新着記事

メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

あの林望先生が考えた理想のバッグをサライ公式通販で発売!リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』

雑誌『サライ』の連載「リンボウ先生のおとこの買いもの」が好評の作家/国文学者・林望(はやし・のぞむ)さんが考えた「究極の3ウェイバッグ」が、ついに完成!『サライ』の公式通販で発売しました。

名前の音読みから「リンボウ先生」と通称される林望さんは、若き研究者時代にケンブリッジ大学とオックスフォード大学で研究生活を送り、英国での体験を綴った名エッセイ『イギリスはおいしい』や、『謹訳 源氏物語』などの古典翻訳でも知られています。

名前の音読みから「リンボウ先生」と通称される林望さんは、若き研究者時代にケンブリッジ大学とオックスフォード大学で研究生活を送り、英国での体験を綴った名エッセイ『イギリスはおいしい』や、『謹訳 源氏物語』などの古典翻訳でも知られています。

イギリスの生活と、日本の古典、日英両方の文化に通じているリンボウ先生にとって、“理想の鞄”とは、いったいどのような鞄なのでしょうか?

リンボウ先生の“理想の鞄”

『サライ』2016年2月号に掲載された連載エッセイ「リンボウ先生のおとこの買いもの」は、こんな一文ではじまっています

《どういうものか、私は「かばん」を買うのが好きだ。といっても、ブランドには全く興味がない。》(「リンボウ先生のおとこの買いもの」第2回「見果てぬ夢」)

そんなリンボウ先生は、かつてロンドン時代に、王室御用達の老舗・アスプレイ社に、「孫に譲れる鞄を」という条件で特注革鞄を作らせたのだそうです。それは、じつにすばらしい鞄だったのですが、ただひとつだけ欠点がありました。

《素敵で堅牢で、じつに美しくて、世界に一つの、まったくユニークな逸品であったが、堅牢な分、充分に重くて、もともと非力な私には、持って歩くのが辛くなってきたのだった。》(前掲連載)

鞄はやはり、軽くて持ち歩きやすいものでなくてはなりません。ほどほどに軽くて、かつ孫に譲れるような堅牢で、美しく、機能的な鞄はないものか?

リンボウ先生は、「理想の鞄」の条件として、以下の6つを挙げています。

リンボウ先生の「理想の鞄」6箇条

1.まず軽いこと

2.ある程度防水性があること

3.リュックとして背負えること(ちゃんとした肩当てパッドが付いており「横長」の形のままで背負えること)

4.密閉性に優れ、スリなどに遭いにくいこと

5.ポケットが多く、文房具など細々としたものを収納するのに便利であること

6.ペットボトル、常備薬、着替え、洗面用具、貴重品入れ、カメラ、老眼鏡、A4ファイルなどの荷物を常に持ち歩ける大きさであること

こうした条件を曲がりなりにも満たした鞄として、リンボウ先生は、中学生が塾通いなどに使う、某スポーツメーカーのナイロン製の通学鞄を使ってきました。しかし、この連載エッセイの最後には、「見果てぬ夢」が、記されています。

《もう少し「味わいの感じられる鞄」はないものだろうか》と。

日本屈指の鞄工房「シルバーレイククラブ」に製作を依頼

そのようなわけで、リンボウ先生の夢をかなえるべく、『サライ』の商品開発チーム「らくだ屋通信販売部」が立ち上がりました。リンボウ先生の理想の6箇条を満たしつつ、もう少し「味わいの感じられる鞄」を作るべく、門を叩いたのが、手作り鞄の名門「シルバーレイククラブ

シルバーレイククラブ

「シルバーレイククラブ」は、1999年に発足。ものを大切に使い続けるイギリスの文化を、日本の職人の手で、天然素材を使って表現する鞄ブランドです。流行を追わずに、クラシカルなたたずまいの本物の鞄を、熟練の職人の手作業で作ってきました。

「シルバーレイククラブ」の鞄を作る工具類。

「シルバーレイククラブ」の鞄を作る工具類。

熟練の無駄のない動きで、型紙を当てて、ヘリンボーン生地をカットしていきます。

熟練の無駄のない動きで、型紙を当てて、ヘリンボーン生地をカットしていきます。

もちろん“Made in Japan”です。使いやすさと、長く使える堅牢さとをとことん究めた造りに定評があり、天然素材ならではの美しい鞄を作ってきました。

工房を訪れたリンボウ先生は、熟練の職人さんたちに自らの言葉で「見果てぬ夢」を伝えました。

工房を訪れたリンボウ先生は、熟練の職人さんたちに自らの言葉で「見果てぬ夢」を伝えました。

打ち合わせを重ね、試作品を作り、そして数々の修正をへること数ヶ月……。

打ち合わせを重ね、試作品を作り、そして数々の修正をへること数か月……。

そしてこの春、満を持して完成したのがこちらの鞄です!

【特上道具本舗「らくだ屋通信販売部」謹製】
リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』

『サライ』×シルバーレイククラブ(日本)
税込み価格 2万9700円
初回限定数 100
※追加生産が決定した場合はお届けまで90日ほどかかります。

万一災害に遭遇しても「命」を支えてくれる鞄

リンボウ先生が理想の鞄に求めたのは、「万一災害に遭遇しても、鞄が命を支えてくれる」ことでした。だからリンボウ先生の「いのちの3WAYかばん」と名付けました。

「いのちの3WAYかばん」には、文具やカメラ、A4サイズ書類のほか、ペットボトル、常備薬、着替えなどがすべて入ります。

鞄の内側には、開放式ポケット×2とホック式の大型ポケットを装備。『サライ』サイズ(A4)の書類や1泊旅行の着替えも余裕で収納可能です。

鞄の内側には、開放式ポケット×2とホック式の大型ポケットを装備。『サライ』サイズ(A4)の書類や1泊旅行の着替えも余裕で収納可能です。

突然の地震や豪雨などで交通機関が麻痺して帰れなくなっても、1〜2日であれば、生きていくのに最低限困らないだけの必需品がすべて収まるこの鞄は、いざというときに命を支えてくれる“ライフライン”(命綱)なのです。

かぶせ(フラップ)の下には、ホック式のポケットが1つと、小ポケットが3つ。スマートフォン、携帯電話の収納や、小物の整理に便利です。

かぶせ(フラップ)の下には、ホック式のポケットが1つと、小ポケットが3つ。スマートフォン、携帯電話の収納や、小物の整理に便利です。

本体生地は、パラフィン加工を施し、抜群の撥水効果をもたせたヘリンボーン(杉綾織り)の厚地木綿。天然素材ならではの高級感をもちながら、ある程度の防水性があり、ちょっとの雨くらいならへいちゃらです。

本体生地は、パラフィン加工を施し、抜群の撥水効果をもたせたヘリンボーン(杉綾織り)の厚地木綿。天然素材ならではの高級感をもちながら、ある程度の防水性があり、ちょっとの雨くらいならへいちゃらです。

持ち手は本革です。使い込むほどに手になじみ、いい風合いを醸し出します。

持ち手は本革です。使い込むほどに手になじみ、いい風合いを醸し出します。

さらに、この鞄は、「リュックサック」として背負えます。

特筆するべきは、リュック使用時に、ショルダーバッグや手提げ鞄として使用していたときと同じ形で、「横型」のまま背負うことができるということ。

リンボウ先生着用写真の鞄は試作品です(本製品には「Noz」タグが付きます)。

リンボウ先生着用写真の鞄は試作品です(本製品には「Noz」タグが付きます)。

長時間背負って歩いても、疲れにくいよう、リュックの背面ベルトと鞄の背面には、しっかりとクッションが入っています。

長時間背負って歩いても、疲れにくいよう、リュックの背面ベルトと鞄の背面には、しっかりとクッションが入っています。

リンボウ先生にとっては、「横型」のままリュックになる鞄が理想でした。

世にある多くの3WAYのバッグは、ショルダーバッグやブリーフケースとして使うときには「横型」で、リュックにするときには「縦型」になります。そのような3WAYバッグだと、背負うときに90度角度が変わるので、中の荷物が崩れてしまいます。書類や筆記具が鞄の中で動いてガチャガチャ音がするのは、正直あまり心地よいものではありません。

その点、「いのちの3WAYかばん」なら、ブリーフケースの形のまま、スマートに背負うことができます。また、背負ったときに、手提げ鞄の持ち手が横にくることがなく、左右対称のシンメトリーが美しい。ジャケット姿にも、じつによく合います。

リュックの背面ベルトを使わないときには、背面ポケットに収納することができ、肩掛け/手提げ鞄のときには、すっきりとした形になります。

リュックの背面ベルトを使わないときには、背面ポケットに収納することができ、肩掛け/手提げ鞄のときには、すっきりとした形になります。

ショルダーバッグのベルトや、リュックの背面ベルトは、この金属リングに脱着する仕組み。クリップ式の金具で簡単に脱着することができます。

ショルダーバッグのベルトや、リュックの背面ベルトは、この金属リングに脱着する仕組み。クリップ式の金具で簡単に脱着することができます。

あの東日本大震災から8年がたちました。ここ数年は日本各地で地震や豪雨など様々な災害が起きています。そうした災害に備えて、「防災セット」「非常時持ち出し袋」を作っておくことはとても大切なことですが、同時に、日々持ち歩く「いつもの鞄」に、いざというときの備えをしておくことも大事なのではないでしょうか。いつどこで災害に遭遇するかは、誰にも予測できないのですから。

底板には鋲が打ってあるので、足元に置いてもしっかりと自立します。

底板には鋲が打ってあるので、足元に置いてもしっかりと自立します。

ものを長く大切にするイギリスの生活文化と、日本の職人のものづくり文化。両方の粋を集めた3WAYバッグ。リンボウ先生の理想を、「シルバーレイククラブ」が形にしました。

日本屈指のベテランの鞄職人が丹精を込めた“究極の一生もの鞄”をお届けします。

【特上道具本舗「らくだ屋通信販売部」謹製】
リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』

『サライ』×シルバーレイククラブ(日本)
税込み価格 2万9700円
初回限定数 100
※追加生産が決定した場合はお届けまで90日ほどかかります。

幅39×高さ30×マチ幅10㎝、1400g。外側のポケットは、前面にファスナー式×1、左右に開放式×2、背面にホック式×1。綿、牛革。ショルダーベルトの長さは76〜135㎝。日本製。

リンボウ先生の署名「Noz」(林望の「望」=ノズ)を刻印した革タグと、『サライ』のらくだマークが付いています。

リンボウ先生の署名「Noz」(林望の「望」=ノズ)を刻印した革タグと、『サライ』のらくだマークが付いています。

「肩」に掛けてよし! (ショルダーバッグ仕様)

「肩」に掛けてよし! (ショルダーバッグ仕様)

「手」に提げてよし! (手提げ鞄/ブリーフケース仕様)

「手」に提げてよし! (手提げ鞄/ブリーフケース仕様)

「背」負ってよし!  (リュック仕様)

「背」負ってよし!  (リュック仕様)

■商品についての修理・お問い合わせは下記まで
TEL:0120-588-303(小学館集英社プロダクション)

TEL:096-278-7795 (一部のIP電話からはこちら)
(営業時間 平日午前9:30~午後5:00 土・日・祝日・年末年始は除く)

お問い合わせフォーム
https://www.pal-shop.jp/apply.html?id=CONTACT

※お問い合わせフォームからの問い合わせへのご返信は、翌営業日以降順次(土・日・祝日・年末年始除く)となりますので、予めご了承ください。3営業日経過しても当社からの返信がない場合、またお急ぎの場合は、大変恐れ入りますが、お電話でのご連絡をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP