新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し|液ダレせず最後の一滴まで使える醤油差し

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

釉薬を使わずに長期間にわたって赤松の炎で焼き締める備前焼。その窯元のひとつである五郎辺衛窯は、明治元年に創業し醤油や酢の醸造を生業としていた「武用五郎辺衛商店」をルーツに持つ。そんな醤油の醸造元と、備前焼の窯元というふたつの伝統をあわせもつ同社から生まれたのがこの「五郎辺衛さんのしょうゆ差し」である。

当代である武用務氏の父、4代目・光一氏が取り組んだのは「醤油屋による醤油差し作り」。持ちやすく、どんな量の醤油が入っていても液ダレしないものを作るべく、幾多の試行錯誤の末にたどり着いたのが本品だ。

備前焼は「投げても割れぬ」と言われるほど堅牢で、内部には微細な気孔を持ち、「水がくさらぬ」と一千年もの間使われ続けてきた。醤油の場合も“塩角”が取れて味わいに丸みが出るという。さらには醤油を注ぐときに持ちやすい凹みや、蓋が落ちにくい工夫など、随所に気配りが行き渡る。
「備前焼は、台所や食卓で毎日使うほどに落ち着いた色艶が増していき、器を育てる楽しみが味わえます」と武用務氏。30年の愛用者もいるという、窯元ご自慢の定番の逸品である。

備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

醤油の最後の一滴まで使えるように計算され尽くした形状は、サラリとした醤油向けに設計されている。

【今日の逸品】
備前焼 五郎辺衛さんのしょうゆ差し

五郎辺衛窯
5,616円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの…
  2. 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日…
  3. 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン
  4. リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー…
  5. 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠
PAGE TOP