を上梓。多彩な領域で活動を続けています。
Instagram@houseoflotuskaren

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 緑色のガラスの花器は、さまざまな色と種類のチューリップを生けてもまとまる包容力。ダイニングにあるアレックス・カッツの絵と相性がいいので、よく一緒に飾っています。 花日ごろ【桐島かれん『KAREN’s』】
  2. 祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。 暮らしの中のアート&クラフト(前編)【桐島かれん『KAREN’s…
  3. キッチンにはいつもレモン【桐島かれん『KAREN’s』】
  4. 竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。 春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】
PAGE TOP