新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

新型コロナウイルスで生じた「非正規雇用」と「正社員」の待遇の差

【新型コロナウイルスの影響に戦々恐々】8割近くの非正規労働者が「将来に不安がある」と回答! 安定した仕事のために必要なものとは…?政府が掲げる「一億総活躍社会」の実現に向けて「働き方改革」が叫ばれるようになりました。

既に2019年4月に「働き方関連法」の一部が施行され、時間外労働の上限規制や有給休暇の確実な取得が企業に義務付けられました。

また、この4月1日からは、まず大手企業を対象に「同一労働同一賃金」の導入が開始され、中小企業も2021年4月1日から義務付けられます。

しかしながら、その流れを妨げるかのように新型コロナウイルスが世界中に広がり、WHO(世界保健機関)がパンデミック宣言をし、厳重警戒を促している現在もその脅威は広がり続けています。

今回の新型コロナウイルスは経済にも大きなダメージを与えており、日本国内だけを見ても、株価の暴落、さまざまな企業のテレワークや休業、中には倒産してしまった企業もあります。

このような予期せぬ事態に陥った時、「非正規雇用」として仕事をしている方は正社員のように休みの間の給与保証がないので、不安を覚えているのではないでしょうか?

そこで今回、株式会社レソリューション(https://www.resolution.co.jp/)は、20代~40代の非正規雇用で働く男女を対象に「働き方に関する将来の不安」についての調査を実施しました。

非正規雇用で働く方々の切実な声をお聞きください。

* * *

非正規雇用で働く方の業種は…?現在お勤めの業種を教えてください

まずは、非正規雇用で働いている方々の業種から伺っていきたいと思います。

「現在お勤めの業種を教えてください」と質問したところ、

『製造(16.6%)』『卸売・小売(14.3%)』『宿泊・飲食サービス(10.5%)』『医療・介護・福祉(8.5%)』『教育・学習支援(7.5%)』『運輸・物流(7.4%)』『IT・コンピュータ(4.5%)』『金融・保険(4.1%)』『専門職(2.8%)』『レジャー・エンタメ(2.6%)』『建築・土木・建設(2.3%)』『不動産(1.7%)』『マスコミ・出版(1.4%)』『電気・ガス・水道(1.3%)』
という結果となりました。

さまざまな業種で非正規雇用の方が頑張っていることが分かります。

新型コロナウイルスの影響は…?新型コロナウイルスの影響は…?

新型コロナウイルスのパンデミックは世界中の企業活動や経済活動に甚大な被害を及ぼしています。

もちろん、日本も例に漏れず、冒頭で述べた通り多くの企業がその影響を受けていますが、非正規で働く方々の企業も既に影響を受けているのでしょうか?
「お勤めの職場は新型コロナウイルスの影響を受けていますか?」と質問したところ、半数近くの方が『はい(47.4%)』と回答しました。

やはり確実に新型コロナウイルスの影響を受けているようです。

今回調査を実施した3月18日(水)時点でこれだけの方が『はい』と回答していることから、現在はさらに多くの方が影響を受けていると推測できます。

どのような影響を受けているのでしょうか?

「どのような影響を受けているか具体的に教えてください」と質問したところ、

・職場が長期間休止していて自宅待機 給料が出ないので単発バイトを探すもあまり無い(30代/女性/千葉県)
・給料が下がった!(40代/男性/北海道)
・社員だけが在宅勤務になり、派遣だけが出勤している(40代/女性/大阪府)
・施設の閉鎖により、仕事が激減した(40代/男性/神奈川県)

などの回答が寄せられました。

正規雇用と非正規雇用の待遇に差が生じてしまっている現状が伺えます。

8割近くが『将来不安』と回答!8割近くが『将来不安』と回答!

ここからは、現在非正規で働く方々が将来の働き方に関してどのような不安を持っているのかを探っていきたいと思います。
「将来の働き方に関して不安はありますか?」と質問したところ、なんと8割近くの方が『非常に不安(34.1%)』『不安(43.8%)』と、『不安がある』と回答しました。

やはり非正規という雇用形態に不安を持っている方は多いようです。

どのような不安を持っているのでしょうか?

「どのような点が不安か具体的に教えてください」と質問したところ、

・これからの生活を考えると余裕がない(30代/男性/埼玉県)
・死ぬまで働き続けないと生活できそうにないが、身体的にきつくなりそう(30代/女性/東京都)
・業績が下がったら、正社員ではない自分が首を切られる(40代/女性/神奈川県)
・いつまで仕事が出来るのか、働かせてくれる所があるのか(40代/女性/愛知県)

などの回答が寄せられました。

非正規雇用は将来の安定が約束されていないため、自身の未来図が描けないという方が多いようです。

仕事に安定をもたらすものとは…?仕事に安定をもたらすものとは…?

ここまでの調査で、非正規雇用で働く方々から見た新型コロナウイルスの影響や将来の不安が分かりました。
では、安定した仕事には何が必要不可欠だと感じているのでしょうか?
「安定した仕事を得るために必要なことは何だと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、
『無期雇用(正社員)での就労(61.7%)』という回答が最も多く、次いで『資格が活かせる仕事(27.7%)』『キャリアアップ・スキルアップに繋がる仕事(27.4%)』『大手企業での就労(22.0%)』『将来独立できる仕事(14.7%)』と続きました。

『無期雇用』はもはや大前提と言えそうです。

また、『資格が活かせる』ことや『キャリアアップ・スキルアップ』できることを重視している方も少なくないことが伺えます。

■コレが安定した仕事に必要だと思う理由

『無期雇用での就労』

・正社員は会社に守られているから(30代/女性/兵庫県)
・短期間の契約更新ではなく、安定した雇用を得てこそ仕事にも身が入る(40代/女性/大分県)

『資格が活かせる仕事』

・資格があれば、そのジャンルに関して幅が広がり選択肢も増えるから(40代/男性/兵庫県)
・資格が無いばかりに安定した仕事が決まらない気がしている(40代/女性/千葉県)

『キャリアアップ・スキルアップに繋がる仕事』

・スキルがあると仕事に有利だから(30代/女性/石川県)
・スキルがあれば職場が変わっても活かせるから(30代/女性/神奈川県)

『大手企業での就労』

・中小企業で非正規よりも、資格を活かして大きな企業で働いた方が安定といった意味では大きいと思う(30代/男性/新潟県)
・会社が潰れることが少ない(40代/男性/愛媛県)

『将来独立できる仕事』

・自分で仕事をすれば定年が無い(40代/女性/千葉県)
・雇われてる立場だと常に不安定なため(40代/女性/福岡県)

資格取得への関心は高い資格取得への関心は高い

前問の結果からも、『資格が活かせる仕事』が安定した仕事のために必要だと感じている方が少なくないことが分かりましたが、「資格を取得すること」についてどのように思っているのでしょうか?

そこで、「資格を取得することは将来の安定に繋がると思いますか?」と質問したところ、実に7割以上の方が『はい(73.1%)』と回答しました。

資格は自身のスキルや知識の証明とも言えるので、やはり資格取得への関心は高いようです。

調査概要:「働き方に関する将来の不安」についての調査
【調査日】2020年3月18日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,154人
【調査対象】20代~40代の非正規雇用で働く男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以…
  2. 伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査 伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態
  3. スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する 日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活…
  4. 新型コロナウイルスの影響と出費を抑える工夫を1,147人に大調査!“豊かな生活”のために始めていきたいことで最も多かったのは…? 新型コロナウイルスの影響生まれた「良い変化」TOP3、3位無駄な…
  5. 「飲食店の営業再開」「自粛警察」どう思う? 賛成、反対、それぞれ…
PAGE TOP