備前焼桟切り土瓶

左から小、大
備前焼は日本六古窯のひとつ。当地の伝統工芸士・井出潔晴さん(75歳)の作品である。品名の「桟切り」とは、焼き上がりの際に炭を投じて窯変を促す工程。

お茶漬けにはたっぷりの茶を使うので、容量のある土瓶がおすすめだ。ここは、古くから茶道具にも使われてきた備前焼(岡山県)の土瓶をご紹介する。

窯変した表情は、どれをとっても同じものがない。使い込むほどに味わい深く変化する。

備前焼桟切り土瓶

備前焼の土瓶は保温力が高く、熱々の茶をたっぷりと注げる。大と小を用意したので、家族の人数に合わせてお選びいただきたい。

【今日の逸品】
備前焼桟切り土瓶

出井潔晴(日本)
16,500円~(消費税込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品