新着記事

作家・石牟礼道子さんが問いかけた「食」の本来あるべき姿とは

文・撮影/大沼聡子私たちは日々、食べて生きている。昔とは違い、現代の暮らしは…

性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を…

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

天然の鰻はどうして「狐うなぎ」と呼ばれるのか?【食いしん坊の作法 第7回】

文/山本益博夏の土用丑の日が近くなると、「鰻の蒲焼」が必ず話題に上ります。「蒲焼」の焼けるに…

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ…

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

鸛帆布の縦型ショルダー|鞄の本場・豊岡製の丈夫な帆布バッグ

左からネイビー、ベージュ 豊岡市で繁殖する「鸛」を品名に冠した。

左からネイビー、ベージュ
豊岡市で繁殖する「鸛」を品名に冠した。

兵庫県豊岡市は「鞄の街」として全国に知られる。豊岡産の鞄の中でも、兵庫県鞄工業組合が定めた基準を満たす企業によって生産され、審査に合格した製品だけが「豊岡鞄」とブランド認定される。

ここで紹介する帆布のショルダーバッグも「豊岡鞄」認定商品、手練の職人によって縫い上げられた、頑丈で使いよい品だ。帆布は、使い込むほどに味わいが増す。縦型スタイルの主室には、B5サイズまでの雑誌や書類が入る。フラップ(前蓋)下には2段のオープンポケットが設けられるなど、小型ながら高い収納力を誇り、財布や携帯電話、筆記具、眼鏡などの外出の必携品が一通り収まる。

さらに、ユニークな仕掛けが施されている。それはフラップ上に付けられた小さなカブセにある。このカブセを下ろしファスナーを開けると、フラップを開けることなく前面の2段ポケットから直接出し入れできる。スマートフォンに着信があっても、これならすぐに取り出せる。

普段使いの街歩きバッグとして、また旅行中のサブバッグとしても何かと重宝する、手作りの逸品だ。

縦型の鞄は幅を取らず、混雑時でも邪魔になりにくい。本体の帆布の表面にはパラフィン(ロウ)加工が施され、多少なら雨を弾はじく。

縦型の鞄は幅を取らず、混雑時でも邪魔になりにくい。本体の帆布の表面にはパラフィン(ロウ)加工が施され、多少なら雨を弾はじく。

商品名/鸛帆布 縦型ショルダー
メーカー名/ウノフク(日本)
価 格(消費税8%込み)/15,120円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に
  2. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セ…
  3. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  4. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  5. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
PAGE TOP