新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母親という存在を受け入れられた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、兵庫県内で小さな喫茶店と友人と共同経営している加奈子さん(仮名・46歳)。兵庫県出身で、母親、そして母方の祖父との3人家族。生まれた時からずっと父親はおらず、母親は未婚のまま加奈子さんを出産します。祖父の援助もあり、生活苦に陥ったことはないものの、ルーズな母親をどこかで軽蔑していたこともあり、母子の関係は良好ではありませんでした。しかし、加奈子さんは家を出ることを選ばず、その理由は祖父がいたから。しかしその祖父も加奈子さんが大学に入った直後に病気で亡くなってしまいます。

「祖父がいなくなってしまって、大学をやめることを考えていました。そんな私の考えをお見通しだったのか、母親は『大学はちゃんと卒業すること。それができれば自由に生きていいから』と言いました。祖父という2人をつなぐ存在がなくなったことで、別々に生活をしたいと母親から言われたような気分でしたね。やっぱりこの居心地の悪さはお互いが感じていたんだなって」

祖父が貯めてくれたという通帳には、毎月入金がされていた

加奈子さんは大学を卒業、就職も決めて家を出ることに。その時に母親が渡してくれたお金があったそうです。

「私は大学の時にずっとアルバイトをしていて、家を出る資金をずっと貯めていました。あんなことを言われたんだから、この4年間で準備しなければとある意味必死でした。大阪にある建築関係の企業への就職も決まり、会社の近くに家を借りて、家を出ていくことを実現させました。

家を借りる時に、保証人には母親になってもらいました。その書類を書いてもらっていた時に、母親から私の名前で作った通帳を渡されたんです。『おじいちゃんから』と言いながら。通帳には最初に少し大きな額が一括で入っていて、さらに、1~3万と変動はあったものの毎月入金されていました。私は聞いていませんが、母親が追加してくれていたんじゃないかなって思っています。もらった時に確認しようと思えばできたのに、妙に恥ずかしくて聞けないまま、家を出てしまったんですよね」

お互いの連絡先、住まいは把握しているものの、そこから疎遠になること15年。再び一緒に暮らすことになるきっかけは母親の認知症でした。

「母親の職場の上司から連絡があったんです。母親が仕事を退職することになって、どうしても気になるところがあるから、と。連絡先は母親が私の電話番号を緊急連絡先に記載してあったからでした。内容は『仕事をしていても物忘れがひどく、それも一時的なものではなくてすっかり頭から消えている感じがする』ということでした。

まさかという思いもあったけど、もう普通に話すことができないんじゃないかと、とても怖くなりました。15年の間で連絡するきっかけなんていくらでもあった。でも、どう接したらいいのかわからなくて、考えること自体を避けてしまっていたんです。その結果、こんなことになってしまって」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  2. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  3. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  4. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  5. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
PAGE TOP