漆磨(シーマ)本漆塗り・二重構造ぐい呑み

写真=ぐい呑みブラック 新潟県燕市の工業技術と石川県の伝統産業の山中塗りが見事に融合。水流のような文様は、中塗りと研ぎを終えたカップを、漆を浮かべた水にくぐらせ、金粉を手際よくすり込むことで生まれる。

磨き上げられたステンレスと漆の見事な調和

ステンレスに漆塗りを施した、これまでにない酒器である。金属加工の町、燕市(新潟県)の研磨技術で仕上げた、二重構造のステンレスカップに、山中塗(石川県)の塗師が漆で仕上げた。

ステンレスに漆を塗るという困難な仕事を引き受けたのは、塗師の山谷尚敏さん(60歳)だ。ステンレスに直接、漆を塗ると弾かれてしまう。食品衛生上も問題のない下塗り材料を塗料メーカーとともに開発、下塗り後に加熱する温度や時間も何度も見直し実現した。

製品には越前和紙(福井県)のコースターが付く。燕市、山中塗、越前和紙という3つの産地の技術と工芸による協働品でもある。

漆器は時間とともに色合いが変わる。経年の変化を楽しみながら、長くご愛用いただきたい。

漆磨(シーマ)本漆塗り・二重構造ぐい呑み

写真=レッド 口あたりがよく、冷酒や燗か酒の個性をそのまま伝えるぐい呑み。日本酒の味を損ねないよう、内側は24金のメッキで仕上げてある。

【今日の逸品】
漆磨(シーマ)本漆塗り・二重構造ぐい呑み

アサヒ(日本)
9,900円(消費税込み)

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店