新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

歴史ある下駄作りの技が生きるモダンな履き物!うらつか工房の「日田杉のウッドスリッパ」

赤

日田杉は、江戸時代後期には銘木として知られていた。産地の日田市は大分県の北西部にあり、筑後川水系の三隈川が市内を流れる。そのため水運も盛んで、山から切り出した杉を各地に流通させやすかったこともあり、いち早く銘木として知られるようになったのだ。

こうした日田杉から地元で下駄が作られるようになったのは、天保年間(1830~44年)だったという。

黒

「杉は、根元から1mぐらいまでは凸凹があるので、製材するときに落としてしまうんです。その落とした部分を使って下駄作りが始まりました。それは今も同じです。根元は枝がありませんから節もなく、じつは下駄に加工しやすいのです。日田には、戦後、高度経済成長期の前までは150軒ぐらい下駄屋がありましたが、今では12軒だけです」

底には合成ゴムが貼られ、滑り止めとして、またクッション材にもなり歩きやすい。

底には合成ゴムが貼られ、滑り止めとして、またクッション材にもなり歩きやすい。

そう語る浦塚重行さんは、古くからの下駄作りの技術を継承しながら、現代的な製品を作っている。このスリッパにも「う作り」という伝統技法を採用。これは、杉材を一度焼いてから下駄に加工するもので、木目が際立つのが特徴だ。

焦げたままでは足裏を汚してしまうので、塗装がされる。裏には滑り止めのゴムが貼られた、実用的でモダンな下駄である。

足止めベルトは椅子の座面や背当てに使われる織布。刺し子に似たざっくりした織りだ。

足止めベルトは椅子の座面や背当てに使われる織布。刺し子に似たざっくりした織りだ。

商品名/日田杉のウッドスリッパ
メーカー名/うらつか工房
価 格(消費税8%込み)/4,320円

purchasebutton

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動…
  2. ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち…
  3. ファミリーレッグシェイカー|高速の振動が心地よく血行を促進、リラ…
  4. ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい…
  5. 10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使…
PAGE TOP