新着記事

第82回人形町らくだ亭[1月29日開催]志ん生に捧ぐ孫弟子競演会! ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。 マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

通販

土や潮の香りがしてきそうな野趣あふれる小刀!ふくべ鍛冶の「能登マキリ」

S75609920_0b

マキリとは、アゴと呼ばれる付け根のくびれがなく、握りからすぐ先が刃になった刃物だ。

語源はアイヌ語で、小刀の意味。北海道と北日本、日本海側の港町で限定的に使われることから、北前船が運んだ文化だという見方がある。

イカ漁の出航地として知られる能登町に残る「能登マキリ」も、そんなロマンを感じさせる1本だ。

鞘付き。ベルトに通して腰の真後ろへ下げると左右どちらからでも手が届く。

鞘付き。ベルトに通して腰の真後ろへ下げると左右どちらからでも手が届く。

鍛えているのは、今では能登半島でも数少ない野鍛冶『ふくべ鍛冶』の干場勝治・健太朗さん親子である。

明治41年(1908)年の創業時から作り継がれているそのマキリは、土や潮の香りがしてきそうな素朴で力強い“野の業物”だ。

鋼は刃持ちのよい青紙2号。地鉄の和鉄は軟らかく研ぎ味も楽しい。片刃造り。

鋼は刃持ちのよい青紙2号。地鉄の和鉄は軟らかく研ぎ味も楽しい。片刃造り。

山がそのまま海へなだれ込んだような地形の能登半島。農林業と漁業が一体化した暮らしの中で、取り回しが軽く十分な長さもあるマキリは、魚さばきや庭仕事、山菜採りなど、幅広い作業に使える万能刃物として好まれてきた。

伝統的にマキリを使ってきた地域でも、今は地元の鍛冶職人の手で作られているものは少ない。ふくべ鍛冶の能登マキリは、地鉄部分に錆びにくい和鉄(江戸時代以前の不純物の少ない鉄)を使っているため、船上でも“赤鰯”になりにくい。ささやかな気配りであり、小さな自慢だ。

屋号は初代が酒豪だったことにちなむ瓢箪から。柄に代々の焼き印が入る。

屋号は初代が酒豪だったことにちなむ瓢箪から。柄に代々の焼き印が入る。

商品名/能登マキリ4.5寸
メーカー名/ふくべ鍛冶
価 格(消費税8%込み)/15,800円

purchasebutton

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 楽々ドクターサンダル|足裏の形を記憶し究極の履き心地を実現
  2. ダチョウの毛バタキ|軽く払えば埃がきれいに取れる天然素材のハタキ…
  3. けやきの大きなめん鉢と箸|麺が食べやすい山中漆器の薄く軽いめん鉢…
  4. アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き
  5. 久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着
PAGE TOP