新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し|液ダレせず最後の一滴まで使える醤油差し

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

釉薬を使わずに長期間にわたって赤松の炎で焼き締める備前焼。その窯元のひとつである五郎辺衛窯は、明治元年に創業し醤油や酢の醸造を生業としていた「武用五郎辺衛商店」をルーツに持つ。そんな醤油の醸造元と、備前焼の窯元というふたつの伝統をあわせもつ同社から生まれたのがこの「五郎辺衛さんのしょうゆ差し」である。

当代である武用務氏の父、4代目・光一氏が取り組んだのは「醤油屋による醤油差し作り」。持ちやすく、どんな量の醤油が入っていても液ダレしないものを作るべく、幾多の試行錯誤の末にたどり着いたのが本品だ。

備前焼は「投げても割れぬ」と言われるほど堅牢で、内部には微細な気孔を持ち、「水がくさらぬ」と一千年もの間使われ続けてきた。醤油の場合も“塩角”が取れて味わいに丸みが出るという。さらには醤油を注ぐときに持ちやすい凹みや、蓋が落ちにくい工夫など、随所に気配りが行き渡る。
「備前焼は、台所や食卓で毎日使うほどに落ち着いた色艶が増していき、器を育てる楽しみが味わえます」と武用務氏。30年の愛用者もいるという、窯元ご自慢の定番の逸品である。

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

醤油の最後の一滴まで使えるように計算され尽くした形状は、サラリとした醤油向けに設計されている。

【今日の逸品】
備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

五郎辺衛窯
5,616円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱
  2. 柘植の仏像 RIYAK|天然木を精緻に仕上げた手のひらサイズの仏…
  3. 常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出でき…
  4. アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜…
  5. 加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う…
PAGE TOP